プレベ 選び方のポイント 楽器探しについて考える (7)

プレベ選び 目次

 

 

フェンダーかそれ以外

 

先日のジャズベ探し同様、まずはフェンダーあってだと思います。

 

ただ、プレベの場合は「フェンダーらしさ」みたいなものがより求められるのか、アレンジがあまり歓迎されていないような印象も強かったり。

ジャズベの進化系を狙ったブランドの勢いと存在感が不思議なぐらい無くなる感じが面白い。

 

実際、派手な木目とか特殊な木材のプレベってほとんど見かけませんし、アクティブも激減します。

シェイプもそんなに料理できないし、24フレットにしたりジョイントを削ったりなんてものもほぼ存在しない。

 

確かに、欠点・弱点を解消しようとするほど、フェンダーさしさもプレベらしさも失われていくと言うか、つまらない楽器になっていくように感じるところ。

 

「スマートで洗練された最高のプレベ!」

 

なんて言われても、まったくピンと来なかったりして?

 

そう考えると、他のベースよりもさらに「直感で好きになれるかどうか!」というのがプレベ探しのポイントになるように思える次第。

 

ガツン!と鳴らしてそのままガツン!と出てくれるかどうか、弾いてて単純に気持ち良いかどうか、その潔いシンプルな魅力がプレベには求められるんじゃないかと。

 

ぶっといネックの方がプレベらしい

 

完全に独断と偏見、自分の好みの話ですが、ネックが太いからこそのプレベって気がします。

変にプレイヤーを気遣ってジャズベネック仕様とかにすると、それだけ魅力が減ってしまう印象。

 

これまた完全に気分の問題ですが、太いネックが持つ「やってやるぜ感」って何か良いんですよね。

 

プレベが持つサウンドならではと言うか、シンプルな刻みでも十分な存在感が出せますし、1PUならではのストレートな魅力を強調、全開にした方が格好いいんじゃないかと。

 

遠慮なくズドーン!と来て欲しい楽器であり、それを活かす意味でもやっぱり、ネックはゴツイ方がそれらしくなるはず。

 

1~2弦側と3~4弦側のバランスに気を付ける

 

PUの構造上の宿命だと思われますが、低音弦側と高音弦側で音量・音質が合わなかったりするとか、それは単純に欠点・欠陥と見た方が良いんじゃないかと。

 

いくら不器用なのが魅力的とは言え、そういうのはさすがに勘弁ですね。

 

リバースタイプが良いとかそういう問題ではなく、楽器のセットアップと鳴り、PUのクオリティも含め、バランスが明らかにおかしいものには手を出さない方が無難。

 

その意味では、5弦のプレベってそもそもが苦しい楽器に思えるので、かなり注意が必要な存在だと感じます。

 

2対3か、3対2、どちらにしてもPUの設計が難しいはず。

 

実際、自分が持っていた5弦の中には、低音弦側と高音弦側とで明らかに音のグループが分かれてしまっているものがありました。

 

百歩譲って音質が分かれているだけなら、個性として成立する可能性もあるけれど、問題は音量もぜんぜん違ったということですね。

 

「直感で選べ!」と言いつつ、このあたりのバランスにはちゃんと気を使った方が良いでしょう。

 

【スポンサーリンク】

 

 

PJ仕様には要注意

 

上記の話に加え、Jタイプとの使い分けやミックスのことなども考えるとなると、またさらに話がややこしくなります。

 

単純に出力が違いすぎるのもまずいし、良いミックスを実現するのはもっと難しい。

 

前述の通りPBタイプの場合、低音弦側と高音弦側のバランスを取ることが問題になりますが、そこに加え、異なるPUと異なる位置でのミックスも条件として加わってくるわけです。

 

ただでさえバランスがおかしくなる可能性があるのに、さらに電気的に滅茶苦茶な行為をすることになるのはまずい。 

PUミックスによる干渉というのは、想像以上に厄介な要素であるのが現実ではないかと。

 

楽器って面白いもので、才色兼備を目指したりすると意外と良くなかったりしますよね。

無理して着飾ったり厚化粧すると大抵はロクなことにならないみたいな?

