ジラウドベース 選び方のポイント 楽器探しについて考える (5)

ジラウド選び

 

 

www.pompombass.com

 

基本はフェンダーのそれにあり

 

『フェンダーベースの発展進化型』

 

とりあえずこう考えると話は早いかと。 

メビウスシリーズなどは見た目にもジャズベとプレベのそれ。

自分の所有するメビウスJBなど一目瞭然

 

f:id:bakibakibass:20170218005743j:plain

 

オリジナルシェイプのJ-BASSやフーリエなどにしてもそれは同様。

風変りな楽器を作ってるイメージもありそうですが、大本になっているのはやはりフェンダーであるはず。

 

ただ単に奇をてらっただけのコンセプトのものは存在していない、と言うかそもそもの話、店主である福田さんがプロミュージシャンである為、どうにもならないハズレとか実用外なものなんてのは作りません。

 

69年製のジャズベをリアルタイムで使用していた方ですから、これは本当、誰よりもジャズベースのことを知っているとも言えるでしょう。

 

「ヴィンテージとはこうあるべきだ!」なんて安易な先入観や固定観念も通用しそうにない。

 

まずはひたすら実用的であること、実際に弾くためにある楽器、プレイヤーのための存在であることを前提、当然としていると感じます。

  

定番の実用性+オリジナリティと自由度の高さが魅力

 

定番の安心感もある一方、やはりそれだけではとても語りきれないのがジラウドの魅力と凄み。

 

他では有り得ないような独自性に加え、自由度も高くなる分、扱いが難しい面も確かにあるとは思います。

一方、実に多くの意味で選択肢が豊富、非常に幅広いサウンドを生み出せることも意味しています。 

 

後述するフルチューンやネオパッシブなどのことを考えてみても、その自由度の高さが分かるというもの。

 

超ドンシャリ云々、スラップ専門みたいなレビューがされていることもありますが、

 

「シンプルが一番!」

「パッシブが良い!」

「やっぱJBとPB!」

 

こういう方向のベースが好きな人でも受け入れることができるだろう仕様も存在しているのが美味しいポイント。

 

それこそ『ジェマーソンチューン』なんて仕様もあるジラウド。

古いソウルやファンクが好きな人などでもまったく問題なし。 

ド派手どころかシンプルの極みであるOPBを作っているのも面白い。

パッシブ派だからこそハマる楽器も実に魅力的。

 

超ハイファイだったりオールラウンドな方向はもちろん、ごくスタンダードだったり控え目だったり、渋く泥臭くもいける懐の広さがありますね。

 

私的な話になりますが、メタルのベースを攻略するための相談をしに行ったことなんかもありますし、変な先入観を持って避けていても損なだけ。

 

ベースが好きなら一度は行く価値があると断言しておきます。

 

【スポンサーリンク】

 

 

電装系の選択

 

この部分の説明が非常に難しい気もするジラウド。

ここでは難しく考えず簡単にまとめてみたいと思います。

 

【フルチューン】

超高速レスポンス超ワイドレンジを狙うならこれ。

PUからバッファに直で送りさらにプリを通す超ハイファイ仕様。

とにかくタッチへの反応とEQの効き方が凄い。

異次元のスラップサウンドも実現できる。

使いこなすのは難しいけど慣れると他では物足りなくなる。

 

【ノーマルチューン】

フルチューンにやり過ぎ感があるならこっちが無難。

それでも十分にワイドレンジで高速。

EQを絞り気味にして渋くするも良し。

バランスが良くまさにオールラウンド。

中途半端なのではなくむしろ完璧な印象。

 

【ネオパッシブ】

プリアンプは通さずバッファだけを通す仕様。

ローインピーダンス出力の渋いパッシブって感じ。

一聴すると地味でもレスポンスや音抜けは段違い。

パッシブらしくトーンを活かした甘い音も得意。

フレットレスとの相性も素晴らしい。

スラッパー等を通せばフルチューンと同等の超絶サウンドも実現可能。

説明が難しいけど要はとにかく色々美味しい。

 

