ジャズベース 選び方のポイント 楽器選びについて考える (6)

ジャズベ選び

 

 

www.pompombass.com

 

いっぱいあってわけが分からない

 

ジャズベースを選択する際、一番困るのはここ。

とにかく作ってる会社が多い為、どれが良いんだかさっぱり分からない。

 

正直言って、自分もこれは同じ。

 

この世に存在する全てのジャズベを弾いたことなんて当然ないし、弾こうとも思いません。

たとえ『隠れた名工』なんてのがいたとしても、気付きようがないものもあるかもしれませんよね。

 

なのでここではとりあえず、スタンダードなものを大まかに分けたり、ポイントを絞りながら話をしていきたいと思います。

 

まずはフェンダーありき

 

当たり前の話ですが、まずは本家があってこそというもの。

そこを無視してジャズベースがどうとは語れないはず。

 

と言いつつ、60年代前半とかそのあたりを基準にして考えるならば、

 

「ヴィンテージかそれ以外か?」

 

と、フェンダー野中でもまた話が分かれてしまう気もするところ。

 

さらに、CBS期、70年代、ジャパン、メキシコ、USA、カスタムショップ、マスタービルダーだの、そうやってまたさらに分かれてもくるからややこしい。

 

フェンダー党でもなんでもない自分が語るには限界がありますし、王道・大手の定番でありつつ、なかなか厄介な存在でもありますね。

 

フェンダーかそれ以外

 

色々あってもやはり、ジャズベースはそうやって分類すべきでしょう。

ひねるのは後にして、これを知らないことにはどうにもならない。

 

個人的な印象では正直、フェンダーって欠点だらけな楽器なんですが、しかし、だからこその『らしさ』というものが存在してるように感じます。 

 

アクティブ化やデッドポイントの解消など、より実用的に改良されたものも沢山存在しますが、不思議とそれを詰めていくと『フェンダーらしさ』が消える気もするから奥が深い。

 

ゆえに、

 

「良いフェンダーが欲しい!」

 

となると、意外と話が難しくも思えるところ。

 

「全音域のバランスが完璧!」

「状態がまったく変化しない!」

「非の打ちどころがない!」

 

なんて言われてたら、それはフェンダーじゃないだろってツッコミたくなったりして?

 

音の暴れも詰まりもないものを求めるほど遠くなる気がするという面白さ。

そう考えると実は定番でありながらも、かなり尖がった存在と言えるのかもしれません。

 

それが好きならそれを弾くしかないという、他にはない実に不思議な楽器。

フェンダーのコピーを求めるにしても、その絶妙な荒さがあるかないか?

それが大きなポイントになる印象。

 

値段やランクに関係なく、自分好みの塩梅をどう見極めていくか?

それがフェンダー系ベース探しの基本でしょうか。

 

サドウスキーかそれ以外

 

ちょっと極論なようですが、業界への影響力も含め、勢力図的にそんな面があるのは間違いないんじゃないかと。

 

「ジャズベースをもっとバランス良く実用的にしたい!」

 

そんなことを詰めていった結果、誕生したのがサドウスキーのスタイルなのかもしれません。

形は同じジャズベースに見えるようでも、楽器としては意外なぐらいの別物感がある。

 

・デッドポイントを少なくする

・ローインピーダンス出力化

・EQを使用して幅広い音づくりに対応

・より安定した出音と汎用性を実現

・品質の安定化

 

など、フェンダー党やパッシブ派からは嫌われそうなことを平然とやれるのが強みだと思います。

一回り小ぶりにしたスタイルもサドウスキーならではの特徴と言うか、そういうアレンジが面白い。

 

フルサイズのものも存在はしますが、個人的なイメージとしてはやはり、コンパクトな方がよりサドウスキーらしいって気がするところ。

 

当たり前のように軽量化も図ったり、

 

『演奏の為の道具』

 

この合理性を高めていく姿勢が見事。

 

合う人には最高の道具になるし、合わない人には徹底的に合わない。

そんなベースだからこそ成功したんじゃないかと想像しますね。

 

サドウスキーを「めっちゃ使いやすい!最高!」と感じるか?

