多弦ベース派が4弦の魅力とメリットを分析する

4弦ベースのメリットと魅力

 

 

4弦は音が良い

 

たまに弾くとまずこの点に驚かされます。

 

「何だこの気持ちいい音は!?」

 

なんて唸ってしまったり。

 

まぁ、本来はそっちが当たり前で基本なのかもしれませんが、ずっと多弦ばかりを使っていた身なので、感覚が逆って感じなんですよね。

 

今の自分の中では5弦が標準みたいな認識。

4弦は少弦ベースで6弦から多弦という感覚かも?

 

もっと以前だと6弦が普通。

それが当たり前だと弾いていました。

 

4弦がメインだった時期が本当に短い為、実はよく知らない点があるのも正直な話。

 

だからこそ4弦を弾くと、

 

「あれ?凄ぇ良くね?」

 

ってビックリします。

弾いてて単純に気持ちいいんですよね。

 

昨今、クオリティの高い多弦も増えましたが、どシンプルで美味しい4弦を弾くと、その魅力にKOされそうになってしまうから恐ろしい。

 

4弦は4本の弦張力で済む

 

これはもう動かぬ事実でしょう。

弦を増やせば増やすほど張力が増します。

 

張力が増加するということは何を意味するか?

 

『楽器が緊張する』

 

これがあるんじゃないかと想像。

 

張力が増すほど楽器本体への負担も増加するのは確実。

ネックに対する負担もとんでもないことになっていくはず。

 

4弦の時点で80kgぐらいだったかな?

それぐらい強力なテンションが加わり続けるのがベースの宿命。

弦を増やして張力が増すほどその影響が出てきても何も不思議ではない。

 

となるともう、多弦の時点で独特の響きになることが決定しているんじゃないかとも考えるところ。

 

ネック幅が増したり楽器本体の設計の違いによるものもありそうですが、低い方にせよ高い方にせよ、その弦が加わることで楽器の鳴りに対して絶対に変化が起こる。

 

そういった過剰な張力から楽器を解放してあげる、もっとオープンでナチュラルな響きを求めるとなるとやはり、4弦の方が条件的に有利なんじゃないかと。

 

だからか、超多弦になると色々苦しい印象を強く受けたりします。

音がぴんぴんに張りすぎてて辛い、ベースらしいコシもいまいち。

偏見もあるかもしれないけど、正直、違う楽器だと感じてしまう。

 

『過剰な張力』

 

この影響というのはネックだけではなく、ボディに対しても変化がありそうですよね。

実際、オープンでふくよかなサウンドの多弦ってあまり存在していないように思います。

 

【スポンサーリンク】

 

 

4弦は共振が少なくなる

 

これも前述の話と繋がりそうなポイント。

弦が新たに追加されることでその響きも加わることになるのではないかと考えます。

 

試しにミュートも何もしないで弦を鳴らしてみるとと分かりやすいでしょう。

弾いてない弦でも振動して何らかの音が加わってしまうことが確認できます。

 

これ、いくら完璧にミュートしているつもりであっても、100%消すというのは不可能だと思うんですよね。

 

エレクトリックだからこそとも言うべきか、弦の音というのは驚くほど繊細に再生されるものだから侮れません。

 

各弦の振動が完全に独立、ボディの方でも分断されているとはちょっと考えられない。

どうやってもある程度の共振は生まれるし、干渉もしてくるものではないかと。

 

体感できるレベルの大音量になってくれば、その振動が楽器に伝わってくる可能性もあります。

 

その振動により楽器の方まで振動するようなことがあるとしたら、弦が増えるほどに音がボヤけたり抜けが悪くなったり、扱いづらくなってくるんじゃないかとも想像。

 

弦を増やすというのは音域の単純な拡張で済むものではないから難しい。

張力が増加しすぎるリスクに加え、過剰な共振による影響も出てくるのは辛い。

 

こう考えていくとやはり、 4弦の鳴りに濁りのないストレートな気持ちよさを感じるというのは分かりますね。

 

多弦になるほど多くの意味で制御が難しくなる面を感じます。

 

4弦はネックが小さい

 

「小さい」と言うのが的確な言葉なのかどうか表現に迷うところですが、いずれにせよこれも間違いない事実でしょう。

 

幅の面から見ても6弦と比較すればその違いは明らか。

4弦の方がネック幅は確実に狭くなります。

 

これによりどんな影響が考えられるか?

 

「より重心低くボディを鳴らせる」

 

このメリットが大きいんじゃないかと。

 

ネックが大きすぎる重すぎるという、多弦には付きまとう問題。

そもそもバランスをとることが難しい、ボディが軽く小さく薄くなりがち。

ボディが鳴らなければ、それだけ音も軽く淡白になることが予想されます。

 

となると、「ボディを大きく重くすればいいじゃないか」ってことになりそうですが、これだと単純に扱いが辛くなってきますよね。

 

重量を保ちつつボディを薄くコンパクトになんてのもいいですが、それでもやはり、豊かなボディ鳴りを求めるのは条件的になかなか難しいはず。

 

楽器本体の設計が苦しい場合、今度は何をするかと言うと、プリアンプを載せたりPUも高出力なハムバッカーにしたり、そういう手段を取るのが大体のお約束という印象。

 

硬質な材を使用した小型ボディ、それで低出力のシングルコイルPUをパッシブで鳴らすとか、そういうベースは世の中にほとんど存在していません。

 

そこには絶対に理由があると思うんですよね。

 

多弦になるほどネックの方に寄っちゃうと言いますかね?

