ピックから指弾きに転向した話 (前編) Warwickのベースの思い出 【ベース遍歴話0】

ワーウィックの思い出と指弾きへの転向

 

中学時代の憧れはSpector

  

最初の一本はコンパクトで軽量なアイバニーズ。

その流れか憧れたのは小型で良い音がするベース。

そこからスペクターに熱い想いを抱くのも必然と言えばそうだったかもしれません。

 

しかしまぁ当時は情報と言えば雑誌だけが頼りみたいなもの。

田舎なのでスペクターもほとんど幻みたいな存在でした。

 

偶然の発見から現物に出会えたものの値段は20万オーバー。

とても手が届くような代物ではありません。

本で眺めてるのが常か試奏するだけで夢気分って感じ。

 

本当に遠い存在だったなとしみじみしてしまいます。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ワーウィックの存在を知る

 

情報源と言えば自分の中では外せないのが兄貴の存在。

 

東京都内に住んでいただけでも大きいことに加え、元プロでもあった為、ま~本当、自分の中では異次元な存在でしたね。

 

その兄貴が、

 

「ワーウィックは良いぞ!」

 

なんてしきりに話していたもんですから嫌でも気になってきてしまうわけです。

 

で、一体どんなベースなのかと雑誌で見てみたら、

 

「スペクターじゃん!」

 

思わずツッコミを入れてしまいました。

 

いやほんと、ぱっと見そのままって感じですよね。

最初は同じ会社なのかと思ったぐらいです。

 

しかしスペクターにはなかった大きなポイントを持っていました。

ワーウィックに強く憧れるようになった確かな理由はこれ、

 

『ドイツ製』

 

さすがは中学生。

無意味にドイツに憧れを持っていたのでした。

 

サッカーゲームをやるにもまずはドイツ。

キャプテン翼と言えばシュナイダー。

戦車選ぶにもまずはドイツ。

 

それを知って以来、スペクターよりもワーウィックの方に憧れを抱くようになった次第。

楽器屋でカタログをもらい、毎日のように眺めていたのを思い出します。

 

Warwick Streamer Stage I

 

『高校入学祝い』

 

いやなんとも懐かしい。

そして素敵な響きですねこれ。

 

今まで溜めておいた小遣いやお年玉なども合わせなんとなんと、

 

【Warwick Streamer Stage 1】

 

夢にまで憧れたこのベースを買ってもらえることに。

 

当時、定価が33万円ぐらいだったかな?

それが20万円ぐらいで売ってる店を発見。

泣き落としに近いぐらいな勢いで親に迫ったかもしれません。

 

16歳でワーウィックの高いやつを手に入れることに成功。

贅沢極まりない話、けしからんってなぐらいですよね。

 

生意気ついでにもう一つ言うのであれば、兄貴にもらったBCリッチのガンスリンガーベースに限界を感じてたりもしていた当時。

 

ワーウィックの購入はステップアップにもうってつけでした。

 

「バイトして買えよ!」

 

なんてツッコミが入りそうですが、ま~、それは言うだけ野暮ってもん。

言葉は悪いですが利用できる環境、人脈があるのならそれは使うべき。

 

・好意には甘える

・人を素直に頼る

・恩を感じるなら返す

 

それでいいんじゃないかと。 

 

得られることは良い音が出るってだけではなし。

人への感謝も強力な燃料。

臭いようですがやっぱり違います。

 

実際、ここから飛躍的に上手くなっていった確信も有り。

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

Warwickの購入が指弾きへの決定打に

 

学生ならではの勘違いとか粋がりっぽいのもあり、

 

「ピックじゃ勿体ない!」

 

こんなことを当時は考えてしまいました。

 

今でこそピックで弾くのも好きで受け入れてるし、立派な表現方法とサウンドだと認識していますが、生意気で勘違いな方向に進んで誤るのも若さってやつでしょうか。

 

「せっかくの良いベースなんだから指でしっかり弾くべきだ!俺は生まれ変わるぞ!」

 

みたいノリ、妙なこだわりに目覚め、そのまま突っ走った記憶があります。

 

ただ、その頃の本音も言うのであれば、ワーウィックの音がかなりパワフルで硬質に感じた為、それでピックだと辛くなった感があったのも事実。

 

当時使用していたピックがこれまた粋がりの象徴のような代物。

硬く分厚くでかいやつを無意味に選んでいたので、それも良くなかったんだろうと思います。

 

ジャコに代表されるようなフレットレスのサウンドなどにも憧れ始めていた自分。

ゴリッゴリの仕様じゃそりゃ苦しくなって当然ですよね。

 

とにかく無知の塊だったとしか言い様がありません。 

本当はピックも大好きだったくせにイキってかっこつけてました。

 

そんなくだらない理由も絡んではいますが、いずれにせよ、高校生になってから指弾きへの移行を進めていた次第です。

 

続く

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com