「優等生でつまんねぇ!」と拒絶するか?

 

それで一つの基準が出来上がるかも?

 

重いベースが好きかどうか?

 

個人的には、重い楽器ってそれだけでNGです。

単純にしんどくて辛くなってしまいます。

 

一方、

 

「だからこそ!」

 

とハマる人も多いのではないかと思います。

 

ブリッジについてもバダスのようなゴツイものを搭載したり、こういった仕様の楽器というのもまた、初期のフェンダーとは違うスタイルを確立していると言えそうです。

 

このあたり、『マーカス・ミラー』の影響力というのも非常に大きいのではないかと想像。

 

それか、70年代のフェンダーとも言うべきですかね?

PU位置の問題もありそうですが、ヘヴィな個体による独特の魅力はやはり存在しますね。

 

これは推測ですが、打撃による強いインパクトや重さなどを求める場合、余計なブレなどは少ない方が良いですし、その方が力をより確実に直接叩きこめるはず。

 

その意味で重いベースの方がフォームが安定したり、楽器自体のブレも少なく済んだり、それが好まれる面があるのかもしれません。

 

スラップなどは特に、高速で打撃を叩きこむことになるわけですから、それを受け止める側がフラフラしてるんじゃ困ります。

 

プルやって楽器も持ち上がってしまうなんてのは笑えない話。

 

これまた極論なようですが、漫画などでよくある衝撃を逃がす技や吸収してしまう技。

あれをベースがやってしまってるとか、そういう状況は確かに勘弁ですよね。

 

単純に硬く重い材の方がそれらしく響くとか、その反発感が心地よいなんて面もありそうですが、重い材にはそれ以外の何かもあるように感じるところ。

 

ハマる人はやっぱりハマるものなんだと思います。

このあたりは完全に好みと感覚の問題でしょう。

 

小型・24フレットは別の楽器になっていく

 

これも個人的な印象、ボディが小さかったりフレットの多いジャズベースというのは、その時点でもう別の楽器という気がします。

 

特にフレット数についてはスラップサウンドへの影響が大きく、これが苦手という人も多いことでしょう。

 

徹底的にこだわる人ならば20フレットが絶対条件とか、21フレットすら許せないぐらいにこだわる可能性もあります。

 

指弾きにおいても楽器の響きはかなり異なりますね。

「とりあえず多い方が得だろ!」みたいな感覚で選ぶと痛い目を見ることになるかもしれません。

 

また、ハイポジションの演奏性を考慮し、カッタウェイを深くしたりジョイントを削るものなどもありますが、これも音に大きく影響があるポイント。

 

鳴りが貧弱になって肝心の音をPUのパワーとプリアンプの方に依存するようになってしまうと、それだけジャズベースのそれからは離れていくように感じます。

 

自分の経験から言うのであれば、

 

・24フレット

・コンパクトボディ

・狭い弦間ピッチ

・低出力PU

・アクティブ

 

こんな感じのジャズベスタイルの楽器を実際に持っていたことがありますが、ものすごく扱いやすい一方、音の方はこじんまりと小さくまとまってる感じが強かったですね。

 

正直、『ジャズベらしさ』みたいな魅力はかなり薄かったなと。

やっぱり、パッシブでも問題なく使えるフルサイズのジャズベって理屈抜きに良いんですよね。

 

これまた自分の好みで言いならば、4弦の開放をドーン!と鳴らした時にピンと来ないものはその時点で駄目。

 

多彩・秀才な方向を狙うほど、そんな傾向が強くなる印象。

 

どちらにも利点はあるけれど、ジャズベらしい気持ちよさとかそれっぽさを狙うなら、要素をシンプルに凝縮していくほど魅力を感じる楽器になるかなと。

 

バランスの取り方が難しいところですが、

 

『何でも屋』

 

こういう便利な感じを求めると大体、失敗する傾向があるかな?

