プレベ 選び方のポイント 楽器探しについて考える (7)

プレベ選び

 

 

www.pompombass.com

 

フェンダーかそれ以外

 

先日のジャズベ探し同様、まずはフェンダーあってのもの。

 

そしてプレベの場合、

 

『フェンダーらしさ』

 

前回も話したこれってのがより強く求められる印象。

華麗なアレンジなどはあまり歓迎されていない気がします。

 

ジャズベの進化系を狙ったブランドの勢いと存在感、これが不思議なぐらいなくなるように感じるから面白い。

 

実際、派手な木目とか特殊な木材のプレベってほとんど見かけません。

 

シェイプのアレンジも基本的に歓迎されない。

ちょっとスマートになるぐらいでも違和感。

24フレットにしたりジョイントを削ったりなんてものもほぼ存在せず。

 

やはり小細工なしのストレート勝負が好まれると感じます。

 

その欠点や弱点を解消しようとするほど、フェンダーさしさもプレベらしさも失われてしまう、何だかつまらない楽器になっていくから不思議。

 

プレベ探してるのに、

 

「超スマート!」

「洗練の極み!」

「上品なプレベ!」

 

こんなこと言われてもまったくピンと来ませんよね。

通常のベース選びよりもさらに直感を大事にすべき。

 

ガツン!と鳴らしてそのままガツン!と出てくれるかどうか?

弾いてて単純に気持ち良いかどうか?

音も見た目も格好良いと思える何かがあるかどうか?

 

その潔いシンプルな魅力をプレベには求めたいところ。

 

実際に試奏してみて、

 

「好きか嫌いか即断!」

 

これがプレベ探しのポイントになるように感じます。

有りか無しかを一瞬で決めるのも面白い。

 

ぶっといネックの方がプレベらしい

 

完全に独断と偏見。自分の好みの話。

 

「ぶっといネック!」

「太くてこそプレベ!」

 

これが大きな魅力だと考えています。

 

変にプレイヤーを気づかってジャズベネック仕様とかにするのは何か違う。

それだけ魅力が希薄になって独特の『らしさ』も失われていってしまう印象。

 

これまた完全に気分の問題ですが、

 

『やってやるぜ感』

 

太いネックによるこのノリって何かいいんですよね。

 

プレベが持つサウンドならではの武器、シンプルな刻みでも十分な存在感が出せますし、1PUならではのストレートな魅力を強調、全開にした方が格好いい。

 

遠慮なくズドーン!と来て欲しい楽器であり、それを活かす意味でもネックがゴツイ方がやっぱりそれらしくなるはず。

 

プレベが丁寧で親切すぎるとか面白くありません。

 

【スポンサーリンク】

 

 

1~2弦側と3~4弦側のバランスに気を付ける

 

「低音弦側と高音弦側で音量音質が合わない・・」

 

これは味わいの問題ではないと認識します。

それそのまま欠点、欠陥と見た方がよいでしょう。

いくら不器用なのが魅力的とは言え、受け入れがたい問題は放置すべきではない。

 

リバースタイプが良いとかそういう問題ではありません。

楽器のセットアップと鳴り、PUのクオリティも含め、バランスが明らかにおかしいものには手を出さない方が無難。

 

その意味において5弦のプレベは実に厄介な楽器と言えそうです。

構造的にそもそも苦しい楽器、悲しき宿命を運命付けれられている印象。

 

2対3か、3対2、どちらにしてもPUの設計が難しい。

根本的な部分でまずい問題を抱えているように自分には見えます。

高音側と低音側のバランスと音質にかなり注意が必要な存在だなと。

 

実際、自分が持っていた5弦の中には、低音弦側と高音弦側とで明らかに音のグループが分かれてしまっているものがありました。

 

百歩譲って音質が分かれているだけなら個性として成立する可能性もあるけれど、問題は音量も全然違ったってことですね。

 

「直感で選べ!」と前述したノリを用いて皮肉を言うのであれば、

 

「直感的にこれはない」

 

