ジラウドのジャズベのフレットレスがやたら良い気がしてきて困った

ジラウドメビウス フレットレスジャズベース 

 f:id:bakibakibass:20170218005743j:plain

 

 

jiraud Mobius Fretless

 

「ちょっと音が軽いかな~?」

 

入手当初はそんな印象が強かったメビウスJBのフレットレス。

最近、その様子が変わってきました。

ジラウドならではと言うべきか、どのポジションを弾いても良い感じに鳴ってくるように。

 

フレットレスの場合、露骨にデッドポイントが目立つようなものもある一方、メビウスのフレットレスはほとんど心配がないから安心して弾けます。

 

ジラウドの中でも特にシンプル。

いさぎよく渋い仕様。

 

『簡易ネオパッシブ』

 

ほぼパッシブそのままな感覚で弾けるのがナイス

タッチへの反応も豊かで弾いててめちゃくちゃ楽しい。

自分で言うのもあれですがこれは本当に良い楽器です。

 

Black Cloudとの違いは?

 f:id:bakibakibass:20170210164117j:plain

 

我が家ではこちらの方が古株。

ブラッククラウドの5弦フレットレス。

 

もっとボトム豊かだったりさらなるバランスの良さや安定感を求めるのであれば、ブラッククラウドの方が数段上な印象。

 

全音域におけるバランスの良さはもちろん、レスポンスについてもやはり、ブラッククラウドの方が優れています。

 

ジラウドベースの中でもブラッククラウドは本当に別格な何かがあります。

フレットレスについてもそれは同様ですね。

 
自分が所有するこの2本のフレットレス。

完全か簡易の仕様の違いはありますがネオパッシブである点では同じ。

5弦でもシングルコイルなのは共通。

電気的なスペックに極端なまでの差はありません。

 

にもかかわらず出音にかなりの違いが生じるのが面白い。

電気的には同じような仕様なのにもかかわらず、不思議なぐらいの別物感があるから奥が深い。

 

エレクトリックベースと言っても無から音が生まれるわけではなし。

生音の影響が確実に存在することを実感できます。 

そしてブラッククラウドにはまさに圧倒的なものを感じます。

 

【スポンサーリンク】

 

 

4弦のジャズベはシンプルで美味しい

 

完璧なイメージと実力を持つブラッククラウド。

完成度の意味では敵なしにも思えます。

 

一方、それが音楽的に100%正解なのかと言うとそれはまたちょっと別。

完璧ではないからこそ輝きを増す楽器もあるから侮れない。

 

音的な完成度で言えばジャズベの方に勝ち目はなさそうです。

聴いてて明らかに音は軽いしワイドレンジでもない。

言葉は悪いようだけど「チープで安っぽい」とすら言えるところ。

 

でも何かそれがいいんですよね。

隙があるからこそ絶妙な味わいが生まれる。

弾いてて心地よく聴いていても魅力がある。

 

木材的なスペックで考えても自分が所有するメビウスJBのボディはアッシュだけ。

特別に軽くもなく重くもなく面白味も新鮮味もありません。

 

『ニューハカランダ』という指板を使ってはいますが、ポリ塗装でコーティングしている為、木の質感だの温かみだのそういった評価をするのも微妙。

 

実にエレクトリックで割り切った仕様とも言えそうなのに何か良い。

とても素直でストレートに惹かれてしまうから面白い。

ネックもスリムで弾いてて楽なのもポイント高し。

 

いや本当、ジャズベースって反則な存在ですね。

 

「これ以上何もいらない」

 

問答無用に納得させられてしまうなと。

 

フレットレスはハッキリ好み優先で良い気がする

 

好みと実用性のどちらかを選ぶか?

フレットレスの場合、好みの方に振り切ってもいいかなと思うところ。

あれこれ考えず好きな音が出るやつを弾くのが一番良さそうな感じ。

 

フレットレスにはフレットレスにしかない何かが存在する。

その何かがピンとくる一本はやっぱり最高に魅力的。

ハマってくるとフレットが邪魔くさく思えることまであります。

 

楽器選びってこう、「アンサンブルではどうか?」とか「音はいいけど実用性が・・」なんてついつい考えがちですが、フレットレスに関しては本当、わがままに個性を求めちゃった方が正解のような気がしますね。

 

「ジャコ丸出しになるのはあかん!」なんて以前は思ってましたが、それも考えてみれば人の目や意見を気にしての後ろ向きな姿勢ではないかと最近は考えるようになりました。

 

好きなら気にせずそれを弾けば良い。

そう開き直るのも有りだなと。

 

「良い物は良い!」

 

捻くれず素直に認めるのも正解。

好みを変に曲げる方がかえって無個性化に繋がってしまうものかもしれません。

 

【スポンサーリンク】
 

 

ジラウドのフレットレスはめちゃくちゃ良い

 

意外と知られてないようにも感じるこの事実。

 

ハイポジションの演奏性に難を感じる人が多い問題もありそうですが、愛用してる人間としてはもうちょっと知ってる人が増えていいんじゃないかと声を上げたいところ。

 

前述した話の流れだとメビウスJBがチープな感じの扱いになってしまいそうですが、それはあくまでもブラッククラウドと比較しての話。

 

メビウスJBでも充分に凄いベース。

安易なフェンダーコピーではない完成された楽器です。

その完成度の上を行くブラッククラウドがおかしいってことですね。

 

一方、そのブラッククラウドには出せない味わいをメビウスが持っているから面白い。

純粋にどちらのフレットレスの音が好みかと問われたら、メビウスの方に軍配が上がるものがあります。

 

完璧じゃないからこそ心地よい。

一点突破できる魅力を持っている。

そんな不思議なところに音楽の奥深さを感じてしまいます。

 

いずれにせよジラウドのフレットレスは凄く良い楽器なのでおすすめ。

スラップ専門とかハイファイ専門なんてイメージはひとまず捨ててもよし。

ジェマーソンチューンやネオパッシブなどシンプルな路線も最高に良い。

 

スタンダードな方向性で勝負できるからこそのジラウド。

デザイン重視で奇をてらっただけのものとは次元が違います。

 

元々はバリバリのアンチフェンダーだった自分。

もっと言うならばアンチサンバーストでもありました。

 

それが今やすっかり骨抜きって感じですね。

いざ持ってみたらもうメロメロ。

こんな魅力的な楽器を避ける意味とはなんだとまで考えさせられます。

 

悔しいけどやっぱり4弦は良い。

ジャズベースほど魅力的な楽器はない。

フレットレスも最高に素晴らしい。

 

完全に落ちてしまいました。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com