初めてのプレベはFender Japan 実験用ベースだった

フェンダーへの独断と偏見

 

一連の話の通り、アンチフェンダー体質でフェンダーを買ったことがない自分。

実はスタンダードに対し無知という、結構ひどい話ですね。

 

プレベも所有してはいましたが、自分で買ったのではなく頂き物。

自発的に買おうとする気持ちはいまだに持っていないかもしれません。

 

これって何なんでしょうね?

 

ただのひねくれとか天邪鬼とでも言うのか、スタンダードそのままを受け入れることにはどうしても抵抗があるみたいです。

 

良さは分かるんだけど分かるわけにいかない。

そんな幼稚でつまらないこだわりがあるんでしょうね。

 

学習・実験用に使ってた

 

f:id:bakibakibass:20171021032917j:plain

 

アンチ体質だったとは言え、このプレベを手に入れたことはかなり大きかったですね。

サウンド面というより、自分でいじりまくったのがいい経験になりました。

 

・ネックを外す

・自分でネック調整をする

・シムを入れて仕込み角を変える

・ナットの溝を削る

・ストラップピンの位置を変更

・塗装を剥がす

・ザグリを加える

・PU交換をする

・PUを増設する

 

などなど、これらをぜんぶ自分でやったのが凄く良かった。

仕上りは素人レベルだったかもしれないけど、実用性は確実に上がっていたなと。

 

上の画像を見れば、その軌跡と痕跡が伝わるはず。

 

【スポンサーリンク】

 

 

楽器を調整する意味とその効果を知る

 

弦高調整、特にナットの調整についての学習は大きかったですね。

楽器店に流通しているものにありがちですが、溝が浅いやつって単純に弾きづらくて辛いです。

 

「低いとバズが出るだろ!」って意見もありそうですが、これが実は意外とそうでもない。

 

しっかり作られているのは勿論、ちゃんと真面目に練習していれば、ナットの溝が低くてもバズは出なくなります。

 

むしろ、ナットが高くてブリッジの駒を不自然に下げるとか、そういうことをやってしまう方がおかしな事態になる印象。

 

困ったことに、このへんの調整がめちゃくちゃなものがけっこう流通してたりするんですよね。

 

たとえ高級な楽器であっても油断できません。

見た目よく上手に作れたとしても、プレイヤーの感覚が分かっているとは限らないわけです。

 

ベースという楽器への理解を深める意味でも、スタンダードなベースを自分で調整して弾きやすくするというのはおすすめ。

 

変な買い物をすることもなくなっていくのではないかと。

 

縦振動のタッチの練習用に使い出した

 

このブログではお馴染みの縦振動。

 

ジラウドの福田さんに教わり衝撃を受け、今までのアクティブベースと決別しはじめた頃、このベースが活躍することになっていきます。

 

やっぱり、普通のパッシブベースの方がタッチの変化が分かりやすいんですよね。

 

アクティブでは真似できないパッシブトーンの絶妙な甘さも良い感じですし、太い音を出そうと鍛えるのに最適。

 

縦振動のトレーニングをするならば一番良いのはOPBなんだけど、まぁ、あれは本当にしんどいです。

タッチコントロールが相当に向上してこないと良い音は出てくれません。

 

つまりは、それを入門用にしてしまうと向上する前に心が折れてしまう可能性が高くなるわけですね。

 

その点、プレベはタッチに対して寛容な面があり、そこまでシビアにならずとも太くそれなりな音になってくれる優しさを感じます。

 

それでもタッチの差はハッキリと出てくるし、EQやエフェクター頼りではなく自分の手で太い音が出せるようになってくると本当に気持ちいいですね。

 

同じパッシブだったらジャズベも確かに良いんだけど、シンプルで分かりやすいという意味ではやはり、プレベが最高です。

 

偏見たっぷりでもかまいません。

むしろその方が面白いかもしれないし、自分はそうでした。

 

理屈抜きに一度は持ってみるのも良いのではないかと。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】