ベースの歪み 選び方のポイント 楽器探しについて考える (8)

ベースと歪み選び 

 

 

www.pompombass.com

 

まず分類してみる

 

歪みペダルの種類を簡単に分けてみると、

 

・ソロ用・ハッタリ系

・オールレンジ系

・ローファイクラシカル系

・原音ブレンド系

・多機能プリアンプ系

・シミュレーター系

 

個人的にはこんな感じに分けたいところ。

 

自分が持っている歪みだと、ジラウドはオールレンジ系かクラシカル系、K&Rはブレンド系のペダルでありソロ用にも使いたくなります。

 

音痩せのなさで言えば、これはもう、ジラウドの『ダブルドライバー』が圧倒的に優れていますし、相手になるものは存在していないとすら認識しています。

 

音の押し出しやレスポンスなど、基本性能がまったく違う。

 

一方、歪みの世界はそれが絶対的な正解になるわけでもないから面白い。

 

下から上まで全部歪んでしまうと逆に、求めているサウンドとニュアンスからは外れたりもするから難しいとも言えます。

 

チープだからこそそれっぽいノリが生まれたり独特のサウンドが生まれたり、そんなギター的な領域に足を踏み入れる楽しさも醍醐味ですね。

 

歪む時点で音は痩せている

 

誤解を承知で言うならば、

 

『音痩せのない歪み』

 

これってのはそもそも矛盾してるような気もしたり。

 

これまた言葉は悪いようですが、

 

「汚いサウンドでこそ!」

「幼稚でヤンチャでこそ」

ノイズあってこそ!」

 

これが問われる領域のようにも感じますし、生真面目なサウンドばかりを求めるのは面白くない。

 

それこそ前述の『ソロ・ハッタリ用』に特化して使うのであれば、かえってレンジを絞った方が目立つサウンドになるのも確か。

 

音痩せのなさとか低音の充実度ばかりなどを気にするのは、ちょっと違ってきてしまう面がある。

 

ただし、それでボトムがスカスカになったりアタック感もなくなったり、音がまったく飛ばずに根本的に役に立たないのでは困る話。

 

それで悩む人が多いのも容易に想像がつくところ。

 

そう考えていくと正直、

 

「一台でぜんぶ解決!」

 

みたいなものを求めるのは、あまり現実的ではないように感じます。

 

一つであれこれ四苦八苦するより、目的用途を分けて使うのが吉。

そのペダルの性能、個性を存分に発揮させてあげた方が正解なんじゃないかと。

 

たとえばボスのメタルゾーン。

ベースに使用するには厳しい面が多々ありますが、用途を限定すれば面白く使えるはず。

 

とてもベースのバッキングに向いているとは思えない一方、その特性だからこそ活きてくる使い方もあるはず。

 

道具というのは結局、使い方次第でその価値が大きく変わってくるものでしょう。

 

ODかDSかはとりあえず気にしない

 

オーバードライブかディストーションか?

表面的なその言葉だけを気にしても、実はあまり意味がないように自分は感じます。

 

と言うのも、そんなものは弾き手と作り手のイメージ、好み、さじ加減で適当に決まってしまったりする為、言葉に固執するだけ無駄な気がするからですね。

 

どんな音かなんて実際に弾いてみないことには分かりません。

 

「この程度でディストーション??」

なんて人もいるでしょう。

 

「こ、これでオーバードライブ!?」

となる場合もあるでしょう。

 

「チューブならではの温かさが良い!」

こんな話とかもアテにはならない。

 

分かりやすい表記も過剰な売り文句もなく、枠決めも定義づけもされてないものも普通にあるのがこの世の中。

 

とにもかくにもやはり、実際に弾いてみて判断するしかないですね。

 

たとえば、ジラウドのダブルドライバーのディストーションCH。

それをちょっと変わったセッティングにすると、こんな感じの音になったりもします。

 

www.youtube.com

 

まぁ、これはちょっと極端な例ですが、いわゆる「ディストーション」という言葉からイメージするサウンドとは異なるはず。

 

