ベースブログ1周年の感想 継続すれば楽しくなるしアクセスも確実に増える

ベースブログを一年続けてみて 

 

 

ブログの運営は楽器の上達と似ている

 

恐らく多くの人が挫折するのがブログとその更新。

すぐに飽きるか心が折れるか、なかなか続かない印象が強い。

 

かく言う自分も最初は長文なんか全然書けませんでした。

そもそもの話、そんな真面目に書く気もなかったのも本当のところ。

 

とりあえず決めていた事と言えばこれ。

 

「なんでもいいからまずは100記事書いてみるか」

 

適当でもべつにいいやと更新していた次第。

画像を一枚貼ってちょっと説明して終わりとかそんな記事もあります。

 

しかしまぁ、大層な志などなくても意外と続いてしまうもの。

質はなくとも数をこなしていけば慣れていくのだから面白い。

 

一日数小節コピーするのがやっとだったのが、だんだんとペースが上がって一曲できるようになったとか、作曲までするようになったとか、そんな感じなのかもしれません。

 

今では280記事を超えているこのブログ。

続けているからこそ書けることも質も変わっていくものなんだと実感。

 

ブログをやめる理由・続かない理由も似てて面白い

 

楽器の世界でもブログの世界でも感じる共通点。

挫折する理由が似たように思えるのが興味深いところ。

 

・才能がない

・何をしたらいいのか分からない

・モチベーションが保てない

・誰も相手してくれないから虚しい

・時間がない

 

こんな話がよくあるなと。

 

その一方で自分みたいなテキトーでいいかげんな人間の方が続いたりもする不思議。

もはや皮肉とも言うべきか、なんともおかしな話。

 

強力なやる気やモチベーションを特に必要とせず作業できる。

これというのは実は一種の強みなんでしょうね

 

淡々としてるのが良いことだとは思われなそうですが、それも考え様によっては悪いことではないのかもしれません。

 

一見の志が高かったり燃えてる人ほど、その火がなくなった時には案外脆かったりもしたり、世の中とは分からない、人間ってのも分からない。

 

これは楽器やブログに限ったことではなし。

何の世界でも共通するところがありそうです。

 

【スポンサーリンク】

 

 

才能への幻想・完璧主義は捨てるべき

 

初心者ほど凄まじい完璧主義を抱えていたり、常にマイナスな思考に陥ったり、意外とそんなことになりがち。

 

正直、それは無駄に疲れるだけ、つまらなくなるだけで損だと感じます。

その手に何もない状態なのに完璧や究極であろうとするおかしな話。

 

最初から完全体で理想の演奏ができるとか、何の試行錯誤もせずに歴史に名を残せる人間になれるとか、そんなアホなことを期待したって無駄ですよね。

 

逆に、才能というものにどれだけの幻想を抱いているのか、万能であることを求めているのか、それが凄く疑問になってしまいます。

 

どんなに特化した才能を持っていたとしても、他を持ってなかったばかりに潰れる人ってのもいるわけですし、それこそ幸福になれるかどうかもまったく分かりません。

 

悲惨な最期を遂げたミュージシャンなんて数えきれないぐらい存在しますし、実際、自分の最大の恩師は自ら人生にケリをつけてしまいました。

 

親友と言えるぐらいの存在だった仲間もいまだに音信不通。

完全に行方不明になってしまったり酷いものです。

 

だから本当、行き過ぎたものに幻想や憧れを抱いたって虚しいだけ。

持たざる身を嘆くだけで終わり、自らを不幸だと思いこんだって何の意味もないでしょう。

 

好きだからこそ思い詰める原因になったり、極めようとしたがゆえに破滅が待っていたり、人の心も人生というのもわけが分かりません。

 

才能がないからこそ純粋に楽しめる、こつこつと地道に遊べる、そう考えることもできるのだから、わざわざ自分の首を絞めたり可能性も潰しながら生きる道を選ぶ必要はない。

 

たかが音楽。たかが楽器。たかがブログ。

自分を不幸に追い詰めようするぐらいなら気楽な認識な方がマシ。

 

本気で取り組んでこそ楽しいなんてのは言うまでもないけど、自分の首を絞めて追い詰めて何の進展も楽しみもないとか、それじゃただの拷問、人生の無駄遣いになってしまいます。

 