こう判断できるぐらいバランスが悪いものは本当に勘弁。

このあたりのバランスにはちゃんと気を使った方が良いでしょう。

 

『味わい』『個性』と誤魔化すには辛い部分があるのはいただけない。

 現実的に見て実用外な部分を魅力だと判断するのは色々厳しい。

 

PJ仕様には要注意

 

上記の話に加え、Jタイプとの使い分けやミックスのことなども考えるとなると、またさらに話がややこしくなるから厄介。

 

単純に出力が違いすぎるのはよろしくない。

良いミックスを実現するのも難しい。 

どっちも使えないことになりかねないからPJは怖い。

 

前述の通りPBタイプの場合、低音弦側と高音弦側のバランスを取ることが問題になりますが、そこに加えさらに、異なるPUと異なる位置とでのミックスも加わってくるとなると、電気的な条件がどんどん悪化していきます。

 

ただでさえバランスがおかしくなる可能性があるのに、さらに電気的に滅茶苦茶な行為をすることになるのは明らかにまずいですよね。

 

PUミックスによる干渉は想像以上に厄介な要素であるのが現実。

何も考慮せず完璧なミックスサウンドを実現するのはあまりに厳しい。

 

PJを分かりやすく使いこなすのであれば、

 

「フロントかリアか?」

 

ミックスはあまり考えずこの二択で考えるのも正解だと思います。

 

才色兼備を目指したりすると意外と良くなかったり、最悪は完全に失敗したりするから不思議。

 

無理して着飾ったり厚化粧すると大抵はロクなことにならない、素材もクソもなくあれこれいじって本末転倒になるとか、楽器の世界に限らずありがちですよね。

 

それだったらむしろシンプルに凝縮していった方が正解。

プレベの場合、よりその傾向が強くなる楽器のように感じます。

あれもこれもを求めると魅力が失われていく傾向が強いなと。

 

プレベの謎 実はジャズベより遥かにハイファイ

 

プレベと言うとロックやファンクなイメージが強い印象。

男らしくシンプルにぶっといサウンドを求めたくなる傾向があるはず。

 

実際、自分がプレベを求めるとしたら、フラットワウンドを張ってスポンジを詰めたり、ジェマーソンのような方向で欲しいと考えるでしょう。

 

うだうだ言わず無骨な音で攻める。

渋~くシンプルに攻めてこそプレベだろうと。

 

そんな固定観念を崩壊させた楽器があります。

 

【Jiraud Mobius PB】

 

衝撃的なんて表現じゃぬるいぐらいに思える存在。

まさに最強、いまだにこれを超えるインパクトのサウンドのベースなし。

  

「プレベはジャズベよりハイファイだった!」

 

こう言っても知らない人は絶対信じないでしょう。

自分自身、いまだにピンと来ない言葉でもあるかもしれません。

 

でも事実。まぎれもない現実。

世の中にごまんとあるアクティブのベースなんか目じゃない。

超絶ワイドレンジで高速レスポンスなプレベってのがこの世に存在しました。

 

このメビウスPB、ノーマルチューンでも十分とんでもないんだけど、フルチューンだとさらに異次元な領域を垣間見ることができるから恐ろしい。

 

あれ弾いちゃうと今までの価値観がいともたやすくブッ壊されてしまいます。

 

あんな楽器が実際に存在しているわけですから、プレベって本当、実はまだまだ未開発な部分が多く残ってる楽器でもあるのかもしれませんよね。

 

固定観念にそのまま乗っかるか?

それとも新たな可能性を見出してみるか? 

どちらにも等しく魅力がありどちらが好きでも納得。

シンプルな楽器だからこそ奥も深い。

 

【スポンサーリンク】

 

 

JIraud Mobius PBに感じるプレベの可能性

 

上記に続き、自分がプレベについて話すのであればやはり、ジラウドのメビウスPBについて語らないわけにはいきません。

 

とにかくプレベの常識がブッ飛んでしまう超強烈な存在です。

 

・ジャズベを完全圧倒するスラップサウンドを叩き出す!

