ベースとギターと楽器の塗装 驚愕の厚みと鳴りについて

ベース・ギターの塗装と鳴り

 

f:id:bakibakibass:20180322004253j:plain

 

 

超分厚いポリ塗装

 

もう15年ぐらい前の話。

フェンダージャパンのプレベとジャズベ。

この2本の塗装を自分で剥がしたことがあります。

 

とにかくその頑丈さと厚みったらなかったですね。

薬品まで使ってしまいましたがあまりの強度にドン引き。

 

下地ってことになるのかな? 色の付いている部分、表面の塗装を剥がしたその下にさらにまた塗装が存在することも初めて知りました。

 

完全なる無知だったことも手伝い、こいつも手強かったのなんの。

正直、あれは二度とやりたくない作業。

そりゃ、リフィニッシュはお金も時間もかかるわけだと納得しました。

 

【スポンサーリンク】

 

 

鳴りの変化に驚愕

 

まず最初に取りかかったのはプレベの方。

当初は良い印象がまったくなく呆れるぐらいだったベース。

 

ところが塗装を剥がして組み込んでみたら本当に驚きました。

 

「なんじゃこりゃ!?」

 

思わず声が出るぐらい別物な変化を感じる事態に。

反応が遥かに良くなり生音も大きくなってびっくり。

 

当然、アンプからの出音にも影響があり。

その気持ち良いサウンドにショックを受けました。

 

ネックとボディがさらさらになるのも個人的に美味しいポイントでしたね。

ホームセンターで購入したナチュラルオイルを軽く塗り、最低限の塗装で仕上げることに。

 

超分厚いカッチカチのポリ塗装の場合、あれで木の鳴りがどうのと語るのは虚しくなったことに加え、せっかくの木の質感も台無しになる事実に疑問を覚えた次第。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

二本目は印象が逆だった

 

「こりゃ良い!」とプレベで完全に味をしめたのは言うまでもなし。

そして自分の中で本命扱いだったジャズベの方にも取り掛かることに。

 

こちらはシースルーのナチュラル仕上げでしたが、残念ながら塗装の厚みも頑丈さもほとんど同じで凄まじいカッチカチっぷり。

 

でもそうやって硬く分厚いほど、

 

「こりゃ期待できるぜ!」

 

と変換されていたのだから面白い。

 

大して良くなかったプレベが別物になったんだから、最初から良かったこのジャズベはとんでもないことになるだろうとワクワク。

 

オイルフィニッシュについてもプレベの方よりも遥かに念入り。

手触りが良いようにヤスリがけも丁寧に気合を入れた次第です。

 

苦労の後、目を輝かせながら組み込んだ結果、

 

「・・あれ?」

 

寂しい鳴りにひっくり返ることに。

 

いや、楽器ってやつは不思議ですね。

まったくもってわけが分かりませんでした。

 

【スポンサーリンク】

 

 

鳴ってくるまでに時間がかかった

 

期待していただけにそのジャズベの劣化っぷりに超がっかり。

とにかく鳴りが寂しい、音が前に出てこなくなった感じ。

触り心地については良くなったけど、出音については明らかに元気がなくなってショックを受ける事態に。

 

ただ、そこでめげずに手放さなくて正解でした。

時間をかけるにつれ、再び良い感じに復活したのが面白い。

だんだんと納得いくものに仕上がってくれてホッと一安心。

 

完全に推測になりますが、念入りにオイルをかけたのが逆効果だったのかもしれません。

木地に近く感じるとは言え、塗装膜を作ることに変わりはないのでしょう。

恐らくは塗りすぎが原因、それで最初はいまいち馴染みが悪くなってしまったのかなと想像。

 

仕上げに手を抜いたプレベのが最初は明らかに生鳴り良かったですもんね。

その後はポテンシャルの違いかジャズベの方が圧倒的に良くなって助かる結果に。

 

たたやっぱり、その当初のがっかり感と期待外れっぷりには参ってしまいました。

「リフィニッシュ=最高の音に生まれ変わる!」なんて期待しない方がいい。 

 

楽器は本当に奥が深いです。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

ポリ塗装だって馬鹿にはできない

 

そのジャズベが良い感じに仕上がった一方、最初の感じとは別の楽器になってしまった印象が拭えなかったのも事実。

 

これは何でしょうね~?

 

もしかしたらですが、ポリ塗装の強度ならではの独特の硬さや元気の良さ、抜けの良さなんてものも実は存在するのかもしれません。

 

考えてみればフレットレスのコーティングだって同じような印象があります。

カッチコチのハードポリコーティングと木そのままでは明らかに異なる傾向。

 

より強力な耐久性、音程感よく明るく抜けてくる方向性を好むのであれば、デメリットどころか多くの恩恵をもたらしてくれるように感じるところ。

 

www.pompombass.com

 

見た目や耐久性の優位についてはもちろん、ポリ塗装=絶対に悪いなんてことはないのだと知ったのが自分の経験。

 

目的に沿っているかどうか?

好みであるかどうか?

どちらにも利点があると考えるべきだなと。

 

ちなみに自分が所有しているジラウドのW-BASS。 

これはボディとネック裏が完全にポリ塗装。

でも持っているベースの中で最もディープでアコースティックなサウンドがします。

 

www.pompombass.com

 

ジラウドでもよく聞く話、自分でも実感があることですが、何年も何年もずっと弾きこまれてきた楽器になるともう、塗装云々を超越した鳴りに変貌、別物のように育っていくんですよね。

 

ポリの音、ラッカーの音、オイルの音など、そういったものも確かに存在するのかもしれないけど、それだけで判断するのはよろしくない。

 

自分が最高に気に入って信じて弾き続けることが大切、そして何より、自らが成長することこそが最大の効果をもたらすのだと痛感せざるを得ません。

 

塗装の問題だけで鳴り云々を判断するのは愚かなことだと思い知りました。

 

【スポンサーリンク】
 

 

ラッカー・オイルだから良いとは限らない

 

触り心地の問題でオイルフィニッシュが好きだったりもしますが、正直、梅雨時なんかはちょっといまいちな印象もあったりします。

 

その肝心の弾き心地も「じと・・」って感じがあったりしてあまり気持ち良くない。

 

自分の印象、このあたりやはり、ポリ塗装の方が安定しているんじゃないかと思いますし、コンディションの維持についても有利なのかもしれません。

 

何も塗装しない生木のままが一番鳴るとは言っても、それでこの先ずっと行くというのはなかなか勇気のいる話。

試したことがないのでなんとも言えませんが、 水分をどう吸うのか皮脂によってどうなるのか、ちょっと想像がつきません。

 

表面だけのラッカー仕上げとかこれも疑問になりますよね。

オールラッカーにこだわって20~30年先を見るのも面白そうだけど、正直、気長でしんどい話。

 

そんなことを考えていくと、

 

「好きにすればいい」

 

分厚いポリ塗装だって弾きこんでいけば成長して良い楽器になる事実。

深く考えず好みで選ぶのが一番だって結論に達しそうです。 

 

スペックにばかり神経質になるぐらいだったら、好きな見た目、好きな触り心地で選ぶ方が正解。

厳密には色々あるんだろうけど、自分に嘘ついてまで塗装方法にこだわる必要はない。

 

「望むままを行う」

 

これが一番ですね。

鳴りがどうので折れたり諦める必要はありません。

好きな色があるならそれを素直に選ぶべき。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com


www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com