スラップとベースアンプ ツイーター・キャビについて

スラップとベースアンプとツイーター

 

 

生音とベースアンプから出る音のギャップ

 

スラップが好きな人の場合、生音でバシバシやるのも好きなんじゃないかと想像。

 

新品弦の「ジャリーン!バキーン!」と響く新鮮なアタックや倍音は、問答無用で気持ちいいものです。

 

指弾きでもピック弾きでもそれは同様かもしれませんが、特にスラップというのはそういった特性がよく出る奏法と言えるでしょう。

 

 

しかし、そんなアタックと倍音を劣化もクソもなく問答無用で潰してしまうのが、レンジの狭いベースアンプ。

 

本来なら「ドゴッ!ジャキッ!」と決まるはずが、ボワ~ン・・パウゥン・・」と何ともだらしなく響くから辛い。

 

ヘッド自体の特性が悪かったり癖が強いのもひどいですが、スピーカーの方も本当に救いがないものが多いですね。

 

「ベースなんて低音が出てりゃいいんだろ?」

「大して聴こえる必要なんかない楽器だろ?」

「要はギターの手下なんだろ?」

 

こんな感じに作られてるものには心底がっかりします。

何十年前の感覚のまま止まってるんだと声を大にしたいところ。

 

現実問題、そんなものがリハスタやライブハウスの定番、帝王のように居座ってるから恐ろしい。

 

スラップが超上手い人が増えているのだからこそ、もっと声をあげるべきではないでしょうか。

 

「ベースアンプが嫌いだ!」

 

せっかくの超絶テクニックも音が団子になってしまう、何やってるか全然分からない、音像も曖昧、音が飛ばない抜けてこないとか、こんな虚しい話はありません。

 

今やプロの現場で使えるような楽器が当たり前に手に入る時代。

PAシステムも激安で手に入るし普通に使えてしまう世の中。

自宅でレコーディングだってできる時代でもあります。

 

ヘッドホンでクリアーなサウンドを体験している人も多いことでしょう。

にもかかわらず、使うアンプは何十年前から変わってないなんてのは明らかにおかしな話。

 

そんなに良いのか?ベースアンプ?

ず~~~っと長いこと疑問でしかたありません。

 

ツイーターの存在を知ろう

 

簡単に言うと、

 

・低音担当=ウーハー

・高音担当=ツイーター

 

こう考えておけば、とりあえず問題ないでしょう。

 

全音域バランス良くフルレンジに鳴らしたいのであれば当然、両方を組み合わせた方が下から上までスムーズに無理なく再生することができます。

 

餅は餅屋、ウーハーのみに対しフルレンジを求めるのは辛い。

 

ベーアンで大問題なのは、『ツイーターが付いてない物』が当然のように存在してること。

と言うか、そんなものがスタンダードだったりするから恐ろしい。

 

要するにどうやったってフルレンジにはならないんです。

新品弦の気持ちいい倍音、本来の音なんか全然出てくれないから困ります。

 

前述の通り「低音出てりゃいいんだろ?」と舐められてるわけです。

「ベースなんて下でモワモワ鳴ってりゃ十分だろww」って感じの扱いです。

それが世の中の基準としてず~っと大きな顔をしているんです。

 

そこに抵抗するために、エフェクターやプリアンプなどでハイをブーストしたり派手な音づくりをしようとする人も多いのかもしれません。

 

しかし、そんなベースアンプでどんなに頑張っても結果は大したことない。

そもそもの担当者が存在しないんだから、上の帯域なんか綺麗に出てくるわけがない。

 

ベーアン対策の音づくりをしたって、そのセッティングがPA側にとっても良いのかは別。

無理な加工でシャリッシャリな信号になってるとか、そうなってるようだと悲惨。

 

そんな苦労なんかせず、最初からフルレンジでスムーズに高域が出てきてくれれば、極端にハイをブーストする必要なんて無くなっていくはず。

 

「ハイがうるさい音が細い・・ローを足そう・・抜けてこないからハイを足そう・・音が細い・・ローを足そう・・・抜けない・・・ハイを・・」

 

こんな無限ループに陥るのは実に無駄。

 

何もせずそのままで十分な輪郭が出てくれれば、無理に加工する必要なんかない。

スラップに限った話でなく普通の指弾きでも、音程感や音抜けは確実に変わる。

 

音量を上げまくるような必要もなくなってくれば、中音にしても外音にしてもスッキリ聴こえやすくなるでしょう。

 

ベースアンプをただのモニターとして考えるなら、尚のこと、フルレンジにするのを避けて音抜けを悪くする意味、解像度を下げる意味が分かりません。

 

力いっぱい弾いたり必死に楽器を鳴らす必要もなくなれば脱力もしやすくなるし、より優れたパフォーマンスにだって繋がるはず。

 

絶対、ベースアンプに対する疑問ってもっと持った方がいい。

スラップにこだわりたいなら尚更ですね。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ツイーターがあってもOFFじゃ意味がない

 

さすがに今の世の中、スタイルの多様化に合わせてツイーター付きのキャビも多く出てきています。

 

