MTDの7弦ベースが欲しくなってた時の話

MTDの7弦ベース・試奏と思い出

 

驚愕の弾きやすさ

 

残念ながら実際に手に入れたことはないMTD。

それでもインパクト十分、ずっと記憶に残ってます。

今まで試した中で一番手応えを感じた7弦ベースだったのは間違いありません。

 

さすがは巨匠マイケル・トバイアス。

多弦の弾きやすさやバランスを本当によく理解していると驚愕。

他の工房の7弦も色々と弾きはしましたが、断トツでMTDが良かったですね。

 

かなり軽かったのにも驚きましたし、何より弾きやすいことにびっくり。

「変な6弦よりMTDの7弦の方が弾きやすくね!?」と思うまでの完成度。

見積もりもお願いしたり、一時期は本気でMTDの7弦に手を出そうとしていたことがある次第。

 

21フレットがなくて断念

 

7弦に手を出さなかったのは吉だったのか凶だったのか?

今となっては何とも言えないところ多し。

 

いずれにせよ7弦に手が出なかった個人的理由はこれ。

 

『21フレットがない』

 

べつに24フレットでもいいじゃんってツッコミは野暮。

21フレットと24フレットでは自分的には別物な認識。

好みと大きく違ってしまいます。

多弦云々関係なく24フレットは苦手。

 

たった3フレットにすぎない話なんですが、それによって失われてしまうものが自分にとっては意外と大きな要素、馬鹿にできないダメージがあるのが本当の話。

 

残念でもある一方、ほっとするところでもあるのも本音?

買っていたらどうなってたのか、まぁ本当、MTDに対しては何か複雑な感情もあるかもしれません。

 

【スポンサーリンク】

 

 

弾いた店が良かったのは大きなポイント

 

ベースに対する理解、専門性があるってだけで貴重。

多弦ベースやフレットレス等、それだけでも扱いが厄介になること間違いなし。

ましてや7弦のことまで分かってる店なんてほぼ皆無なのが現実。

 

今はもう違う店舗に移ってしまったり、当時のスタッフさんなどもいなくなってて残念ですが、自分が通ってた頃の某店はすごく良かったですね。

 

弾きやすさについてはもちろん、メンテのことまで安心できる意味は本当に大きい。

多弦の購入においても凄く大切なポイントではないかと思います。

  

せっかくハイエンドなベースを買ってもろくに調整できない、トラブルにも対応できないのでは笑えません。

 

良い店と良い関係を気付くのも何気に大事。

と言うか生命線にすらなる選択なんじゃないかと感じます。

テキトーな扱いの中古に飛び付くのも考えものだと痛感。

 

Norm Stockton

 

MTDのサウンドはもちろん、7弦の実用例も聴きたいのであれば、おすすめは【ノーム・ストックトン】のこのアルバム、

 

『Pondering the Sushi』

 

来日ライブ、クリニックと観ましたが(その時は5弦)、結構な衝撃だった次第。

予備知識もなく全然知らない人だっただけにその実力に痺れさせられました。

高度なテクニックを複合させ、しかも音楽的に聴かせる只者ではないベースプレイヤーです。

 

幼少期に日本に住んでいたこともある故なのか、 いかにもアメリカンでドライすぎる雰囲気とはまた異なる印象、音楽的にも非常に馴染みやすいのがナイス。

 

テクニカルで強烈なスラップ。

情緒たっぷりのメロディアスなフレーズ。

ソロベース、タッピング、実に様々なベースプレイを堪能可能。

 

ジャンル的にはスムースジャズ寄りな感じで音楽的にも聴きやすいのも魅力。

バリエーション豊かにこれでもかとMTD全開なのも資料的にポイント高し。

 

ベースが前面に出てるとマニアックでオタク臭くなりがちですが、このアルバムは非常に心地よいバランスに仕上がっているので、意外と味わいすっきりなのも面白いところ。

 

ベースにおける技巧や高音域をこんなに嫌味なく弾ける人はそうそう存在しないであろう一方、7弦ベースなんて強力な楽器を弾いてオタク的歓喜を満たすこともできるのが素晴らしい。

 

音楽的に聴きやすくかつ、MTDと7弦ベースの実用例を知りたい人にもおすすめできるなかなか希有な一枚。

 

おすすめです。

 

Pondering the Sushi

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com