エフェクターが苦手な本音、嫌いなポイントを語る

エフェクターが苦手な話 目次

 

 

扱いが面倒くさい

 

音痩せするのが嫌だとか、シンプルにベース本来の音を追求したいとか、そんなもっともらしい理由を語りたいところですが、実はすごく単純な話でもあります。

 

『扱いが面倒』

  

正直なことを言うと、これが一番大きな問題だったりもしますね。

 

頑丈なケースを使って本格的なボードを組んだ場合、それはそれは重さが凄いことに。

操作が複雑というのも嫌ですな、何より移動がきつくなるのが個人的には嫌で仕方ありません。

加えて雨だった日なんかには最悪な気分です。

 

ライブになれば長いケーブルが必要にもなる。

エフェクターが必要ということは必然的にその本数も増えてくる。

そしてそれをトータルしていくと重さも苦労も本当に馬鹿にならなくなります。

 

もうほんと、それだけでも気分が萎えてきますね。

 

踏み替えが苦手

 

頭が固いと言うか情けない話かもしれませんが、複雑な踏み替えが苦手な為、それが嫌で使いたくないところだったりもします。

 

「この曲のこのタイミングでこれをオンにしてこれをオフにして次の曲は・・・」

 

ってな感じに、いちいち色々考えながら弾くのが強いストレスになる。

その手間が増えるだけでもエフェクターを積極的に使おうとはなりません。

 

このあたりの管理ができる人というのは本当に凄いと思いますね。

よくぜんぶ記憶しそれを実践できるものだと素直に尊敬します。

 

エフェクターは金がかかる

 

幼稚で情けないと言うか切実な話、予算の問題が大きく絡んでくるところでもありますね。

 

理想のエフェクターシステムを実現する為にかなりの金額を投資する人もいるであろう世の中、自分の場合、その予算は楽器本体やスピーカー、他の方に向けたくなる。

 

現物とその音を知りさえすればその気になる可能性もありそうですが、いざとなると「べつにボスでもいいかなぁ・・」とかそんなノリになってしまいそうな気がします。

 

定番を安心して使えたらそれが何よりとか考えてしまいそうです。

 

また、誤解を承知で言えば、エフェクターはオモチャ的であってほしかったりもするので、大金をかけるのはちょっと違うかとも思ったり。

 

余程に納得したものでない限り、数万、数十万もの投資をする気にはならないかなぁと。

 

実は一時期こった

 

あれこれと並べたりセッティングを変えたり、それで良いアイデアが出てくることもあるでしょう、

そうやって音づくりを詰めていったり、演奏・作曲を楽しむ気持ちは確かに凄く分かります。

 

自分もブレンダーを購入して様々なエフェクターと原音のミックスなんてやってましたし、「いかに派手かつ実用的な音づくりをするか?」と試行錯誤をしていたものです。

 

そうやって悩ましくも楽しい時間を過ごしていました。

無条件にわくわくすると言うか、オモチャと戯れると言うか、なんか良いもんですよね。

 

しかしそれが何だか、今ではほとんど手を出す気にならなくなってしまったという。

とにかく面倒事とかデメリット、リスクの方を大きく感じるようになっちゃいましたね。

 

「なんか面倒だしべつに無くてもいいかなぁ・・・」

 

こんな風に年寄り臭くなりつつある気がします。

 

移動が楽に越したことはない

 

ベースをケースに入れ完了。

それで気楽に移動できる魅力ったらありません。

 

必要になるのは、

 

・ストラップ

・チューナー

・ケーブル

・譜面

 

こんなところですかね。

 

どで~ん!とごっついボードを組むのも面白いけど、運ぶのはしんどいです。

コロコロとかに乗せたって辛いものは辛い。

 

あれを転がしながら混んだ電車に乗るのもキツイですし、エレベーターやエスカレーターなどがない場所を移動するのも嫌になる。

 

軟弱極まりないようですが、自分はほんと、それで心が折れてしまうかもしれません。

 

エレクトリックベースの魅力ってそのお手軽感にもあると思うので、それをエフェクターに潰されたくないってのも大きいですね。

 

もしもですが今後、自分がボードを組むことなんかがあったとしたら、ま~、それはそれは力の抜けたやる気のなさそうなものになると思います。

 

とにかく気張らず扱いやすく値段も手頃なものにしたいですね。

エフェクターだけでも10kg近くあるとかそれ以上とか、本当に勘弁な話。

 

後はまぁ、ちょっと極端なようですが、ちっこいマルチでも役割を果たせるならそれでいいかなって気がします。

 

今の時代、マルチの性能もかなり上がってるのだろうと想像しますし、あれこれ悩む必要もなく大した出費もなくて良いんじゃないかって考えてます。

 

トゥルーバイパスの利点

 

エフェクターを通すことによる音痩せや変化を気にする場合、トゥルーバイパス仕様を求めるのが定番かと想像します。

 

スイッチをオフにしても問答無用で劣化するなんて確かに勘弁ですよね、

通しただけで明らかに音が変わるような事態は避けたいものです。

 

自分もできることなら、エフェクターのバイパス時の音痩せには気を付けたいところ。

その意味ではトゥルーバイパスの方が余計な要素が少なく理想的に感じます。

 

なるべくなら不要な干渉などは避けたいものです。

全てバイパスにした時にアンプ直と同じような状態になるのが望ましい。

 

トゥルーバイパスのトラウマ

 

