ベースと3フィンガー 練習、習得の方向性について考える

ベースと3フィンガー

 

 

普段から動かす

 

www.pompombass.com

 

小学校時代からゲームで指を鍛えていた自分。

馬鹿馬鹿しい話のようですが、原点なんて案外そんなものなんじゃないかと思います。

 

ベースを始めた中学校時代からの話もするならば、机の角を叩いてスラップの練習をしたり、そうやって肉と骨を鍛えたり、飽きもせず毎日のようにやっていました。

 

楽器を持っていない時間であってもやれることはあります。

そしてそれを積み重ね続けていくことが習得の近道にもなるはず。

 

ひたすら薬・中・人差し指の順番で指を動かすのも良いですし、その逆も有り。

机でも自分の脚でもなんでも叩いたり擦ったりする。

 

そんなトレーニングだって何年も積み重ねていけば決して馬鹿にはできません。

 

積み重ねで人間は変われます。

 

【スポンサーリンク】

 

 

演奏できる指をつくる

 

長く続けていけば演奏用の肉厚の指が出来上がっていくから面白い。

カチカチに硬質化するのではなく弾力は保っているのだから、人間というのは不思議なもの。

 

一方、逆に考えるのであれば、そう意識したりちゃんと使っていかないと変化してくれないのも現実。

 

なかなか厳しい話ですが、本当の意味で薬指を使いこなそうとするのであれば、人差し指・中指と同じぐらいに使い続けない限り、理想の指は出来上がらないのかもしれません。

 

「3フィンガーできないなぁ・・」

「3フィンガー難しすぎる・・」

 

こうなるのは単純な話、

 

「使ってないだけ」

 

意外なぐらいシンプルな理由ではないかと思います。

 

ベース始めたては人差し指すら満足に動かせなかったり、左手の小指なんかもまったく動かなかった記憶など、誰にでも心当たりがあるはず。

 

それと同様、「いきなり完璧に上手く」とはいかないでしょう。

 

地道な積み重ねが大事ですね。

 

振りかぶって弾かない

 

力が弱かったり、感覚も曖昧な場合、強い力を使おうと力むものだと思います。

それに伴い、ついつい反動や勢いをつけて弾こうともするかもしれません。

 

左手の小指が弱い人などにもこの傾向がある印象。

 

指がネックからやたらと離れていたり、いざその指を使おうとしても弦を確実に捉えることができなかったり、上手く押さえることもできない状態。

 

右手の指についてもそれと同様、やたらと振りかぶる癖などがある人は要注意。

 

スラップのような打音を出す目的であるならば分かりますが、その意識もないのにバタバタしてるようなら、かなり非効率な弾き方をしているんじゃないかと。

 

弦をちゃんと掴めていない、力を上手く加えることができていない可能性が高い。 

 

弦に対して確実に力を加えなければいけない、角度もしっかり意識しなければならないのにもかかわらず、弦との距離を作って振りかぶって弾こうとするのは不安定極まりない話。

 

力が弱いのであれば尚のことそうですね。

 

このあたりについては以前に書いたこちらの記事などが参考になるはず。

ちょっとした意識で演奏が効率的になるし音も太くなります。

 

www.pompombass.com

 

小指だって太い音は出る

 

自分の動画に解説になりますが、例として分かりやすいと思います。

低い音が出ないシステムでは違いが出ないので、ヘッドホンなどで聴いてください。

 

www.youtube.com

 

ブリッジ付近で太い音を出すのはなかなか難しい技術です。

たとえ人差し指であってもタッチが悪いのでは音は細くなってしまいます。

 

一方、弦を押し込むことを意識したり、指を抜くスピードやタイミングが分かってくれば、どのポジションでも太い音を出すことが可能になる。

 

もっと言うならば、どの指だって太い音が出せるようになります。

力が重要なポイントなのではなく、スピードやタイミングの方が問われてくるからですね。

 

この小指で弾いている動画、実は小指を使う練習などは普段なにもしていません。

小指は使うつもりがない為、縦振動の実験の意味と動画用にやってみただけです。

 

「どうしたら太い音が出るのか?」というその研究の結果なわけですね。

 

要するに、

 

・過剰な力など求めなくても太い音は出せるようになる

・ちょっとした意識でも音は別物のように変わる

・縦振動は特殊な奏法なのではなく幾らでも応用が利く

 

それを伝えたかったのがこの動画。

 

抜群に強い人差し指があったとしても、角度や力の使い方が悪ければ貧弱な音になってしまいますし、いくら鍛えても努力が実を結ばないことになる可能性も高くなります。

 

普段から使うことが大切なのは当然、効率の良い方法を知ること・探っていくこも大事。

 

その気になれば、小指4フィンガーなんてのもできるようになるかも?