 

むしろ、シンプルに凝縮していった方が正解に近付けるものかもしれませんし、プレベの場合、よりその傾向が強くなる楽器のようにも感じます。

 

実は謎も多い

 

プレベと言うと、ロックなイメージやファンクなイメージなどが強かったり、とにかく男らしくシンプルにぶっといサウンドを求めたくなるんじゃないかと思います。

 

実際、自分が求めるとしたら、フラットワウンドを張ってスポンジを詰めたり、ジェマーソンのような方向で欲しいと考えるところ。

 

しかし 、そんな固定観念を崩壊させるのがジラウドのメビウスPBという存在。

 

「プレベはジャズベよりハイファイだった!」

 

なんて話しても、知らない人は絶対信じないでしょう。

正直、言ってる自分自身、いまだにピンと来ない言葉でもあるかもしれません。

 

でも、これが事実だから困るんですよねぇ・・・

 

ノーマルチューンのメビウスPBでも十分とんでもなかったけど、フルチューンだとさらに異次元。

有り得ないようなワイドレンジで強烈なサウンドが実現できる。

 

プレベって実はまだまだ未開発な部分が多く残ってる楽器でもあるのかもしれません。

 

固定観念にそのまま乗っかるか、それとも新たな可能性を見出してみるか、どちらにも等しく魅力があり、シンプルな楽器だからこそ奥も深そうです。

 

ジラウド・メビウスPB

 

自分がプレベについて話すのであれば、このベースについて語らないわけにはいきません。

とにかくプレベの常識がブッ飛んでしまう、そんな超強烈な存在です。

 

ジャズベを完全圧倒するスラップサウンドを叩き出すとか、超ワイドレンジで綺麗な倍音まで再生できるとか、普通では絶対に想像できないはず。

 

「でもそれってプレベの音じゃないでしょ?」

 

みたいな意見もある事とは思いますが、そもそも、「プレベ=レンジが狭い」という先入観や価値観自体が誤りだった可能性の方が高いのかもしれません。

 

このメビウスPB、面白いのは、同じPUで超ローファイ仕様にも普通に応えてくれるところ。

ジラウドの「ジェマーソンチューン」に代表されるような、そんな渋く泥臭い方向にも行けるから不思議。

 

要するに、実は元から物凄くレンジが広いのがプレベの特性なのであって、それをどう料理するかってだけのことなんじゃないかと想像します。

 

PUの信号を素直に劣化なく増幅すれば超絶サウンドも当然のごとく実現できるし、メビウスプリアンプはEQをカットすればスタンダードな音にもできる。

さらにシンプルに行くなら、250kΩのポットとかパッシブトーンを通せばイメージ通りのプレベの音になるし、実は自在な音づくりにも対応できるから面白い。

 

問題なのは、それを知らずどんどん劣化させたりPUの方に変なパワーを求めたり、不自然にレンジを狭くしていってしまうことなんじゃないかと思います。

 

帯域が絞られているからこその味わいがあるというのも確かですが、一方、その本当のポテンシャルや素晴らしいサウンドを知らないのはちょっと寂しい話。

 

「原点にして頂点」

 

そんな存在かもしれない、まだまだ底知れない楽器ですねプレベは。

 

ジラウド・メビウスPJ

 

これまた常識をブッ飛ばしてくれのがジラウドのPJ仕様。

 

前述の通り、PUの構造的にPJには無理があるのが現実ですが、それを解消するのがジラウドオリジナルの『アクティブバランサー』の存在。

 

ここでは詳細は省きますが、要するに「何でもこいや!」なバランサーが存在することで、かつてないPUミックスとそれによるサウンドが実現できたと言えるんじゃないかと。

 

実際、常識外れなはずのメビウスPBのサウンドをさらに超える印象。

もうほんと、JJでは物足りなくなってしまう可能性があります。

 

すでにジラウドのベースを使っている人ですら、 「あれ?俺のベースこんなもんだっけ?」と感覚が麻痺するかもしれません。

 

ちょっとどころではなく次元が違う!

