LINE 6 RELAY G30 ワイヤレス その魅力、問題点を語る

ワイヤレスは劣化する?使い物にならない?

 

一昔前はそんなイメージがあったものですが、いや、技術の進歩というのは凄いですね。

 

超長いケーブルを使うぐらいだったらむしろワイヤレスの方が良いんじゃないか?

そんなことすら感じるクオリティになってきていると感じます。

 

もちろん、まったく違和感がないということはさすがにありませんし、ケーブルと同じ音や感覚を求めるのも違うかと思うところ。

 

そのあたりの問題でどうしても受け付けない人がいても不思議ではないでしょう。

神経質に細部まで気にするのであれば、そもそもワイヤレスは無理という話になりそうです。

 

でもしかし、あの解放感を一度味わってしまったら、その価値観すら崩壊する可能性はあります。

あれはほんと、元に戻れなくなるぐらいの威力を秘めている。

 

移動できる距離が限られる、体に絡んでくる、垂れて邪魔になるケーブルを処理しようというのは、実は結構なストレスになっているみたいですね。

 

ケーブルを繋ぐってのは言うなれば、首輪を付けられ鎖に繋がれてる状態と同じなんでしょう。

どんなに慣れていようと、無意識であろうとなかろうと、体にとっては不自然な異物なんだなと。

 

音についてもそうですが、一度体験してみればその解放感に絶対驚くはず。

 

Relay G30の問題点

 

そのクオリティと解放感に驚いた一方、見過ごせない問題点を抱えている印象もあるのがG30。

 

ネット上にあるレビューでもよく言われていることですが、『電池蓋』の作りがあまりによろしくない。

 

中でも自分の所有しているものは特に粗悪な個体だったのでしょうかね?

電池蓋が一度たりともまともに閉まりませんでした。

ちょっとの刺激や振動ですぐに蓋が開いて電池が飛び出てしまいます。

 

つまりはライブなどでは怖くてとても使えない。

リスクがありすぎて実用外という判断をするしかなかった次第。

 

また、ストラップにひっかけるための金具もいまいちな印象。

電池蓋の対策をする意味でも、安定して使いたいのであれば、専用のホルダーを用意した方が絶対に正解でしょう。

 

電源が安定せず動作に不安があるというのでは、ワイヤレスの意味がありません、

いくら安くするためとは言えこのあたりは本当、製作側がもっと真面目に捉えてほしいと思います。

 

後、個人的にさらに注文をつけるのであれば、ヘッドルームがもっと大きいとベースを弾く人間としてはありがたいかなと。

 

楽器側でブーストすると妙なノイズが入るような音が潰れてしまうような感じがあったので、さらに余裕を持って受け止めてくれるとありがたい。

 

まぁ、それがヘッドルームの問題なのかどうかは分かりませんし、使用した電池のクオリティでもあるのか、もしくは単三電池二本というその条件下の限界でもあるのかもしれません。

 

良いものなだけに惜しいところ、残念に感じてしまうところがありますね。

さらなる進化に期待したいです。

 

上位機種や他社製品も気になる

 

G30の場合、コストダウンやダウンサイジングの問題もあって、変なことになってしまったのかもしれないと想像するところ。

 

となるとやはり、ちゃんと使えるワイヤレスを手に入れたいのであれば、それなりの金額を出した方が良いってことなんでしょうね。

 

また、技術の進化とそのスピードを考えると恐らく、G30もすでに型落ち感のある古いものになってきているのだろうと推測するところ。

 

何かもう、プラグと送信機と一体になっちゃってるような「ワイヤレスワイヤレス」みたいなのが出てきてたりもしますもんね。

 

いくら何でもと言うか、さすがにちょっと性能を疑ってしまいますが、しかし、そんな粗悪で変なものを出すとも思えないのが今の世の中。

 

それで完結させても良いぐらいにハイクオリティだったら、めちゃくちゃ助かりますよね。

 

5m以上のケーブルとか、それだけで結構な重さにもなったり扱いも面倒なものですし、そこから解放されるってだけでもこんな嬉しいことはない。

 

いやほんと、次元が違うってぐらいのハイクリティなのが出てきたら本気で欲しい。

これからまだまだ良くなっていくことに期待したいですね。

 

ケーブルからの解放感ってマジで衝撃的です。

 

www.pompombass.com

 

 

 

【ブログカテゴリー】