【簡易ネオパッシブ】

終段にバッファを一個という最もシンプルな仕様。

出力はローインピーダンスだけど使い心地は完全にパッシブ。

言うまでもなくパッシブ派に最高。

フェンダー系の楽器が好きなら一番受け入れやすいはず。

これまたフレットレスに超良い。

 

【パッシブ】

アクティブばかり話題になるけどちゃんと存在。

アンプシステムの性能が良いならさらに魅力的。

ジラウドのプリやバッファを通して鳴らした際の気持ち良さは格別。

シンプルにタッチを鍛えるにもおすすめ。

 

※パッシブの追記

新モデルのジャズベースが色々凄い。

Dr.Simプリアンプと組み合わせると最強に良い。

 

内蔵プリアンプの選択

 

基本的な選択肢は二つなのでそこまで悩む必要はないんじゃないかと。

扱いに多少の慣れは必要だけど操作自体は実はすごく簡単です。

 

「ミドルがない!ドンシャリ!」なんて言われることもありますが、それはEQのカットを知らなすぎ、使い方もイメージも限定しすぎ。

 

カット方向に使えばミドルを強調した音づくりも当然のように可能。

独自の効き方のおかげで音量が激減なんてこともなく非常に実用的。

 

【JFDT-C】 

ベースとトレブルの2バンドEQ。

変な癖がなく使いやすい。

めちゃくちゃ幅広く音づくりできる。

超絶ワイドレンジにしたいならスラップモードは必聴。

弦代の節約にも良い。

 

【Mobius】

トーンのツマミは一個。

それでもめちゃくちゃ幅広く音づくりできる。

ハイファイとローファイどっちもいける。

JFDT-Cよりもボトム豊かで重心が低い印象。

プレベやフレットレスとの相性も良い。

1トーンだからJB・PBの見た目に違和感なくハマる。

 

【バッファのみ】

あえてネオパッシブ止まりにするのも美味しい選択肢。

EQの操作が苦手だったり面倒なら迷いがなくなるはず。

細かい使いこなしに悩むよりいっそ無い方が楽。

シンプルに済むならそれに越したことはない。

ある意味では一番実用的で正解。

外部で積極的に音づくりするにも扱いやすい。

 

PUの選択

 

【JJスタイル】

いわゆるシングルコイル。

それを二つを搭載したジャズベースタイプ 。

ジャズベが好きなら当然これ。

PU位置は60年代が基本。

5弦仕様もあり。

 

【PBスタイル】

そのまんまプレベ仕様。

プレベが好きならこれ。

実はジャズベを遥かに上回る超ハイファイ仕様にもできる。

磁界を変えるジェマーソンチューンも存在する。

4弦のみ。

 

【PJスタイル】

読んで字の如くP+Jの組み合わせ。

ここ数年前までは存在しなかったジラウドの新仕様。

PJ嫌いが出してきた独自コンセプトのとんでもないPJ。

世の中によくあるPJとは次元が違う。

フルチューンで最強にレンジが広くなる。

4弦のみ。

 

【ハムバッカー】

前述のJJを二連にしたPU。

PUケースにパラレル/シリーズ切り替えスイッチ内蔵。

超ハイファイもぶっといのも分かりやすく使い分けできる。

PU位置は基本的にはJBとPBと同様。

過去にはミュージックマン位置も存在。

オーダー内容によってはやってくれるのかもしれない。 

5弦用もある。

メビウスシリーズに搭載できるかは不明。 

 

【スポンサーリンク】

 

 

基本モデルの選択

 

【J-BASS】

ジラウドと言えばこれって存在ではないかと。

とにかくデッドポイントが少なくて使いやすい。

全音域にわたるバランスの良い鳴りと豊かなサスティーンが魅力。

大型に見える一方、実際に弾くと独特のカットがそれを感じさせない。

5弦でもローBまでちゃんと使える完璧さが素晴らしい。

より高速にワンランク上を狙うならブラッククラウドがおすすめ。

 