・超絶ワイドレンジで超高倍音まで綺麗に再生可能!

・音づくりは1トーンのみでやってのける!

 

こう事実を並べても普通の感覚では絶対に想像できないはず。

 

こんなことを言うと、

 

「でもそれってもうプレベじゃないでしょ?」

 

みたいな意見もあるかもしれません。

それも確かに分かる意見ではあります。

 

しかしそれも一つには偏見なんでしょう。

 

『プレベ=レンジが狭い』

 

こういう先入観や価値観自体が誤りだった可能性もあるわけですね。

 

このメビウスPBが面白いのは、同じPUで超ローファイ仕様にも普通に応えてくれるところ。 

ジラウドの『ジェマーソンチューン』に代表されるような、渋く泥臭い方向にも行けるから凄い。

 

要するに、実は元からものすごくレンジが広いのがプレベの特性、本来の性能なのであって、それをどう料理するかというだけのことなんじゃないかと思います。

 

PUの信号を素直に劣化なく増幅すれば超絶サウンドも当然のごとく実現可能。

一方、EQをカットすればスタンダードな音にもできるのがジラウドメビウスの懐の広さ。

 

さらにシンプルに行くなら『ネオパッシブ』なんて仕様にすればイメージ通りのプレベの音になるし、実は自在な音づくりにも対応できるから面白い。

 

問題なのは本来のポテンシャルを知らずどんどん劣化させたり、PUの方に変なパワーを求めてしまうなど、不自然にレンジを狭くしていってしまうことなんじゃないかと。

 

帯域が絞られているからこその味わいがあるというのも確かな一方、本来の素晴らしいサウンドを知らないのはちょっと寂しい話。

 

『原点にして頂点』

 

まだまだ底知れない楽器ですねプレベは。

 

そしてそれをこれでもかって知れるのがジラウドのメビウスPB。

本気でとんでもないベースです。 

 

JIraud Mobius PB PJ Custom 

 

これまた常識をブッ飛ばしてくれのがジラウドのPJ仕様。

PU一発だけでも凄かったのがさらに恐ろしいことに。

 

前述した通り、PJは構造的に色々無理があるのが現実。

ミックス時のサウンドが悲惨なものが当たり前のようにあります。

 

そのミックスの難しさを解消するのがジラウドならではの存在、

 

『アクティブバランサー』

 

高性能バッファを二基搭載した素晴らしいバランサー。

 

ここでは詳細は省きますが、要するに「どんな信号でも確実に混ぜてやる!」なバランサーが存在することで、かつてないPUミックスとサウンドが実現できたわけですね。

 

実際、常識外れなメビウスPBのサウンドをさらに超えてくるのがジラウドのPJ。

あれ弾き続けちゃったらジャズベでは納得できなくなってしまう可能性があります。

 

すでにジラウドのベースを使っている人ですら、

 

 「あれ?俺のベースこんなもんだっけ?」

 

と感覚が麻痺するかもしれません。

 

ちょっとどころではなく次元が違います。

最強のPJという範疇を超えた最強のワイドレンジ仕様と言っても過言ではないでしょう。

 

【スポンサーリンク】
 

 

まとめ・懺悔・雑談

 

白状するとPBスタイルの楽器って今は一本も持ってなかったりします。

大好きなんだけど自分は多弦がメインの人間である為、それが致命的なポイントになっています。

 

ジラウドのハムを使用して5弦で一本作ることも考えてはいますが、正直、プレベそのものにはならないのが現実でしょう。

 

プレベというのは本当、

 

『4弦の特権』

 

こう言って差し支えないんじゃないかと。

 

多弦メインだからこそめちゃくちゃ憧れてしまう楽器。

良いプレベってマジで最高だよなって刺激されます。

 

個人的にはもうちょいテクニカル系プレイヤーに使われても良いんじゃないかって気もしますし、技巧的なタッチとの相性も良いのではないかと思うのですが、なんでしょうね?