ボディよりネックの方が勝ちすぎてそっちの音になっちゃう。

そこのバランスをいかに上手くまとめるかが大きな課題。

 

ネックが太く重く強靭、指板もブ厚く屈強なんてのも良いですが、それだけ響きも独特、特殊なサウンドになってしまう可能性も高そうです。

 

豊かなボディ鳴りを求めたりフェンダー的な良さを求めるほど、多弦はそれに向かなくなってしまうが宿命のようにも感じます。

 

弾きやすさを優先して薄く頼りないネックにするのも考えもの。

鳴らないものを電気的に増幅して誤魔化すのも色々と辛い面が多い。

 

このあたり、長年にわたって高い評価を得ている工房はやっぱり違いますね。

見た目が派手なだけなのとはトータルバランスが確実に異なります。

 

バランスがめちゃくちゃなものに手を出すんだったら4弦の方が絶対に無難。

プレイヤーのことを考えていない多弦はネックから何から色々悲惨です。

 

【スポンサーリンク】

 

 

4弦はPUが素直

 

これも前述の話と連動してそうなところ。

 

多弦の場合は要するに、ボディが鳴らなくなる分だけ、音が軽くなる分だけ、電気的な部分の強化の方に意識が行ってしまうのだろうなと。

 

そこで低音やパワーを得なければまともな音にならない。

パッシブで勝負するのはあまりに厳しい、そんな判断なのかもしれません。

 

もちろん、4弦だから良いと断言できるわけではありませんし、4弦の中にも高出力だったり癖の強いものは沢山あります。

 

弦の本数云々の関係なく、パワーに振り切ったものは存在しているのは事実。

 

ただ、多弦でまずいのは、そういった癖や力が必要になってきてしまう側面が強く出てくるということ。

 

豊かなボディ鳴りがもたらすプラスアルファを期待できないとなると、どうしても電気的に強化するしかなくなってくるのが辛い。

 

6弦以上になるとシングルコイルがほとんど存在しなくなってくるなんてのも、このあたりの要因が非常に大きいと想像します。

 

そもそもフェンダーサウンドが求められていないことも大きそうですが、楽器本体だけでの勝負が難しいというのも根底にあるはず。

 

だからやっぱり、シンプルなパッシブベースとか弾くとその素直さに驚かされます。

もうこれでいいや、何も足さなくていいやってなっちゃう。

 

変なPUにする必要もないし、異常なパワーを求めようともならない。

そうするだけ楽器の良さが消えていっちゃうし、つまらない音になる。

 

また、4弦の場合、単純にPU自体の長さが短くて済むというのも大きそう。 

多弦幅でフェンダーの巻数そのままコピーとか絶対まずい。

それだけコイルも長くPUも重くなるんだから、そりゃ音も変わるよなと。

大体の場合、レンジが狭く抜けない音になる傾向を感じます。

 

そこに加え、癖のある安っぽいプリアンプまでのせるとか、自分的には最悪。

どんどん身もコシもなくなり、軽くて使えないベースサウンドになりがち。

 

4弦はタッチが良くなる

 

多弦の大きな問題点の一つ。

 

『ミュートの手間』

 

弦が増えるほど厄介になるのが実に嫌なところ。

 

たとえば自分が6弦を弾くとしたら、右手の薬指や小指を無意識にでも使い、弾いてない弦のミュートをするようにします。

 

または、右手親指の側面を使ってまとめてミュートするのも当たり前。 

左手についても常にミュートの意識はありますし、それが自然な状態になっています。

 

鳴ってない弦の処理というのが多弦にとっては必須になるでしょう

 

ここで問題なのは、無意識だろうとなんだろうと手間はかかっているということ。

どんなに自然にやっている行為だとは言えやはり、体の使い方は絶対に変わっているわけです。

 

残念ながらそこには身体的な束縛が多く発生しているんじゃないかと。

 

4弦でも鳴ってない弦のミュートをするのは必須のテクニックですが、それをさらに高度に求められるのが多弦の宿命。

 

『音を鳴らさない状態』

 

このテクニックをまず高度に身に付けねばならない、そのために余計に体を使わなければならない、代償の動作が必要になるという、そこが明らかなデメリットであると感じる次第。

 

4弦の身体的な自由度って半端じゃありません。

制約が少なくなる分、独自のタッチを身に付けやすいとも考えられそうです。

 

多弦の場合、そのあたりがどうしても似たり寄ったりになってしまうか、そうせざるを得ない面があると言えるかもしれません。

 

加えて前述のように、楽器本体もPUもタッチコントロールを表現しにくいものになってしまう可能性が高くなるし、それがプレイとサウンドの無個性化の原因にもなってきてしまうのかなと。