最初は良くても飽きちゃうんですよね。

 

心配しなくてもジャズベースって楽器の時点で汎用性には優れているので、あまりスペック的・パーツ的に欲張る必要はないように感じます。

 

木目・木材に固執するとややこしくなる 

 

個人的な好みと偏見たっぷり、誤解を承知で言うならば、ジャズベースにはあまり芸術性など求めない方が正解だと感じます。

 

楽器、道具として優れたものを選んだ方が良い。

 

そういう意味では、

 

「特別なものが欲しい!」

 

この意識と欲や見栄を上手く料理することが、使える楽器選びの大きなポイントとも言えそうです。

 

たとえば、豪華なトップ材や見慣れない特殊な木材など、そういった要素を追加すればするほど価格はどんどん上がる一方、実用性に乏しく出音も鈍化していくような印象。

 

そりゃ、見た目が最高に気に入ってる方が満足感は味わえますし、自分の好みや感覚を無視しろとは言いません。

 

変わった材や凄い木目などが好きなら、それをどこまでも求めるのも個性というもの。

 

ただし、そこには確かなリスクが存在すると自分は強く感じます。

木目重視の楽器選びで酷い目に遭った体験からもそう言いたい。

 

超トラネックに惹かれて買ったはいいけど、状態が安定せずグニャグニャ動きまくり。

調整も困難、実際に使用するのに泣きを見たものがありました。

 

冷静に考えれば、柔らかいメイプルを超薄く張ったぐらいで音的に凄い効果が現れるとは思えませんよね。

 

「メイプルならではの鋭いアタック感が!」みたいな、よくある売り文句なんかあてにしない方が良いでしょう。

 

逆に言えば、単一材には単一材ならではの豪快な魅力があるわけです。

それに気付かない、知らないというのはもったいない話。

 

意味も効果も薄い見栄で自分から不利を求めるのは考えもの。

 

【スポンサーリンク】

 

 

リアPUオンリーでも良い音が出ると安心

 

60年代前半のジャズベのフレットレスを弾いた際、

 

「なんでリアだけでこんな太くて良い音が出るの!?」

 

なんてびびった経験があります。

 

そして、これが一つの基準にもなるように思いました。

 

要するに、リアの音が軽すぎたり全然ボトムが出ないようなものは、そもそも楽器自体が鳴ってないことを意味しているのかなと。

 

そうなると、いくらプリアンプでブーストしても厳しいものですし、理想的なバランスを実現するのは不可能なんじゃないかと想像。

 

パワーのあるPUをのせれば良いということではなく、ちゃんと楽器全体がバランス良く鳴っているかどうか、それをしっかり判断することが大切でしょう。

 

【楽器選び(3)】のフレットレスの話でも触れましたが、これは本当、良いフレットレスを求めるのであれば、特に重要なポイントになってくるはず。

 

音にぜんぜん腰がないとか、ハイミッドから上ばかりが出てくるとか、リアの音がスカスカなものには注意が必要ですね。

 

ましてや、PUをミックスしてそれなら論外。

素の状態でフロントPUもリアPUも良い音がしてくれる方が絶対に良い。

 

結局、何を選べばいいのか?

 

こればかりは、

 

「好みによる!」

 

としか言い様がありません。

口出しのしようがないのが正直な話。

 

しかし、現実として確かなこともあります。

 

『予算』

 

この問題が凄く大きいということは間違いない。

 

ここをはっきり決めた方が目移りしなくなるのは確実。

手の届かないものに対して諦めもつくでしょう。

 

「いくらでも出す!」と言うのなら、ヴィンテージを探しまくるのも良いと思いますし、どこかにオーダーでもして究極の自分仕様を作ってみるのも良いんじゃないかと。

 

たとえそれが外れたとしても、「どこが間違ってたのか?」とまた新たに分析することができますし、そこからさらに理想に近付いていくことができるはず。

 

一方、

 

「何が欲しいか分からない・・」

「何が良いかも分からない・・」

「何が好きかも判断できない・・」

 

こんな感じで基準がまったく出来上がってないなら、冒険しない方が良いと考えます。

失敗のリスクもかなり恐れているはずなので、変な欲は出さない方がいい。

 

実際に使ってる人からの評判が良いものを選ぶか、前述のように、フェンダーやサドウスキーを弾いてみるのが好みの傾向を判断するのには分かりやすいんじゃないかと。

 

後は国産の定番ならアトリエとかですかね?