ダブルドライバーの場合、ソリッドでタイトなサウンドを保ちたいなら、オーバードライブCHの方が的確になる印象。

 

また、歪みとしてではなく、クリーンブースターやバッファとしても使えるから、また話がややこしくなってきます。

 

この動画はそのオーバードライブCHをパッシブに対するバッファとして使用した場合。

 

www.youtube.com

 

音の違いは明らかですが、歪ませているわけではありません。

EQなども何もいじっていません。

 

アンプの入力インピーダンスが低い場合など、こうしてゲインを下げてただ通すだけでも劇的な効果をもたらします。

 

やはり、「ディストーション」という言葉だけにとらわれたり、それで超ハードとかメタリックでソリッドなイメージなどをしても、ほとんど意味がないんじゃないかと思いますね。

 

バッファと言いつつ、ローインピーダンス出力になってないものに遭遇したこともあります。

 

「ベース用」と言いつつ、スカスカになるのも当たり前のように存在します。

 

ま~、言葉って本当にアテになりません。

価値観や基準を他人任せにするとろくなことにならない。

 

【スポンサーリンク】

 

 

原音とブレンドできると無難

 

原音と歪みと合わせることができるタイプ。

これは選択肢として非常に無難な印象。

 

中には「完全に分離して聴こえるだけ」みたいなのもあるので注意が必要ですが、それでもまぁ、ギター用から探すよりは扱いが楽でしょうね。

 

星の数ほど存在するギター用ペダルからベストな一台を見つけるのは困難極まりないない。

だったらブレンド機能があるものの方が、ベース用としては遥かに使いやすいペダルになってくれるはず。

 

低音弦の帯域やアタックはなるべくクリアーに保ちたいなど、そういった場合には特に威力を発揮するのがブレンドタイプ。

 

原音も残っている分だけ、激しいサウンドの中でもベースが生き残りやすくなるはず。

 

たとえば自分が持っているK&Rの『Groove Drive』

それを使った動画がこちら。

 

・最初はエフェクト無しでクリーン。

・次にモディファイバージョン。

・その次に元々のグルーブドライブ。

・最後に両方通す

 

という順番で弾いています。

 

www.youtube.com

 

楽器本体の特性もクソもなく、みんな同じキャラとサウンドにしてしまうようなものも多いのが歪みの世界。

 

原音をしっかり残せるタイプの場合、楽器の特色も出せるその点が素晴らしい。

 

ピックで激しいアタックを出したい人などにも威力を発揮してくれるでしょう。

 

多機能系は便利だけど扱いが難しい

 

ブレンド系がおすすめと言った一方、機能を盛りこみすぎたり音づくりが複雑になってしまうようだと、個人的には苦手なタイプのものになってしまいます。

 

加えて、アンプシミュレーターみたいな音づくりをしてしまうものは、そのペダル自体のキャラが強くなりすぎて引いてしまうところ。

 

このあたりは完全に好みの問題であり、上記は自分の独断と偏見というものではあります。

 

DI機能があったりEQなどツマミが沢山あったり、そういった機能も便利に実用的に使えるのであれば何も問題ありません。

 

ただ、一聴は派手だったり格好いいサウンドに聴こえるようでも、実際はものすごく引っこんでしまうというのはいただけないですよね。

 

他の楽器にかき消されてしまったりなんてことも多いのは厳しい話ですし、その実用性の判断をするのがなかなか難しいところ。

 

大音量のアンサンブル下などにおいては特にそうですね。

 

『芯のない音』

 

これは本当、何の役にも立たないと痛感します。

 

・小さい音量でチェックして判断

・単体で最高の音を求め満足する

・バンドの中での混ざり方や聴こえ方は無視

 

こういうやり方だと絶対に限界があるはず。

 

良い音になるからとハイとローをブーストしまくったり、ミドルを過剰にカットしたり、そういった音づくりをすると大抵は酷いことになるから皮肉なもの。

 

まぁ、ペダルだけのせいにするのもどうかって気はしますが、でもやっぱり、選択肢が多すぎるとそれだけ迷いが起きやすくなるのは事実でしょう。

 