 

www.youtube.com

 

思いっきり精神論ですが、

 

「出来ない・・・」

 

と思ったら負け。

 

拳が握れる時点で薬指も動くということ。

ジャンケンできるならどの指も動かせてるってこと。

 

そうやって『実は動かせちゃってた』と認識するだけでも違います。

 

【スポンサーリンク】

 

 

縦振動タッチの習得がおすすめ

 

30記事以上書いているので、そちらも読んでいただけたら幸い。

ただ、それではこの場の話として無責任なので、簡単な解説などしてみたいと思います。

 

3フィンガーをやるにあたり、縦振動のタッチの何が活きるかと言いますと、

 

(1)薬指でも太い音が出せる

(2)音の粒も音質も揃う

(3)力が要らなくなる

 

この三つの大きな効果を狙えるということですね。

 

(1)については前述の通り、たとえ小指であろうと太い音が出せるようになります。

 

(2)についても同じような話ですね。

 

倍音構成的に低いところが高速で立ち上がってちゃんと聴こえる弾き方になるので、「指によって音がバラバラになる」ということが無くなっていきます。

 

これはマルチフィンガーの実践において非常に重要なポイントですよね。

 

薬指の場合、必然的にブリッジ寄りのポジションになってしまう面もありますし、それで余計に音質が変わってしまいがち。

 

大体の場合、コンプで揃えたり電気的な加工で何とかしてしまおうとするものですが、音が抜けなくなったり平坦になったり、そこに様々な弊害も考えられるわけです。

 

自分の指だけで何とかできるのであればその方が絶対に良いでしょう。

 

www.pompombass.com

 

縦振動のタッチと脱力

 

(3)に関しては3フィンガーに限った話ではなく、演奏そのものにおいて最重要とすら言ってもよいキーポイントでしょう。

 

「太い音を出す」

 

と言うと、すごく力を入れるようなイメージをしたり、実際、縦振動に対してそんな奏イメージを抱く人もいると想像します。

 

でも、実際は逆なんですよ。

むしろ力を入れていたら縦振動はできません。

そもそも弦を綺麗に十分に振動させることもできなくなる。

 

そんな一生懸命に頑張って弾いてたら、指がスムーズに抜けなくなってしまいます。

それだけ弦振動も暴れてしまうので、逆に見せかけだけの音になりがちです。

 

「振りかぶらない方がいい」

 

という前述の話はこのあたりにも絡んでいますね。

バチバチと派手な音って中身の詰まった低音が出てないパターンも実は多い。

 

「ただ指をぶつけてるだけで弦は振動していない」

 

これでは音は痩せ細ってしまいます。

弦がしっかり振動してエネルギーが発生するからこそ、音は大きくなり太くもなるわけですね。

 

縦振動のタッチの習得というのは、そこに真剣に向き合うことだと感じる次第。

 

【スポンサーリンク】
 

 

必殺技として使うのも最高

 

「3フィンガーが必要な場面がある!」

 

と考え習得も目指すということは、それだけ高速なフレーズが求められての必然だと想像します。

 

「べつに使わないんだけど何となく全部鍛えとこ~」

 

こういう人がいたらそれは相当に珍しいパターンでしょう。

 

全部の指を使うけど速弾きなどには一切興味がないって人には出会ったことがありません。

それか、ベース以外から入ってきた人なんじゃないかと。

 

それはともかく、もしも通常のバッキングで使うとかそういうことではなく、

 

「ソロで目立ちたい!」

 

という理由で身に着けたいのであれば、これはもう、やるべきことは分かりやすいですね。

 

太い音がどうたらとか音の粒がどうとか堅苦しいことは抜きにして、

 

「自分の好きにやる!」

 

これが一番です。

 

・その荒さや粒の乱れがスピード感になる

・バッチバチ言っちゃってるのが攻撃的なドライブ感になる

・ズギャアアァア!って歪ませてゴリ押しするのが格好いい

 

こういう特化した使い方をするのも面白いですし、実際、スタンリー・クラークの強引な6連のパターンなんかには痺れるものがありますね。

 

あれで小奇麗にちぢこまっていたのでは迫力が出ないし勢いも台無し。

バッキングの実用性なんたらとか考えず、自分のサウンドを主張することだけを考えた方が良い。

 

「普段は2フィンガー」

 

「いざって時に3フィンガー!」

 

この考え方も普通にありですし、こちらの方が面白く個性的に使える可能性もあります。

 

自分が弾くとしたら、こういうパターンも好きですね。

単純にやってて爽快感があります。

 

www.youtube.com

 

いずれにせよ、3フィンガーを習得することでまた新たな表現力が身に付くことに間違いはありません。

 

自分の話をするならば、1フィンガーとのコンビネーションをメタルのバッキングで使ったりもしますし、他にも応用が利くところが沢山あるはず。

 

3フィンガー、出来るようになると楽しいですよ。

常時使うにも限定的に使うにもおすすめ!

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】