スラップが上達しない根本的な原因について考える

スラップができない理由を考える

 

 

道具が悪い

 

いきなり軟弱全開のようですが大真面目な話。

自ら状況を厳しくしてどうするのかと疑問を持つべき。

 

・軽トラでF1マシンに挑む

・バトンで大リーガーの剛速球に立ち向かう

・ボーリングの球でサッカーしようとする

 

超極端に言えば、こんな感じなことをやってそうな人もいるかなと。 

 

奏法のコツ云々ではなく、そもそも道具の選択を誤ってて不要な苦労をしている。

上達できるはずのないことをやってしまっているのが問題。

 

そこに気付かず目を向けず「才能ない・・」と諦めるのはどうかと思うところ。

 

「初心者でも出来る!」なんて教則物をいくら見ても非効率なものは非効率。

スラップするのに厳しいベースを使っていては根本的にまずい。

 

たとえば「フレットレス」と言うと、多くの人がスラップには向かないイメージをするかもしれません。

 

でも、それも結局は楽器本体のクオリティ、セッティングと弾き方次第。

バキバキ鳴らしやすいようにすればそれにちゃんと応えてくれます。

 

www.youtube.com

 

逆を言えば、どうにもならないものではいくらやっても辛いだけ。

才能がないとか根性が足りないって問題ではなく、弾いてて楽しくないんじゃ意味がない。

 

気持ち良く弾ける楽器を手に入れれば絶対に違う。

上達のスピードもコツの認識も変わるもの。

 

声を大にしてそれを伝えたいですね。

 

楽しくないから上手くならない

 

子供の頃のスキーの思い出とそこで悪戦苦闘した記憶。

脱線なようですがこれも大真面目な話です。

 

「どうやっても滑れない・・前に進まない・・」

 

恥ずかしさと共に悔しくて泣きたくなりました。

いくら練習しても全然だめ。

 

「俺はやっぱり運動音痴なんだ・・」と絶望しましたね。

恥かいて馬鹿にされ笑われるのかって辛くなる。

 

そんな中、「どうもおかしい・・」と父親が何かを疑問に思った様子。

妙な違和感を放っているスキー板をなんだか怪しみます。

 

そして潤滑剤みたいなものを試しに塗ったところ、あら不思議。

嘘のようにスイスイ滑れるようになってしまいました。

 

もうほんと、通販の世界です。

 

「ワオ!?」

 

完全に世界が変わりました。

 

これ、実に酷い話でして、レンタルしたスキー板が古かったのか調整不足だったのか、『板の底にべったり雪が張り付く』というものだったんですよね。

 

要するにですね。

 

滑るわけがない。

 

無駄な努力。

 

いくら頑張っても無理なものは無理。

 

それが分かって対処してからは実に楽しくスキーを満喫。

絶望して泣いて落ちこんでたのとは一変、楽しいのなんの。

上達もそれだけ早くなるし面白くならないわけがありません。

 

でも本当、それに気付かずあのまま行ってたらどうなっていたことか。

遠出して恥かかされて怒られてとか子供はトラウマになっちゃいますよね。

高確率でスキー嫌いになるし「二度とやらない!」ってなるはず。

 

多少強引な繋ぎではありますがスラップだって同じでしょう。

そもそもの楽器の選択を間違ってたんじゃ楽しくない。

自分に合った調整をしないんじゃ良い楽器でも台無し。

加えてアンプまでしょぼいんじゃ救いがなくなる。

 

努力の結果がちゃんと出る、報われる楽器で楽しむのが何よりですね。

 

【スポンサーリンク】

 

 

凝った楽器は大体失敗する

 

高級なほど良いかと言うとそうでもないと感じます。

むしろ、上品で綺麗な楽器になるほど、スラップな方向からは離れていく気がするところ。

 

だったら捻りも何もなく、無難にジャズベースの方が良いですね。

 

それも変な木を使ってたり無駄に金をかけてるやつではなく、アッシュボディとメイプル指板とかスタンダードなのがおすすめ。

 

フレット数が増えるとそれだけスラップの邪魔になったりもしますし、音も軽くなったりあまり良い印象がない。

 

好みの問題と言えばそれまでですが、意味も理由もなく無理にフレット数を増やすことはないんじゃないかと。

 

後、ジャズベの場合、ピックガードが付いているのも美味しいポイント。

弦とボディとのスペースが大きく空いていると結構な影響があります。

 

指が深く入りすぎると安定しなくなったり弾きづらくなるので、ピックガードが有ると無いのとでは驚くほどに違いが出ます。

 

大体、ピックガードの厚みは2mmがスタンダードだと思いますが、このあたりにこだわる人は3mmにしたり、それより厚くすることも決して珍しくはありません。

 

より弾きやすくする為、そうやって試行錯誤するわけですね。

 

ジャズベはスタンダードな分だけパーツ類も豊富。

音の基準づくりも設定もしやすいのが魅力。

いきなり反れて無駄に苦労するより、基本を押さえておくに越したことはありません。

 

www.pompombass.com

 

セットアップが滅茶苦茶なのはまずい

 

スラップするならここが大事でしょう。

調整・管理が悪かったり、生音レベルで腐ってるとどうにもなりません。

 

・弦が太すぎる

・弦が古く死んでいる

・弦高が異常に高い

・ネックが反りまくってる

 

これで苦労してるなら前時代的すぎる。

そりゃ心も折れます。

 

弦高を下げまくるのをどうかと思うのは確かですが、一方、敷居を無理に上げる必要もないと考えるところでもあります。

 

