弦の寿命、節約について考える (4) ジラウドフルチューンのすすめ

まずは動画

 

言葉だけだとステマだのオカルトだのうるさい人もいそうなのでとりあえず動画でも。

 

弦を数年張りっぱなしのフレットレス。

そこにJFDT-Cのスラップモードを使用して鳴らします。

 

最初は本体のパッシブトーンを使用し甘い音を出し、その後にそれをスルーしてレンジを思いっきり広げるというやり方。

 

www.youtube.com

 

こっちの動画は最初から最後まで完全スラップモード。

フレットレスでもバッキバキの音が簡単につくれます。

 

www.youtube.com

 

ジラウドフルチューン

 

「ワイドレンジなベース」と来ればジラウドに並ぶものはこの世に存在しないでしょう。

20年以上ベース弾いてますがジラウドを超える反応と特性には出会ったことなし。

 

ノーマルチューンのままでも十分凄いのにフルチューンはさらに別物。

張りたての弦だったらトレブルを大幅にカットして丁度いいぐらいかもしれません。

 

自分の好みを言うなら指弾きで良い塩梅にするには1~2ヵ月弾いてからって感じ。

弦自体のクオリティも高ければそうそう交換する必要性は感じません。

それぐらいフルチューンのサウンドは次元が違います。

 

JFDT-C スラップモード

 

驚異的なワイドレンジを実現したいのであれば四の五の言わずスラップモード。

こいつを使っちゃうのが一番早いし一番分かりやすい。

 

マグネットPUで鳴らすにもかかわらずその特性はもはやアコースティック。

弦の倍音もアタックも常識からは異次元レベルで綺麗に再生。

よく言う「ドンシャリ」なんてのは生ぬるい。

あんなの癖が強くて気持ち悪いだけ。

 

繰り返すようですが、前述の動画のスラップサウンドは何年も張りっぱなしにしてある弦とフレットレスによるもの。

 

こなれた弦による指弾きに美味しい特性から一転、活きの良いスラップサウンドに変貌も可能なのがJFDT-Cの凄いところ。

 

弦代節約に貢献なんてもんじゃありません。

フレットレスに関しては本当、弦交換の必要性を感じなくなります。

 

音抜けとかアタック感に悩んでるんだったらフルチューン。

そしてスラップモードを試してみればその瞬間に世界が変わるはず。

 

【スポンサーリンク】

 

 

メビウスPBはやばい

 

JFDT-Cとはまたちょっと違う存在なのが、

 

『Mobius』

 

これもジラウドならではの素晴らしい回路。

 

印象としてはもっとボトム寄りな感じ。

プレベに対する相性が抜群。

 

ただその為、JFDTのスラップモードなどと比較した場合、ちょっと高域の方が物足りない感があるのも正直なところ。

 

レンジの広さで言えばJJスタイルのスラップモードがやっぱり最強だと納得。

 

なんて思ってたらブッ飛ばされたのがプレベのメビウスフルチューン。

さらにそれをも超えてきたのがジラウドのPJ。

そのあまりのサウンドにひっくり返りました。

 

あれを弾いたら本当、「プレベはレンジが狭い!」とか言えなくなっちゃいます。

スラップモードなんてものを使用するまでもないそもそもの特性の素晴らしさ。

 

「実はプレベって超レンジが広い!」

 

ジャズベよりもとんでもない特性を秘めていた事実に驚愕。

異次元のワイドレンジサウンドに色々崩壊させられること間違いなし。

 

余分はカットできるけど逆は辛い

 

出過ぎているものは抑えてしまえばいい。

ちょっとカットするぐらいなら音像も崩れません。

音がすっきりすると色々扱いやすい。

その方が実用的なサウンドになることが多いのも現実。

 

逆に出ていないものを持ち上げるのは大変。 

根本的にレンジが狭い、アタックが弱い、抜けてこない。

こういう楽器を弾くのはま~疲れます。

 

にもかかわらず、エフェクターやプリアンプでどうにかしよう、とにかく後付けで何とかしようというのは本末転倒。

 

だったら最初からレンジが広い、アタックが出る、音がバンバン前に出てくる、そういった楽器を使った方が早い。

 

無理に過剰に意識せずとも自然に実現できると凄く楽。

フルチューンはブーストしない素の状態でもめっちゃくちゃ抜けてくるから加工も楽です。

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

やるべき事をやってるのがジラウド

 

複雑そうだけどジラウドのやってることは案外シンプルで分かりやすい。

ワイドレンジと言ってもそれはPUの信号を劣化させず出力しているだけ。

それを電気的に自然に変化させているという話。

 

実際、他社製の楽器をフルチューンにしてもいまいちだったとか、思ったような結果にならないなど、そんな事例が沢山ある様子。

 

PUそのものが高域を拾ってないんじゃブーストしても無駄。

そもそも楽器本体の鳴りがしょぼいのではどうにもならない。

 

「常に新鮮な弦でないと音抜けを保てない・・」

「すぐ倍音も音程感が悪くなって聴こえにくくなる・・」

 

そんなことで無駄に消耗、浪費するぐらいだったら、ジラウドのベースを一度弾いてみることをおすすめします。

 

同時にタッチも鍛えれば音は良くなり弦も長持ち。

経済的にも音楽的にもなる一石二鳥。

 

パッシブ派、アクティブ派、ドンシャリだなんだと議論するのはもうアホらしい。 

根本的な特性の悪さに頭を抱えるんだったら特性の良い楽器を弾いちゃった方が絶対早い!

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com