エフェクター・プリアンプ探しについて おすすめは非情

エフェクターとプリ探し 目次

 

 

自慢の愛機の存在意義は?

 

エフェクターやプリアンプなど、そういった機材をいろいろ試したり集めるのも好きな人だったら当然、使用する楽器本体の方にもこだわるものだと想像します。

 

高い確率で自分なりのこだわりが詰まってる一本を選んでいるはず。

自分の音をつくり上げる為、個性を見つける為、日々奮闘していることでしょう。

 

一方、その自慢の愛機を無視したキャラ付けをしたり、足元やアンプの方に音づくりの権利を委ねていたりしたら、それはちょっとどうかと思うところ。

 

せっかくの愛機の存在をないがしろにしてしまうというのは悲しい話ではないかと。 

 

説教くさく聞こえるようかもしれませんが、現実問題、素の状態では自信がないとか愛機だけじゃ不安があるとか、そんな状態に陥っているのも決して珍しいことではないはず。

 

本当にそんなに色々必要なのか?

 

何十万かそれ以上もかけた楽器なのにもかかわらず、搭載されているのが定番のプリアンプ、またはそれにも劣るような安っぽくいい加減なものなのではいただけません。

 

高い楽器を手に入れたからと言って、内蔵されている回路まで優れているとは限らない。

 

それに加えさらに、安っぽいエフェクターを通して加工したり、よく分からないコンプとかで平坦に揃えるとか、こだわりの愛機もクソもないやり方を選ぶのは辛い。

 

実体験から言えば、定価30~40万もするような楽器がフェンダージャパンの普通のジャズベに圧倒的敗北を喫したことなどもあったり、「なんじゃそりゃ」と言いたくなる現実もあるのがこの世の中。

 

作ってる方も実は音に自信がないとか、定番品しか知らないとか、そんな理由でPUやプリアンプをテキトーに選択している可能性は十分にあります。

 

ほんと、高いやつより普通のパッシブベースの方が100倍良かったのはショックでしたね・・・

 

パッシブ至上主義を掲げたりアンプ直派を気取るつもりはありません。

でもそれにしたって、「そんなに色々通す必要あるの?」と疑問になることが多いのは確か。

 

「エレクトリックなんだからトータルしてひとつの楽器!」

 

と言うのも分かりますが、元の音が何だか分からないぐらいにまで加工するというのは正直、本末転倒な行為に思えてなりません。

 

【スポンサーリンク】

 

 

高額高級というまやかし

 

自分だけの理想をシステムを構築しようとする際、

 

「音が良ければ幾らでも!」

 

という思考に陥りがちなのが機材オタクの悲しいところ。

高価で手が届かないものに憧れたり、過剰な幻想を抱いたり、よくあることでしょう。

 

しかしまぁ、何と申しますか、その憧れも虚しいっちゃ虚しい。

誤解満々な言い方をするならば、値段なんてのは売る方が適当に決められるもの。

 

音に関係なくても装飾を頑張ればその分だけ高くなります。

ちまちまやってればその手間賃で高くなります。

もっと言えば「ただの気分」で変えられます。

 

そう考えれば、

 

「高いから」

 

なんて理由で憧れることに意味など無いと自分は考える次第。

 

エフェクターの実用性で言えばBOSSなんてのはもう、それだけで十分に完成されている製品。

無理にモディファイする必要性なんかもない印象。

 

「もう一歩なにか!人とは違うものを!」みたいな心理というのも確かによく分かります。

 

けど、それを利用してよく分からないモディファイ品が横行したり、悪い意味で話題になってたりするのを見るとちょっと悲しくなりますよね。

 

実際、友人がモディファイのBD2とか持ってましたが、「結局オリジナルの方が良かったわ。あっちは綺麗な音がするだけで駄目。」って感じで補欠放置。

 

自分のタッチと愛機に自信があるのなら、そんな変なものに無理して手を出す必要はないし、ましてや憧れる必要も幻想を抱く必要もないでしょう。

 

「たかがエフェクターにそんな大金かけないよ。」

「出しても1個1万円まで。」

「面倒だからもうマルチで十分!」

 

なんて割り切ってる方がよほどに健全ではないかと。

 

実際、結構な大物ミュージシャンがベース1本マルチ1台で数々の現場をこなしているのを知っていますが、ああいうのを見ると本当、「こだわりって何なんだろう?」と考えさせられます。