しかしこの世の中、それで痛い目を見ることもあったりするから困った話。

あの方式特有の問題と言うか、スイッチ切り替え時のノイズが笑えなくなることもあります。

 

運が悪いと、

 

「ボンッ!」

 

と盛大なノイズを出すはめになる可能性があるから怖い。

それがしかも、気合を入れて挑んだライブで起きたりすると泣けてきますね。

 

自分の場合はサウンドチェックの段階だからまだ助かりましたが、あれが本番でタイミング悪く起きてたらと思うと恐ろしくて震えます。

 

アンプから出るだけでも嫌なのに、PAで増幅するとそれがさらに凄いことになるから笑えない。

あの爆発音じみた凄まじいショックはいまだにトラウマになっている次第。

 

ついでに言うと、PA側から冷ややかで嫌~な空気が流れてくるのも勘弁だったところ。

 

「ベースさん、なんかノイズ出てますね~。」

「え?そうですか?カチッ!」

 

「ボンッ!!」

 

だったわけです。

コントだったら最高なんですけどね・・・

 

メンバーから冷めた何かが刺さってくるのも御免です。

 

色々増やすと原因の特定が困難になる

 

まぁ、上記の話が果たしてトゥルーバイパスだから起きたことなのかどうかは断定できませんが、こういうリスクがあるというのは本当に嫌なものですね。

 

そして、エフェクターを増やすほどにそういった原因の特定が難しくなるのも、強力なストレスポイント。

 

自分だけに限らず、相方のギタリストの音が出ないだのショボくておかしいだの、そんなトラブルが起きることも決して珍しくはないから困ります。

 

電源を疑った場合、9Vではない専用のアダプターが必要だったりすると、これまた話が面倒ですね。  

 

運良く電源を現地調達できて助かったと思ったら、実は原因は別だったとか全然関係なかったとか、こういうのめちゃくちゃストレスになる。

 

結局、何も分からず外してやるしかなかったとか、そうやってグダグダと時間が潰れるとか、マジで勘弁してほしい話です。

 

どんなに音にこだわろうが繊細に慎重に厳選しようが、トラブルと隣り合わせになるのはいただけません。

しかも、そのこだわりが果たしてライブで活きるのか扱いやすいのか、正直、微妙なことも多いでしょう。

 

遠慮なくスモークたいてる状況が機材に良いとはとても思えませんし、ジャックなどの接点の数なんかも少ないに越したことはないはず。

 

なるべく手間なくフリーに演奏したいものですよね。

電源周りのトラブルまで気にする必要があるとかやってられません。

 

頑丈な定番はさすがな存在

 

前述のように、原因が特定できない状況は精神的にかなりのストレスになりますし、やはり、エフェクターもケーブルも無闇に増やすべきではないと感じます。

 

一個一個、一本一本、いちいち地道に何回もチェックするなんてのは御免です。

 

そういう意味ではトラブルが少ないとかどんな現場でも信頼できるとか、実用性に特化した定番製品というのはさすがなんじゃないかと思うところ。

 

また、もし故障したとしてもすぐに手に入る強みは大きいですよね。

最悪、現地調達で何とかなる可能性も高くなる。

 

そう考えると、ハンドメイドでマニアックだから良いとは限らないことが分かってきますね。

 

大手ではできないことに挑んだり、独自の路線を突き進むことは確かに素晴らしい。

一方、そこに依存してしまうような状況に陥るのもちょっと怖いのかなと考えることがあるわけです。

 

「こいつでなきゃ俺の音じゃない!」

 

なんて風にエフェクターにこだわりすぎるのも考えものなのかもしれません。

それが手に入らなくなり故障もしてしまったら、お先真っ暗になってしまう可能性があります。

 

パッシブオンリーで済むならそれが安心・最強

 

前述の話については、考えすぎと言われれば確かにそんな気もしますが、それでもやっぱり、自分はエフェクターにそこまでこだわりたくないかなと考えています。

 

音づくりに対してペダルの方に依存すべきではないと強く感じるところ。

 

ジラウドのバッファやプリアンプを内蔵、愛用している身としてはあまり他人事でもなかったりするから怖いですね。

 

代用品が存在しない為、頼りすぎると将来的には真っ青になる可能性もあるから恐ろしい。

いまさら余所のプリなんか使う気にもならんぞと。

 

でもまぁ、その時はその時で最悪はパッシブで使えば良いかと考えたりもしたり。

ジラウドのベースはそれでも十分に良い音がしてくれますし、実はそこまで致命的な問題でもないのかなと思います。

 

長く使える愛機を持っていることがまず何よりですよね。

それとタッチで自分の音になるというのが一番。

 

または、そんなことすら考えないってのも一つの正解なのかもしれません。

愛機もクソもない、何を弾いても大丈夫、なんの問題もないという、それも最強と言えば最強。

 

使う道具にしても、

 

・頑丈で実用的

・特に珍しくも高価でもない

・どこでもいつでも手に入る

 

これで十分使えてしまうなら、それがそのまま強力な武器にもなるでしょう。

 

特にエフェクターやケーブルなどはそうあるべきだとも思いますし、トラブルとは無縁なぐらいの信頼性があって欲しいもの。

 

常にスペシャルであることを求める必要もないし、そこに依存するのも疑問になる次第。

普通のシステムで普通に良い音が出せれば、それだけで一つの強みになるはず。

 

【ブログカテゴリー】