【PEG】 伝説のスラップ Chuck RaineyとSteely Dan

チャック・レイニーとスティーリー・ダン 目次

 

 

音楽学校時代に聞いた逸話

 

チャック・レイニーがスラップ厳禁のレコーディングでその掟を破り、OKテイクを叩き出したという話を耳にしたことがあります。

 

それがしかも、あのスティーリー・ダンのレコーディングだったというのだから驚愕。

 

簡単に説明しますと、

 

理想の実現の為ならどんな人間でも呼ぶ・クビにする」

「超一流どころですら気が狂うような仕事現場」

 

なんてとりあえず思っていただければいいんじゃないかと。

 

『ドナルド・フェイゲン』

『ウォルター・ベッカー』

 

この二人を納得させない限り、同じ曲・同じパートを延々と繰り返し録音するハメになるという、様々な伝説(悪名?)があるレコーディングですね。

 

曲によってメンバーが違うのは当たり前、それどころか、違うバンドを用意するのが当たり前。

 

数かぞえきれない没テイクを重ね、屍累々にアルバムを完成させるという、その話を聞くだけでも笑ってしまう、いや、ワクワクしてしまう存在ですねスティーリー・ダンは。

 

彩(エイジャ)

 

そんな地獄の中で完成したのが、かの有名な伝説の名盤

 

『 aja 』

 

これはもう、音楽を愛する全ての人が必聴すべき作品でしょう。

 

Aja

すでに20年近く聴いていますが、ま~、飽きないですね。

聴くたびに新たな発見があったり、また違った味わいを感じたり、とにかく何度でも聴けます。

 

と言っても、複雑怪奇・マニアックで聴いてられないとか、そんなことがないから凄い。

言葉は悪いようですが、適当なBGMとして鳴らしておくのにも十分使えます。

 

一方、踏み込んでみると想像をはるかに超える難解な要素が凝縮してあったり、理解に相当な教養や時間を要する面もあったり、本当に奥が深い。

 

普通のポップス、大人のロックアルバムとしても聴けるし、音楽マニアや楽器オタクが聴いても納得。

そんなアルバム、なかなか存在するものではないですよね。

 

一生聴ける、まさに超名盤でしょう。

 

PEG 伝説のスラップ

 

今回の本題であるチャック・レイニーのスラップ。

それが聴けるのがAJAに収録されている『PEG』のサビ部分。

 

何が凄いって「スラップだと分からなかった」ということ。

派手でもなんでもない、特に面白くもないフレーズだとまったく注目もしませんでした。

 

「これスラップなんだぜ!」と後に恩師から教えられ、そこで気付いたぐらいです。

 

話を最初に戻しますが、スラップ禁止令が出ていたらしいのがこのレコーディング。

 

でもチャックは「いや、ここはスラップだ。ちょっとやらせてくれないか?」と提案したのだそうな。

 

しかし前述の通り、徹底的で異常なこだわりを持っているのがスティーリー・ダンの二人なわけです。

「いや、スラップなんか駄目だ。普通に弾いてくれ。」と断固として譲らない。

 

何度やってもOKは出ず、痺れをきらしたチャックが取った行動は、

 

『手元を隠す』

 

何ともいたずら的と言うか、ちょっと微笑ましくすらあるもの。

 

体の向きを変え、障害物に隠れ、二人の目が届かないように工作。

そして、こっそりスラップを試みたそうな。

 

その結果、

 

「これだ!」

 

と、ついにOKテイクが出て、めでたしめでたし。

 

思い描いていた理想がまさかスラップから生まれたとは考えもしなかったみたいですね。

フェイゲンとウォルターの二人も特に疑いもせず、PEGのレコーディングは無事(?)終了。

 

いやはや、後で真実を知った現場がどんなものだったのか、想像するだけでも面白すぎます。

 

「いや~、チャック良かったよ。」

「やっぱりこの曲はスラップじゃないね。」

「ほんとそうだな。ところでこいつを見てくれないか?」

 

「スラじゃん!」

 

こんなやり取りがあったのかと思うと爆笑物です。

 

グルーブと音楽の為のプレイ

 

そんなこんな、PEGのサビ部分は実はスラップだったという話。

前述の通り、それそのものは派手でもなんでもなく、むしろ超地味です。

 

でも、そこにこだわるというのがとても素晴らしい話だと思うんですよね。

徹底して音楽のため、その曲を完成させるために全力を尽くすというその姿勢。

 

それがスティーリー・ダンの魅力であり、チャック・レイニーのようなミュージシャンの魅力と感動でもあると感じます。

 

また、それだけにぜんぜん真似できなかったりもするんですよね。

フレーズ自体は大したことないオクターブのパターン。

でも、不思議なぐらいに『らしさ』が出ない。

 

「あ、スラップだ!」ってバレちゃ駄目なんです。

もうその時点で理想のPEGにはならないんです。

 

絶妙に心地よくはずむベースサウンドとグルーブ。

それを実現するための手段が結果的にスラップであったということなんでしょうね。

 

「スラップやるぞ!」

 

という目的が最初にありきでは駄目なんだと思います。

それを知る意味でもPEGは必聴と言えるでしょう。

 

ドキュメンタリーが超面白い

 

チャック・レイニーのスラップの話は都市伝説みたいなものなのかと思っていましたが、なんと、当の本人達がAJAのレコーディングについて映像付きで解説をしているんですよね。

 

前述のPEGなどはギターソロを録るのにとっかえひっかえ8人ぐらい使ったとか、明らかに迷走しているのが分かる没テイクも聴かせてくれたり、それを知るだけでもニヤニヤしてしまいます。

 

そんなドキュメンタリーが存在しているのだから本当にありがたい。

AJAをよく聴いてたり知っている人ならこれも必見でしょう。

感動します。笑えます。マジで超面白い!

 

前述のPEGに関しても、チャック・レイニーが解説・実演をしてくれますし、そうやって長年の謎が解けていくのが超贅沢な話でもあります。

 

彩(エイジャ) [DVD]

ま~ほんと、こういう作品をまたブルーレイで出すなり、ちゃんと残していってほしいですね。

知られていないのはあまりに勿体ない、文化の損失だとすら感じます。

 

過去の作品と言ってしまえばそうですし、古いというのも間違いはないでしょう。

一方、現代ではもう不可能になりつつあることをやっていたのが、スティーリー・ダンという存在でもあるはず。

 

偉大です。めちゃくちゃ良いです。

繰り返すようですが、一生付き合えます。

 

まさに伝説!!

 

【ブログカテゴリー】