 

負のオタク・マニア的浪費に快感を覚えないのは素晴らしいことだと戒めにもなる。

 

パッシブで何も通さないという選択

 

バッファだのインピーダンスだの言いたくなることは沢山あります。

でもそんな問答は無用。

とりあえず一本はパッシブベースを持っておいた方が良いでしょう。

 

ジャズベでも良いしプレベでも良いし、シンプルなのを弾いてると絶対違う。

強引に言うならば、好み云々も関係ありません。

基準をつくったり色々と感覚をリセットしたり、そのために持っておくのでも良い。

 

その中でもあえて自分の好みを言うならば、

 

・普通のジャズベ

・軽いアッシュボディ

・メイプル指板

・普通のブリッジ

・普通のシングルコイル

 

こんな感じがおすすめですね。

 

ボディをコンパクトとかにしなくていいです。フルサイズが良い。

 

ネックシェイプを工夫したり薄くしたり、ハイポジションが弾きやすいようジョイント削ったりとか、そういう小細工も要りません。

 

ブリッジもゴツくなくていいし、PUもハム構造とかそういうのじゃなく普通にシングルコイルでいい。

 

本当に普通なぐらいに普通なのがおすすめ。

 

【スポンサーリンク】

 

 

基準を作る育てる

 

上記のジャズベなどの場合、スペック的には超つまんないかもしれません。

でも、そこがミソなんですね。

 

・これ以上が欲しくなる理由はなんなのか?

・個性を特化させるなら何を求めるべきか?

・自分の理想はどこにあるのか?

 

シンプルなものを弾き続けることにより、こういった目標目的をクリアにしやすくなるはず。

 

楽器もエフェクターもアンプも基準がない、選択が滅茶苦茶、特性も機能も良く分かってないとか、これだとほぼ確実に迷走するし失敗するでしょう。

 

と言うことは、それだけ浪費することにもなるし、それが延々と続くことになる可能性も高い。

 

考えてみてください。

 

・楽器本体のプリアンプ

・足元のプリアンプ

・ベーアンのプリアンプ

 

この時点で3種類のEQを操作する必要性があるわけです。

 

全部フラットで何もしないならともかく、積極的に音づくりをしようとすると大変なことになります。

ブーストオンリーの音づくりしか知らないようだと壊滅的な状況にもなりかねない。

 

加えて、歪みやら空間系やらエフェクターを通したり、コンプまで使ったり、さらにプリアンプやイコライザーまで追加したり、ずらっと並べたら一体どうなるか?

 

しかもそれを、大本の基準も出来上がってないような状態で使いこなそうとするという。

補助輪がないと自転車に乗れないのにロケットエンジンを積んでみたいとか、そりゃ無茶というもの。

 

あれこれ弄ったりこだわる前にまず、シンプルに元を固めた方が絶対おすすめですね。

 

答えは札束にも足元にもない

 

好奇心旺盛だったり、色々な音に興味が湧くというのは素晴らしいことです。

今の時代、情報が溢れているぐらいにもあるし、それに触れるだけでも楽しくなる。

 

でも、それが原因で迷路に入り込んでしまうというのはどうかと思うところ。

何年経っても何十年経っても出口が見えてこないなら尚更ですね。

 

楽器本体にしても悔しいかな、いくら金をかけようとフェンダースタイルを否定しようというのはほぼ不可能。

 

自分の場合、定価40万ぐらいの工房製ベースがフェンダージャパンに叩きのめされました。

 

他にも30万クラスのベースが相手になりませんでしたし、100万円だそうが10万円以内のジャズベに負けるとか普通に考えられます。

 

本当にそんなものなんです。

 

何も迷わず答えに辿り着けるわけがないと思う一方、あまりに遠回りをしたり無駄遣いをしたりなんてことになっていたら、それはやっぱり疑問が湧いてしまう。

 

単純に損ですよね。

お金も時間も勿体ない。

 

迷いがあるなら一度シンプルにしてみる。

そこから自分に何が必要か取捨選択していってみる。

それで絶対に良い方向に進むことができるでしょう。

 

これが古い考えと言ったら、そもそもエレクトリックギターもベースも時代遅れの産物ということになってしまいます。

 

「何も通さない!」

 

まずはこれが一番おすすめ。

パッシブを知らないなら尚更ですね。

 

【ブログカテゴリー】