 

無骨なイメージが足を引っ張ってしまうのか、

 

「細かい対応は無理!」

 

みたいな先入観が強いのかと想像したり。

 

このあたりについては冒頭でも述べた通り、それこそがプレベの魅力、それを求めてなんぼと言うのも確かなんですが、ジラウドのメビウスPBしかり、実は知られていないポテンシャルを秘めているのもプレベの凄さだと思います。

 

ビリー・シーンのように速弾きしまくったりタッピングも駆使したり、そういうことも普通にイケるはずなんですよね。

 

自分も実際、弦高をめっちゃくちゃ下げて使っていた時期がありまして、それでだいぶイメージが変わりもしました。

 

そもそもの音の押し出しが強いからタッピングとかも楽のなんの。

 

普通なら欠点になりそうなバズ混じりのゴリゴリ感もプレベならむしろ強烈な味付けとサウンドになるから気持ちいい。

 

アイアンメイデンのスティーブ・ハリスではありませんが、バッキバキに弾くのも格好いいのがプレベの魅力。

 

指でもピックでもアタックを強調したかったり、それが好きなら干渉の少ない1PUの方が素直に抜けてきて太い音も出せるんじゃないかと。

 

PBの場合、PUの磁界的にタッチに対して寛容な面もありますし、多少は荒く弾いた方が魅力的だったりもしますしね。

 

そう考えるとやっぱり、もうちょいテクニカルな方面から注目されても良いように思います。

プレベの用途やイメージが限定される理由の一つに、セットアップの問題も大きい可能性が考えられそうです。

 

なんて言いつつ今現在の個人的な好みとしては、くたびれたフラットワウンドを張って渋く弾きたくなるところ。

 

懐古主義とか先入観ありありってな話ですが

 

「良いもんは良い!」

 

こう認めるしかない魅力ってのがやっぱりありますよね。

 

ジェームズ・ジェマーソン、チャック・レイニー、ウィリー・ウィークスなど、この方々のベースサウンドとプレイってのはやっぱり最高にイカしてます。

 

今聴いたって格好良いんだから仕方ない。

懐古と言うには偉大すぎてとても切れない。

今だからこそ分かる面も多いからもっと知りたくなる。

 

で、プレイヤー側はもちろん、作ってる方もそれが分かってるからか何なのか、本当に不思議なぐらいに変な木とか使わないのが興味深いところ。

 

ゴテゴテの木目とかもプレベじゃほとんど見ないし、ほぼ崩さずシンプルにまとめるというのが面白いですよね。

 

これって穿った見方をすると、

 

「変な木とか貼ったら駄目!」

「音が悪くなるだけ!」

「見た目だけの問題だよ!

 

と暗に言ってしまっているような気がしちゃいますが、本当のところ、どんな見解なんでしょうね?

 

「プレベには最悪だけどジャズベなら最高!」

 

こんな理屈があるとは思えないし実に不思議な話。

 

まぁ、それは置いておいて、いずれにせよプレベってのは独特の魅力が詰まった堪らない楽器であるのは確かでしょう。

 

永野護氏の漫画【フール・フォー・ザ・シティ】にもありますが、

 

「全てのベーシストはプレシジョンベースに始まりプレシジョンベースに終わる」

 

こう言うのも決して大袈裟ではないかもしれません。 

フール・フォー・ザ・シティ (ニュータイプ100%コミックス)

自分の中にあるプレベへの憧れを語るのであれば、

 

・シンプルなプレベに極太のフラットワウンドを張って一本指で弾く

・身一つだけで最高に気持ち良いベースサウンドとプレイを実現する

 

こんなことに憧れてしまいます。

 

いや本当、レオ・フェンダーって人は恐ろしい楽器を作ってしまったもんですよね。

楽器選びが全部ばかばかしくなりそうな魔力を持つのがプレベって存在。

 

ベース選んでて迷う?

何を買えばいいか分からない?

太い音を出したい?

 

「プレベでいいじゃん」

 

これが通っちゃいそうだから参ります。

 

www.pompombass.com