 

【スポンサーリンク】

 

 

まとめ・懺悔・雑談

 

白状すると、PBスタイルの楽器って今は一本も持ってなかったりします。

大好きなんだけど、自分は多弦がメインの人間である為、それが致命的なポイントなんですよね。

 

ジラウドのハムを使用して5弦で一本作ることも考えてはいますが、正直、プレベそのものにはならないのが現実でしょう。

 

プレベというのは本当、

 

「4弦の特権」

 

である存在と認識し、めちゃくちゃ憧れている次第。

良いプレベってマジで最高な楽器だよな~と。

 

ちなみに個人的には、もうちょいテクニカル系プレイヤーに使われても良いんじゃないかって気もしますし、技巧的なタッチとの相性も良いのではないかと思ったり。

 

なんでしょうね~? ある意味、ド頭の方で話したイメージが足を引っ張ってしまうのか、「細かいことには対応できない!」みたいな先入観が強いのかと想像します。

 

でも、ビリー・シーンじゃありませんが、速弾きしまくったりタッピングも駆使したり、そういうことも普通にイケるはず。

プレベの用途やイメージが限定される理由の一つに、セットアップの問題も大きい可能性が考えられそうです。

 

自分の場合、弦高をめっちゃ下げて使っていた時期もあったりします。

フェンジャパのプレベの塗装を剥がし、オイルフィニッシュ。

シャーラーのPUをのせ、ジャックに直結させてました。

ナットの溝も深くしたり弦高はかなり低い為、タッピングが苦手でもすんなり弾けます。

 

音の押し出しが強いからタッピングも楽ですし、ゴリゴリ感も問題ないどころか、プレベはむしろ強烈で気持ちいい。

 

アイアンメイデンのスティーブ・ハリスではありませんが、バッキバキに弾くのも格好いいのがプレベの魅力。

指でもピックでもアタックを強調したかったり、それが好きなら干渉の少ない1PUの方が素直に抜けてきて太い音も出せるんじゃないかと。

 

PBの場合、PUの磁界的にタッチに対して寛容な面もありますし、多少は荒く弾いた方が魅力的だったりもするので、やっぱり、もうちょいテクニカルな方面から注目されても良いように思います。

 

一方、今現在の個人的な好みとしては、ちょっとくたびれたフラットワウンドでも張って渋~く弾いてもみたいところ。

 

これこそ先入観バリバリってな話ですが、しかし、「良いもんは良い!」と認めるしかない。

 

ジェマーソン、チャック・レイニー、ウィリー・ウィークスなど、このへんのベースサウンドとプレイってのはやっぱり最高にイカしてます。

 

懐古もクソもありません。超かっこいい!

 

また、弾いてる方はもちろん、作ってる方もそれが分かってるのか何なのか、本当に不思議なぐらいに変な木とか使わないから興味深い。

ゴテゴテの木目とかもプレベじゃほとんど見ないし、ほぼ崩さずシンプルにまとめるという。

 

これって、「あんなの貼ったって駄目だよ!音悪くなるだけ!」と暗に言ってしまっているような気がするところですが、これはほんと、どんな見解なんでしょうね?

 

「プレベには最悪だけどジャズベになら最高!」とか、そんな理屈があるとは思えませんが・・・

 

まぁ、それはとりあえず置いておいて、いずれにせよプレベってのは、独特の魅力が詰まった堪らない楽器であるのは確かでしょう。

 

永野護氏の漫画【フール・フォー・ザ・シティ】にもありますが、

 

「全てのベーシストはこれに始まりこれに終わる」

 

というのも、決して大袈裟な話ではないのかもしれません。

ってか、自分もそう完結しそうな因子がある気がして怖い。

 

シンプルなプレベに極太のフラットワウンドを張って一本指で弾くという、それで最高に気持ち良いベースサウンドとプレイを実現することにめっちゃ憧れ惹かれます。

 

レオ・フェンダーってのはほんと、恐ろしい楽器を作ってしまったもんですよね。

楽器選びが全部ばかばかしくなりそうな魔力を持つのがプレベって存在。

 

「もうプレベだけでいいじゃん!」

 

みたいな?