JIRAUD Dr.Simの試奏 JFDT-HAを超えたプリアンプ

Jiraud Dr.Simの試奏

 

f:id:bakibakibass:20180118001724j:plain

やっぱり凄かった

 

※前回はこちら

JIRAUD Dr.Simの試奏 究極超えのプリアンプ

 

今回は自分のブラッククラウドを持って行って試してきましたが、いや、改めて衝撃を受けました。 

やはり、JFDT-HAよりもさらに高性能で強力な印象でしたね。

 

比較すると、

 

「え!?」

 

って声が出てしまいます。

 

明らかに異なる音の飛び出し。

そしてもちろんとにかく高速。

高域がうるさいとかじゃありません。

低い帯域であっても前に飛び出てくるから凄い。

 

低音弦をスラップしても圧倒的。

JFDTのスラップモードを使うとよく分かります。

音の密度も解像度も違いすぎる!

 

【スポンサーリンク】

 

 

JFDT-HAがすっきり大人しく聴こえる

 

知っている人なら「有り得ない!」と言いたくなるその印象。

と言うか誰よりもJFDT-HAに心酔してるであろう自分がそう叫びたくなる。

 

しかしどうやら現実。

どうすんねんって感じ。

HAで物足りなくなってくるとかそんなの反則だろうと。

 

ルックス的には『HAコンパクト』みたいに見えてしまうかもしれないし、ジラウドユーザーの中にはその登場を待っていた人もいるんじゃないかと思います。

 

でもこのクオリティじゃある意味ちょっと別物。

『簡易HA』とかそんなぬるいものでもないのが出てきてしまいました。

 

JFDT-HAにはプロトタイプ、試作機が存在するのですが、それの再現、さらにはグレードアップ版と言えそうな感じなのがDr.Sim。

 

基本性能だけで比較するならばやはりJFDT-HAを超えてそうです。

 

新機動戦記ガンダムWを思い出す

 

いきなり話がブッ飛んでしまいますがこれを思い出してしまいました。

 

『ウイングゼロ』

 

 こいつが登場したと言えば分かる人には分かるはず。

 

・あまりにもコストがかかりすぎる

・製造が現実的ではない

・量産などもってのほか

・過剰すぎる性能を危険視

・扱えるパイロットがいない

 

そんな理由から図面の段階で廃棄されたウイングゼロ。

 

技術水準さえ届いてさえいれば遥か以前に存在していてもおかしくなかったであろう一方、上記の理由により物語中盤にいたるまで開発されることがなかった最強の機体。

 

実際に誕生させてみたらやはり異次元の存在、既存のどんな機体をも超越してしまう化け物が登場、本当にそんな感じですね。

 

まぁ、性能を危険視だのなんだの、ベースのプリアンプを作るのにそんなことを考えるわけはないですし、プロトタイプの一台、オリジナルがちゃんと存在しています。

 

その初号機とも言えるものが素晴らしかったからこそ、Dr.Simの構想と製造に至ったのだと想像するところ。

 

でも本当、一番最初にあったものが最高最強だった意味ではやっぱり、イメージ的に共通するものがあるのは間違いなし。

 

パイロットが翻弄されず乗りこなしさえすれば無敵の存在。

そんな面でも何か似たものを感じてしまいます。

 

まさに圧倒的!

 

【スポンサーリンク】
 

 

そりゃ欲しくなる

 

思わずわけの分からない話をしたくなるほど混乱気味。

とにかくやばいもんが出てきてしまった、あまりにも違いすぎて青くなります。

 

JFDT-HAの時点で超贅沢そのものなんですが、いや、人間の欲ってのは恐ろしいですね。

上があると分かるとそっちに心が行ってしまうのが実に怖い。

しかも、誤差とか気のせいなんてレベルではなく明らかに異なっているから余計です。

 

そして一度知ってしまったものは忘れられない。

手に入らなくなってしまったら必ず後悔する。

これも分かっているだけにぐらぐらと来てしまいますね。

 

いやほんと、どうしましょう?

JFDT-HA超えとかあまりに想定外すぎて参りました。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com