扱ってる店も多いはずですし、まずは触れてみることをおすすめします。

そうやって基準をつくっていくことですね。

 

よく見かけるとかよく使われているとか、そういったものを「人と同じでつまらない!」と安易に避けるのも、一つには考えもの。

 

・なぜ評判が良いのか?

・なぜ定番になっているのか?

・何がベースに求められるのか?

 

こういった要素を分析したり研究していくことで、自分の中でだんだんと基準が出来上がっていくはず。

 

スペック先行より実用性を

 

楽器オタク的に、

 

・パッシブかアクティブか?

・PUはシングルコイルかハムキャンセルタイプか?

・ボディはアルダーかアッシュか?

・ディンキーシェイプかフルサイズか?

・薄いネックか太いネックか?

・指板はローズかメイプルかエボニーか?

 

こういうことを考えたり、話をするのは面白いものです。

 

一方、ろくに基準になるものが出来ていないのにもかかわらず、文面だけを見て判断するというのは非常に危険な行為だと考えます。

 

「アッシュはドンシャリ!」

「バンドじゃ駄目!」

「アルダーが最高!」

 

こう言いきってしまうのは実は怖い話。

 

スペック表だけ見て音の傾向から何からイメージできる、それで実際に大体合っているというのはもう、相当なキャリアがある強者ではないかと。

 

ということは、それだけ試行錯誤と失敗も重ねてきているはずですよね。

さぞかし無駄遣いもしてきたことでしょう。

 

そんな難しい世界の中でプレイヤーの支持を集め定番になるというのはやはり、相当なことではないかと感じます。

 

それだけの積み重ねと意味があるわけですから、「まずは定番から!」という選択をするのは一つの正解だと言えます。

 

派手だったり特殊な木材でアピールは長い目で見ると意外と弱い傾向を感じますよね。

 

演奏の現場では結局、地味でスタンダードなものが支持されていたり、あれこれ考えるのが馬鹿らしくなるような現実が当たり前のように起こっていたする。

 

アッシュはドンシャリで使いにくいどころか、それで何でもこなす人もいます。

 

何がなんだか分からなくなってきますが大切なのは、

 

『使える楽器』

 

これを見つけることですね。

 

そして信頼できるお店で買っておけば、メンテなど後の心配も無くなっていくかもしれません。

 

それを判断する、見極めるためにも、とにかく実際に色々な場所に行って弾きまくるのがおすすめ。

 

試奏も実戦も含め、試行錯誤あるのみですね。

 

まとめ・雑談

 

実は超アンチフェンダーな身だった自分。

 

色々あってそれは打ち砕かれてしまいましたし、それはこのブログの『パッシブベースと上達の思い出』って記事でも話しています。

 

40万クラスの工房系アクティブジャズベース。

それがフェンダージャパンのジャズベにバンドの中で完敗したとか、そんな実体験もあったり、楽器は本当に奥が深い。

 

自分の場合、

 

「作りが丁寧で弾きやすい!」

 

これは正解になりませんでした。

 

軽量は軽量でも「小型超軽量」ではなく、

 

『大型軽量』

 

こっちの方が理想。

厳選された良質な軽量材を贅沢に使ったものが好み。

 

完璧な5弦を求めた結果、ジラウドのブラッククラウドを7~8年弾いているわたくし。

実際、このベースの超高速レスポンスと超ワイドレンジ、何でもできる多様性に勝てる存在はないと感じる次第。

 

ジャズベ系サウンドの一つの完成系だと認識しています。

 