【Fourier】

カッタウェイ深めのプレイアビリティ重視なモデル。

5弦でも3kg台のものが多くほとんどが超軽量な仕上がり。

最も軽い個体で3.2kgの4弦もあったとか。

それだけ軽くても音はジラウドらしく凄いのが魅力。

3Dシェイプとディープジョイントでボディ鳴りも強力。

技巧派やライブ派などに最高に合いそう。

 

【Mobiusシリーズ】

JB・PBなどフェンダーシェイプが好きならこれ。

一番とっつきやすいシリーズだと思う。

シンプルなスタイルで行きたいならネオパッシブにするのも良い。

最近ではPJ仕様も開発されたのでそれも面白い。

ジラウドらしくディープジョイントは健在。

今現在、5弦を作っているかどうかは不明。

 

【Super JB】

ノーマルジョイントのジャズベ。

普通なようで一味も二味も違う。

フルチューン仕様でとんでもなくハイファイ・ワイドレンジ。

ある意味ジラウドで一番難しいかもしれない楽器。

このベースを使いこなせるなら何が来ても平気なんじゃないかと。

4弦のみ。

 

【OPB】

オリジナルプレシジョンベース。

パッシブが基本な超シンプル仕様。

タッチを鍛えるならとにかくこれ。

太い音を出したいなら縦振動で! 

4弦のみ。

 

【フレットレス】

全モデル対応可能かは不明だけど実はものすごく良かったりする。

ジャコ系が好きならメビウスJBが最高に良いんじゃないかと。

自分が持ってるメビウスJBなどはフレット分だけ指板が厚い。

デッドが少なくサスティーンが素晴らしい。

ネオパッシブがめちゃくちゃ合う。

 

【New Klein】

弓でも弾けるW-BASSやKLEINの後継機。

バイオリンシェイプ。

PUもプリも専用のものを搭載。

ウッドベースのようなサウンド。

今のところはこの世に2本しか存在しない?

4弦のみ。

 

木材は定番から選択

 

どんな材のストックがあるのか?

どこまで選べるのか?

 

こればかりはジラウドさんでなければ分からないところですが、特殊な材というのはほとんど使わない印象です。

 

・ボディはアッシュ

・ネックはメイプル

・指板はローズ、メイプル、シャム柿など

 

大まかにはこんな感じになるんじゃないかと。

 

そのレスポンスの遅さからか、アルダーボディの個体はここ10年ぐらい見ていないかな?

逆に木材を選択する迷いがなくなって良い気もしますね。

 

特殊な材を使わないから木にはこだわってないかと言うとそうではなし。

むしろその質については相当うるさい方だと思います。

 

ほったらかしでも全然問題ない頑丈なネックの個体もあったり、実際、自分のW-BASSなどは一回もトラスロッドに触った経験がありません。

 

他の所有機にしてもそんなに神経質ならずに済みます。

調整が楽なのは本当に助かるポイントですね。

 

ボディ材について言えば特に美味しいのは1ピース仕様。

よだれが出るほどに見事なものもあり。 

「アッシュ」と一口に言ってもまったく侮れるものではありません。

超軽量な個体もあることを考えれば厳選指定しているのは間違いなし。

 

スタンダードな材を小細工なく最大限に活かしていると感じます。

 

セミオーダーが基本

 

ここ数年で製造形態が変わったのが大きなポイント。

ロット生産ではなく一本物での製造が基本になった様子。

より個体差なく精密な作りにもなった印象。

 

上記の仕様から選択するのはもちろん、塗装なども好きなようにオーダーできそうです。

過去には確か、ボディ・ネック・指板とオールイエローで作られたものなどもあったはず。

 