 

繰り返すようですが、4弦の自由度というのはやはり素晴らしいものがあります。

スラップが好きな人なんかは特にそう感じるんじゃないかと思いますね。

 

親指を下向きに構えるサムピングだとロー弦Bが邪魔になる面もありますし、6弦以上になるとプル時に高音弦が邪魔に感じたりもしました。

 

多弦化によるタッチへの影響というのは想像以上に大きいものだと考えます。

 

4弦はフィンガリングが楽

 

左手はもう圧倒的に楽ですね。

 

使うポジションや好みにもよるのはもちろんですが、それにしたって弦の本数が少ないとこんなに違うか、ネック幅が狭いことでここまで別物になるのかと驚かされます。

 

前述のミュートの問題なども絡んできますが、あれこれ気にせずストレスフリーに弾ける意味というのはものすごく大きい。

 

多弦の場合、親指を表に出すことが難しかったり、それを利用したフィンガリングが厳しい面がある一方、4弦だとそれが非常に楽になるのも美味しいポイント。

 

ネックを握るようにするフォームが使えるだけでも、またタッチの幅、表現の幅が増えてくるのが面白い。

 

これはジラウドの方で聞いた話ですが、 左手によるゴーストノートだけでも縦振動のようなとんでもないサウンドを出せる人なんかも世の中にはいるそうな。

 

そしてそれも4弦だからこそやりやすいという話。

ネック幅の問題で制約が出てきてしまうと色々厳しくなってくるわけですね。

 

こういった左手によるタッチコントロールにおいても4弦ならではの世界が存在、実現可能なことがあるのは無視できません。

 

チョーキングするにしても上手く手首を使ったり、グリップを利用するなら4弦の方が自然な感覚。

 

低音弦のハイポジションを積極的に利用しやすい面も大きいですし、単純に弾きやすく感じちゃいますよね。

 

ネック幅が増すほど、人体に適していない面を感じるのが多弦の宿命。

それと比較し、4弦の気軽さ、暴れやすさと言ったらありません。

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

4弦はシンプル 脳も楽になる

 

弦の本数云々は慣れの問題が大きく、一概にどうこう言えないのも確か。

実際、自分は4弦の法に違和感があったりする身です。

 

「あれ?ここで弦少ないと困るんだけど!?」ってな具合に不便を感じたり、ふわふわするような変な感じになってしまいます。

 

E弦をアポヤンドで弾くとローBが受け止めてくれるわけですが、4弦だとそれがないからどうにも落ち着かないのも厄介。

 

一方、べつに無理に拡張を必要としていなかったり、ミュートの手間などを減らす意味を考えるのであれば、これはやはり、4弦の方が何もかも楽だと言わざるを得ません。

 

必要なところがシンプルに凝縮されてると言いましょうか、エレクトリックベースはフェンダーのそれだけでも実は完成されてしまっているようにも感じます。

 

良い4弦を弾いちゃうと、

 

「これ以上なんかいる?」

 

こう納得させられるから困ります。

 

弦が少ない分、ポジション移動が大変になったり、音域的な制限も確かに感じます。

でもそれ以上に身体的な制限が解放されるような気分になるのが非常に大きい。

 

ウィル・リーなども「ステージで暴れるなら4弦だ!」というようなことをインタビューで言っていた記憶がありますが、そういったステージパフォーマンスも重視する人が4弦を選ぶというのは凄く分かる話。

 

多弦はどうしたって神経質にならざるを得ない部分があるし、前述の通り、無意識にでも弾けるようになったとしても要因が無くなるわけじゃないのが痛い。

 

やっぱり、どこかでリミッターが働いてしまうような、負担になってしまうような、それは否定できないことなんじゃないかと。

 

恐らくそれは作ってる方にしてもそうではないかと想像。

 

より重量に気を使ったり、各弦のバランス調整により神経を注がないといけなかったり、専用のパーツも用意しないといけなかったり、面倒なことが増えてしまうのは確実。

 

それを考えると、良い多弦を作るのも使いこなすのも本当に大変なことだと痛感する次第。

悔しいですが、実に多くの意味で4弦の良さを認めつつあります。

 

先日も記事にしましたが、普通なジャズベがやたら良く感じたり、ある意味がっかりしちゃうところがありますね~。

 

このブログに載せたり研究していることについてもそうなんですが、

 

「俺のやってきたことって・・」

「こだわって選んだ楽器って・・」

「4弦の方が実践しやすいんじゃ・・」

 

と、その矛盾に青くなったり。

 

奏法的な向上を目指せば目指すほど、4弦の方が圧倒的に理に適っているように思えたり、あれこれ考えるまでもなく自然に楽に弾けたり、「なんじゃこりゃ!」って言いたくなってしまいます。

 

いやほんと、このまま行くとまさかの4弦弾きになりそうで怖い!

この記事にしても「こんなこと書かなきゃ良かった!」とちょっと後悔してるかも?

 

ベースってやっぱり4弦なのか!?

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com