一方、「フェンダーそのものが欲しい!」なんてことは求めていないし、それを求める意味もないと割り切ってたりするのも本音。

 

これはもうほんと、フェンダーが好きならそれを弾くしかないって話ですね。

多少のバランスの悪さもデッドポイントも含め、その全てがオリジナリティ。

良い悪いもクソもなく、認めるしかないって感じ。

 

ただ、それそのもので行くのは自分にとってはちょっときついんですよね。

もっと刺激的なところも欲しいし、つまらない話、ジャズベそのものは使いたくないって心理もあったりします。

 

その結果、その自分の理想を実現しているのはこの世にジラウドしか存在しないと悟り、ベストな楽器であるとたどりついた次第です。

 

ジラウドのジャズベタイプのフレットレス、ジャコ丸出しなやつなんかも持っていたりしますが、これもほんと、めちゃくちゃ良いですからね~。

 

簡易ネオパッシブの美味しさ爆発って感じのシンプルさが最高。

 

ブラッククラウドと比較すると物足りないところも多かったり、完璧とは言えないのも確かなんですが、でも逆にそこに味わいがあったり、真似できない個性が生まれたりもするのだから面白い。

 

また、良いジャズベースを求めるというのは「弾きこんでなんぼ!」と思うところでもある為、そこを無視してあれこれ探したり、買ったり売ったりを繰り返すのもちょっと違うかなと考えています。

 

「エージングとか大嘘!」なんて言って不確定要素として切り捨てるかどうか、それは各々の好みと価値観の問題です。

 

でも本当、良いジャズベースを欲しているのであれば、まずはとにかく弾きこむことが先決だと自分は認識している次第。

 

これまたジラウドの話ですが、【Super JB】というジラウドでは珍しいノーマルジョイントのジャズベース。

 

それゆえになかなか鳴ってこない印象があったり、自分的にはあまり興味が湧かない楽器でした。

 

ところがどっこい、そのSuper JBをメインに10年以上も弾きこみ、とんでもない音に育て上げた人に実際出会ってしまったのでした。

 

あの弾きこんだサウンドと鳴りは衝撃以外の何ものでもありませんでしたね。

 

「ここまで違うのか!?」

 

ってひっくり返ります。ビビること間違いなし。

 

ジラウドのフルチューンの真の実力というのも改めて知りましたし、やっぱり、楽器は弾きこんでなんぼ、自分の象徴になる一本を持っている強みというのも思い知ります。

 

めっちゃくちゃ弾きこむと違いますね。

 

「ジャズベースってこんな凄い音が出る楽器なの!?」

 

ブッ飛びます。

 

そして、そんな凄い楽器を作るための元になってきたであろう存在というのが、ジラウドの福田さんが使っていた【69年製のフェンダージャズベース】と考えると、これまた実に興味深い。

 

ちゃんとオリジナルPUのままのヴィンテージフェンダーはレンジが狭いどころか広いとか、最初はそれがまったく信じられませんでしたね。

 

枯れて痩せてるどころか、レスポンスが凄く速く気持ちいいサウンドが素直に出るなど、自分のイメージとまるで逆だったりする話もあるから面白い。

 

一方、状態が安定しないとか、各弦のバランスが悪かったり、そういった扱いにくさの解消を求め、ジラウドが誕生したのだとも想像。

 

やはり、手放しで称賛できるわけでもない存在なのがフェンダー。

しかし、「だからこそいい!」なんて許せちゃったりもするから困った話。

 

言ってて意味が分からなくなってきます。

 

自分の中では良いジャズベース探しの結論ってのはジラウド一択になっていますが、もっと粗くきったない楽器が好みということなら、それはまた違うような気もするところ。

 

自分の好みは自分で見つけて自分で決め手いくしかないですね。

無責任なようだけど、本当にそれしかない。

誰々が使ってるとか周囲の評判が良いとか、それが参考にはなっても最終的には関係ない。

 

「自分に自信を持て!」

「弾きたいものを弾け!」

「それを使いこんでいけ!」

 

これですね。

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】