ポイントを絞るのが難しくなれば泥沼にハマりやすくなるし、これで楽器本体の方にまでツマミが沢山あるとかだったら尚更ですよね、

 

それに加え、

 

・歪みエフェクターのEQ

・グライコ or パライコ

・他のプリアンプのEQ

・アンプの方のEQ

・最後に卓側で調節

 

こんなことになるのは恐ろしい話。

 

これら全てを複雑に操作、完璧にまとめるとか、そんなことをやるのは現実的ではないと自分は考えます。

 

歪まさない

 

身も蓋もない話ですが、上記のように無茶苦茶にEQを操作したり、あれこれと悩むぐらいだったらここはもう、思いきって一回ぜんぶ外すのもおすすめです。

 

どストレート・どクリーンにするのは選択肢として普通に有りでしょう。

 

歪ませるのはギタリストに任せたり、ドライブ感は自分のタッチやピッキングで表現したり、冗談でも皮肉でもなくそれが一つの正解だと強く感じます。

 

たとえばアイアンメイデンのスティーブ・ハリス。

 

めっちゃくちゃバキバキで攻撃的なサウンドに聴こえる一方、激しく歪ませたりエフェクトを駆使するようなイメージではありません。

 

激しいサウンドや過酷な環境になればなるほど、むしろ、ベースはクリーンにはっきり聴こえるようにした方が存在感を出せるものだったりするのが奥が深い。

 

エフェクター中毒みたいな状況を打破してみると、音もプレイもまた変わっていくはず。 

それが実現できてからのエフェクター探し、歪み探しというのも現実的な選択だと思います。

 

雑談

 

実用性もクソもない。

好きなものを使ってやりたい放題やる。

 

それこそが、

 

『歪み』

 

これの醍醐味ってもんなのかもしれません。

 

ただまぁ、ベースって楽器の現実、なかなかそれが出来なかったりしますよね。

 

オモチャ的遊び感覚や単純なかっこよさ、憧れ、それらと実用性とのバランスをどうするか、結構な悩みどころです。

 

で、皮肉と言うか逆に考えれば、そうやって悩んでいる時点で向いている歪みと向いてない歪みってのがある気もしますかね?

 

「歪ませるかどうか?」

 

この判断と向き不向きを性格診断的なもので決めたりするのも実は面白かったりして?

 

自分の場合、おとなしげ・控え目に見せておいて、

 

「ギタリストぶっ潰してやる!」

 

なんてゆがみを抱えながら弾いていた時期もありますし、実際、シンプルな刻みやってる時でも存在感を食ってやろうと歪ませてたことなんかもありましたね。

 

マルチエフェクターとかに頼ってまったく抜けてこない、存在感のないギターサウンドとかが嫌いな為、サポートの役割とかアンサンブルの協調性もどこへやら、攻撃的なサウンドにしてたりしました。

 

でも真面目な話、そんなことではビクともしないバンドだからこそ良かったりしますよね。

 

マーシャル&レスポールでペダルはブースターオンリー。

こういう鳴らし方をしている人はやっぱり音が強かったし、互いに遠慮なく弾けて楽しかった。

 

そういう意味では理想の歪みが欲しいのなら、それに動じないバンドであることこそが最重要であるとも言えるのかもしれません。

 

もちろん、音が痩せまくりで存在感がないとかそれは論外。

主張してやるって気概も空回りしてるだけ。

 

一方、

 

「ベースは主張しない」

「下だけでいい」

「カラオケになりきる」

 

こういう姿勢でいるのはあまりに寂しい話。

 

そんなベース観に反逆するためにも歪みはやっぱり、最高な存在になってくれるはず。

 

音を聴くだけで伝わってくる、

 

「分かりやすいかっこよさ」

 

これがが凄く重要なポイントだと感じるところ。

 

でかい音で鳴らして、

 

「ズギャ~ン!!」

 

これで成立するのであればもうそんだけでいい。

 

歪みの基本はそれですよね。

弾いててその気になれない、気持ち良くなれないのは駄目。

 

童心がないのはアカンです。

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】