そういったキャビを備え付けている所も増えているかもしれません。

 

でもそれで安心かと言うと、まったくそんなことはないんですよね。

ツイーターがオフにされてる可能性もある為、それではハイカットされたままで意味がない。

 

キャビの裏側にツマミがあったら、大体はそれがツイーターのボリューム。

完全オフだとレンジの狭いベーアンと変わらない為、好みに合わせてそれを足していくと変わります。

 

あまり強烈すぎると他の楽器に嫌われたり、耳障りでしょぼいベースサウンドになりかねないので、慣れないうちはそのあたりのバランスの取り方が難しく感じることはありそうです。

 

積極的に歪みを使う人の場合、ツイーターとの相性があまり良くないことも考えられます。

 

でも本当、EQでハイを足しまくるなんてことをするぐらいだったら、まずはツイーターの存在に目を向けるべきでしょう。

 

アンプ側が根本的におかしいのに、それを何とかしようと必死になったりエフェクターを並べたり、それはあまりに不毛としか思えません。

 

懸念事項があるとすれば、ツイーター有りのキャビと操作で問題なのは、対バン方式のライブとかだった場合。

 

他のバンドのベースさんがツイーターの存在を知らないようだと、気の毒なことになってしまう可能性があります。

 

「おかしい・・なんでこんなハイが出るんだろう・・・」

「さっきと全然違う・・音が作れない・・・」

 

なんて目に遭わせてしまうか、逆に自分がそうなってしまう可能性があるわけですね。

暗い中とか転換が忙しい場合、いちいちツイーターの操作にこだわってる暇もない。

 

セッティングを早く終わらせる意味でも、あらかじめツイーターがあるキャビかどうかを確認しておくことが大事でしょう。

 

「今日は渋く甘い音でやるぞ~」と思ってたら、本番で中音が超ギンギン、ジャキジャキになってたとか笑えません。

 

ベースアンプは大体おかしな音がする

 

ベーアンに文句ばっかり言ってますが、自社独自の物を売るなんてのは当たり前の話。

商品としてアンプにキャラ付けをするのは何もおかしなことではありません。

 

「ベーアンが嫌い」ってのも完全な自分の独断と偏見です。

 

でもね、オーディオ面とかハイファイ面しておきながら特性めちゃくちゃとか、そういうの本当に勘弁してほしいんですよ。

 

「ツイーターがあればフルレンジ!」なんて都合よくいけばいいんですが、悲しいかな、ベーアンはこの辺のバランスがおかしいやつ多いんですよね。

 

要するに、「いかにもベーアン」なところにやたらうるさいツイーター付けただけとか、そんな感じのものがあるわけです。

 

帯域による分離感がひどいとか、聴こえてくるのはモワモワとシャリシャリだけとか、そんな出音にうんざりします。

 

「上がない?ツイーター足しゃあいいんだろ?」

 

こんなノリで作られたものを弾いたら、そりゃツイーター嫌いになりますよね。

チャリチャリ、ガリガリ、耳障りで不快なところが増えるだけだから最悪です。

 

「ツイーター=シャリシャリ」みたいなイメージを持つのも、そんな物を作り続けるのも勘弁願いたい。

 

【スポンサーリンク】
 

 

ベースの明日の為に

 

こういうアンプの何が怖いって、無茶苦茶なところからのスタートになってしまうことですね。

 

ヘッドもキャビも両方おかしいのに、そこからさらに加工、そこに合わせて楽器を選んだり、遠回りを重ねて音づくりをしていくという、なんとも不毛な話。

 

基準から何から狂ってる中、手に入らない正解を探すはめになる地獄絵図。

 

自分は本当、ベースアンプにはもう興味が湧きません。

出口も答えもない無限地獄に陥ることが目に見えている。

 

せっかくスラップの上手い人が増えてるんだから、ベーアンの認識も改めた方が絶対に良い。

 

鍛え上げ磨き上げた技術、それがレトルト食品とかインスタント食品みたいな扱いで勝手に加工されちゃうとか、悲しいとしか言い様がありません。

 

スラップが上達しないなんて悩みを抱えている場合、ベーアンがしょぼい故の苦手意識を植え付けられている可能性なども十分に考えられます。

 

一生懸命に叩いても引っぱっても、酷いアンプじゃちゃんとした高域は出てきません。

どんなに理屈じゃなく魂こめたって出ないものは出ない。

 

レンジの狭い音が好きならそれでもべつに問題はありません。

問題は『狭い』という選択肢しかないアンプが多すぎるってこと。

なんでもカレー味、ケチャップ味にマヨネーズ味って感じにしちゃうから怖い。

 

繰り返すようですが、ベースを弾いてるならベースアンプに対してもっと疑問を持つべきですね。

スラップ好きなら尚更、自分を活かせるアンプを見つけた方が良い。

 

世の中、もっと変わっていってほしいですね。

ベースの音に関心持ってほしいし、愛してあげてほしい。

 

ベースが好きだからこそ、あえて言いたい

 

「ベーアンが嫌い」

 

20年ぐらいず~~と言い続けてますこれ。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com