特に初心者だったら尚更ですね。

意図的であろうとなかろうと、音が出ないようにしてどうするのかと。

 

「お!いけるじゃん!」

 

この手応えを掴むだけで人は急激に成長したりもするもの。

出来なくてつまらないことを前提にしながら進もうとするのは、苦行じみていて疑問が湧きます。

 

そういった意味では、

 

「弦高を全然下げられないベース」

 

こういった欠陥とも判断できる問題を抱えた楽器を疑問視するのも大事。

 

そもそもの設計も作りもよろしくない、ネックがふにゃふにゃで調整できない、フレットの仕上げもテキトーなど、そういう楽器を弾くのはただ辛いだけ。

 

そういう意味では初心者向けの楽器というのは大体の場合、

 

「プロでも心が折れるきっつい道具」

 

こういうものであることが多いんじゃないかと。

素直に楽に音が出てくれる楽器はそれだけ上達もスムーズになります。

 

【スポンサーリンク】

 

 

やり方を知らない・動きを知らない

 

情報が溢れてるこの時代、ほぼ心配はないかと思いますが、手本も何もなく立ち往生する状態になってしまうのはいただけません。

 

『動きを見る』

 

これは本当に最重要というぐらいに大切なこと。

 

たとえば、

 

「親指で叩く」

 

もはや常識、スラップという言葉があるのも当然の現代。

 

しかし、こんな超基本的なことすら分からない時代、そもそも奏法として存在してないも同然の世界があったのも確かなわけです。

 

たとえば、自分の動画の中から上げるのであればこれ。

親指のアップストロークも使用していますが、知らなければなかなかできない奏法かもしれません。

 

と言うか自分自身、スラップにアップダウンなんてやり方があることをまったく知りませんでした。

 

www.youtube.com

 

音楽のことについて研究する場合、耳の方に意識が行きがちかもしれませんが、やはり『目』から得られる情報というのもすごく大きい。

 

「見て真似する」

「やって理解する」

「分からない事は勉強」

 

これをまったくせず、完全オリジナルの動きとスタイルを身に付けようというのは、かなり無謀な話。

 

変に遠回りするぐらいなら動きを真似して研究する方が早い。

それか素直に習ってしまう方が良い。

意味のある試行錯誤が大事ってことですね。

 

「甘えるな!耳コピだ!ぜんぶ耳でやるんだ!」なんて人もいそうだけれど、気持ちは分かる一方、もはや時代遅れというものでしょう。

 

音だけを聴いてイメージでやるというのは相当な困難。

「スラップ」なんて言葉すらなかった時代の精神論や方法論をいまさら強制するのもどうなのかと。

 

確かに、悪戦苦闘・試行錯誤してきたものが身になるのも分かります。

実際、そう高めてきた人の独特なテクニックというのは、なかなか真似のできない素晴らしいものだったりする。

 

でも、それを全ての人に望むというのは酷な話でしょう。

 

ましてや自分が弾けるからと言って、それを鼻にかけるのはよろしくない。

「楽器を弾く資格」がどうなどと語り出したり、選民的な意識を持つのは反対。

 

妙なプライドを持つことに意味は感じません。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

鍛えてないからできない

 

前述の流れから一転して精神根性論になるようですが、現実問題、これも大事。

 

楽器というのは自分の体を使って演奏するものなわけですから、自身を『それ用』に仕上げることが大切なのは言うまでもありません。

 

自分の話をするならば中学時代、机の角を親指で叩いて鍛えたりもしましたし、頑丈な親指を作り上げようと努力していました。

 

アホな話のようですが、そういう普段からの積み重ねというのが意外なほど効果を発揮するものだと思います。

 

楽器を持ってなくても練習できる、鍛えることができる、そうやって蓄積ができるようになっていくと飛躍的に上手くなっていくはず。

 

『体づくり』

 

これは本当に大事ですね。

短期的に考えたり諦めず、長期的に地道にやっていくのが重要。

千里の道も一歩から。

 

【スポンサーリンク】
 

 

好きこそ物の上手なれ!

 

身も蓋もなくひっくり返すようですが、そこまでの情熱が湧かないようなら、「特に必要なでもない奏法」と考えることも選択肢のひとつ。

 

べつにスラップできる奴が偉いわけじゃありませんし、無理してやる必要もありません。

嫌味皮肉でもなんでもなく、自分の好きなことやりたいことをやるのが一番。

 

「スラップ上手くなりたい!」

「どうすればいい?」

 

「スラップ好きになる」

 

基本中の基本でしょう。

本当に好きなら勝手に研究するだろうし上達もします。

 

ただ、前述のスキー板のように、道具を誤ってるとそれが理由で嫌いにもなるから、そこは怖いところですね。

 

道具の面など、そんなことが原因で諦めてしまうのは絶対にもったいない。

 

上達しない理由・要素をさらに追加するのであれば、

 

・凄い音を知らない

・良い楽器を知らない

 

これも本当に深刻な問題だと声を大にして言いたいところ。

 

自分が愛用するジラウドフルチューンのベースなどをフルレンジのシステムで叩いてみれば分かります。

 

確実に世界が一変します。

上達のスピードも激変します。

気持ち良すぎてずっとスラップやってられます。

 

良いものに触れるからこそ好きになる。

だからこそもっと好きになれるという面は絶対にある。 

滑らないスキー板で頑張るぐらいなら滑るスキー板で楽しみましょう。

 

スラップやりにくいベースで頑張るんだったら、めっちゃくちゃスラップで良い音がするベースで挑んだ方が絶対楽しいですよ。

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

【関連&おすすめ記事】

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com