アクセスの増加について

 

上を見ると一日1万PVどころか10万PV。

さらに上なんてのも存在しているらしいブログの世界。

何の世界でも異次元に足を踏み入れている人が存在しているのが面白い。

 

このブログはアクセスが増えたと言っても一日100~150PV。

たまに行ってもせいぜい500PVとかなのでまぁ、超弱小ブログと言えるでしょう。

 

しかし、一桁が当たり前とか多くても30~50PVぐらいの状態がずっと続いていた為、それから考えると数倍になってるのは確かです。

 

具体的にどんなことをしたかと言いますと、

 

・文体を変更

・ブログデザインの変更

・レスポンシブデザインに変更

・はてなブログProに移行

・見出しを付けるようにする

・Twitterで更新告知をする

 

こんな感じの意識と実践を心がけ変更したところ、驚くぐらいの変化があらわれました。

 

ま~あれです、

 

『人が見る』

 

これをまったく考えていなかったわけです。

その結果が正直にそのまま出ていたってことだなと

特にスマホ版の方の扱いが酷かった為、それは本当に反省するところ。

 

自分で見て「なんじゃこのクソブログは!?」って驚愕した為、心を入れ替えて手を加えるに至った次第。

 

「感情を入れないようにしよう!」なんて心掛けて書いていた時期もありますが、やっててだんだん辛くなってしまい、これを続けるのはとても無理でした。

 

一年の間にもコロコロと変わるのが飽き性な自分らしい話だと思いますが、とは言え、だからこそ続くのも確かな実感があったり。

 

前述の話のように、完璧主義だったり絶対を求めるとつまらなくなるものですし、飽きでもなんでも変化があるからこそ続くし、だんだんと面白くなっていくんじゃないかと。

 

繰り返しますが、最初から究極完璧なんて不可能ですね。

その能力を生まれつき持っていることにも期待しません。

 

【スポンサーリンク】
 

 

ブログは面白い

 

誰でも向き不向きがありますが、自分は間違いなくブログを書くのに向いている人間ですね。

条件をさらに解放すればまだまだ書き続けられますし、また今後どんな変化が起こるか楽しみです。

 

いや本当、この世の中、もっとベースの話をしてるブログが増えれば面白いのにと思うところ。

 

才能で言えば間違いなく自分には文才も教養もないのは分かってますし、分かりやすくまとめ伝える術も持ってないと自覚。

 

でもまぁ、そんなことはあまり関係ないんですよね。 

楽しいからやってるだけ。

自分が一番勉強になるからやってるだけ。

それでも一年続けたら色々変わるのだから面白い。

 

遥か上の規模でやれる人ならそれこそ人生に多大な影響を及ぼすか、さらには社会に影響を与えるまでの可能性もあるのだから、ブログってのは途方もなく凄い存在。

 

言葉は悪いようですが始めるだけなら

 

「タダ」

 

お金かからないんだからやらない理由がないって感じだったりして?

 

オタク気質な人間にとってはこんな面白い遊びはないと思いますし、誤解を承知で言うならば自分の場合、シミュレーションゲームをやってるような感覚もあったりします。

 

子供の頃からそういったゲームが好きだったり、地味な作業も苦にならないところがあったので、もしかしたらそれが活きているのかもしれませんね。

 

文字を書くのに没頭できる人がいるならばそれはそのまま良いはず。

それが苦手だったら型破りで無茶苦茶なのが面白い可能性もある。

むしろ今まで興味がなかったってぐらいの方が爆発力があることも考えられます。

 

携帯電話が苦手だったりSNSを始めるのも超遅かった自分でも続けられるのがブログ。

スマホ片手に色々できるなんて人だったら余裕で楽しめるはず。

 

自分の人生を送ってきたのは自分しか存在しないわけですから、ネタに困ることなんかないでしょう。

 

自分にとって当たり前の感覚、意味も感じないくだらない話だったとしても、他の人にとっては意外性や価値があるかもしれません。

 

そういう面白さや可能性を秘めているのもブログってものじゃないかと。

何が起こるか分からないこの世の中、万が一なんてのは素晴らしく高い確率と言えます。

やったことのない人は今すぐにでも始めてみることをおすすめする次第。

 

まずはとにかく第一歩。

それがベースブログならなおさら自分は応援します。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com