他では見かけないオリジナルカラーも多いので、ステージ映えを第一に考える人にもしっかり答えてくれるのではないかと。

 

角度によって色が変わったりショッキングピンクなんてカラーもあったり、意外と塗装について柔軟な姿勢、独自の主張をしてくるのもジラウドの面白さ。

 

塗装についてだけではなく、過去にはプレベネックのジャズベなんてものもありましたが、あれは良かったですね。

 

欲しいものがあるならまずはお店に行くのが一番。

 

「馬鹿馬鹿しいかなぁ・・・」なんて思ってる仕様でも話してみれば案外、実現する可能性もあるかもしれません。

 

【スポンサーリンク】
 

 

自分のベースの仕様&まとめ

 

・モデル 【ブラッククラウド5 リミテッド】

・ボディ 【1ピースホンジュラスマホガニー+シャム柿】

・ネック 【メイプルネック+シャム柿指板】

・塗装 【ナチュラルオイルフィニッシュ】

・電装仕様 【フルチューン+ネオパッシブ)

・プリアンプ 【JFDT-C】

・PU【JJスタイル】

 

f:id:bakibakibass:20170114171756j:plain

 

とりあえず簡単にまとめるとこんな感じ。

 

通常のラインナップにはない仕様になっている為、かなり複雑な印象を与えそうですがそれもオーダーの醍醐味ですね

 

『完全自分仕様』

 

人が弾いて良いかどうかではなし。

自分が納得できる意味でこれ以上の存在はありません。

 

フルチューンとネオパッシブの合わせ技も物によっては出来たりする為、興味がある人は相談してみると面白いでしょう。

 

ただ、セッティングが複雑になってしまったり、考えすぎて収集がつかなくなる可能性もあるので、個人的にはシンプルな仕様の方をおすすめします。

 

プリアンプに関しては前述した通り、JFDT-Cでもメビウスでもカット方向の音づくりを覚えると、そのオールラウンドっぷりをいかんなく発揮してくれるように。

 

世の中の多くのプリアンプとは違い、EQをオールカットしてもスカスカにならないから凄い。

 

アンサンブルで使いやすいミドルを強調したサウンドになる為、派手な方向よりむしろ積極的にこっちの方を狙うのもおすすめ。

 

極端なドンシャリなどに感じるのであればそれは楽器の特性のせいではなく、高確率でセッティングの甘さにあるはず。

 

いくらジラウドのプリアンプが唯一無二の優秀なものだとしても、無闇やたらにブーストして的外れな音づくりをしているのでは、なかなか良い結果は得られません。

 

また、よく言われているようにタッチに対して正直で厳しい面もある為、そこで挫折してしまう人も多いのではないかと想像します。

 

何も知らずにフルチューンなんかを弾くと心が折れる可能性あり。

変な誤解をするのも分かるっちゃ分かる気もするところ。

 

その一方でやはり、知らないことだらけで判断をしてしまうのは疑問を抱きます。

 

タッチに対して寛容なチューンもあったり、普通のパッシブレンジな感覚で使えたりもするわけですから、結局は使い方と仕様なんですよね。

 

「難しい」とばかり評しているようですがそれも偏見と言えば偏見。

変に恐れずあくまで一面と考えた方が世界も選択肢も広がります。

 

嫌味な言い方にも聞こえそうですが、ちょっと勉強をして理解を深めさえしていけば、その価値が一気に分かるようになるはず。

 

こんなにプレイヤーの要求に素直に答えてくれる楽器は他に存在しないと言っても過言ではありません。

 

音づくりの自由度がものすごく高い。

タッチにも縦横無尽に答えてくれる。

見方を変えればこんなやりたい放題が許される素晴らしいベースもないでしょう。

 

「演奏も音づくりも常に悩んでる・・」

「楽器の使いこなしが分からない・・」

「もっと良い音を知りたい・・」

 

そんな何かしらの悩みを抱えているのだったら、一度と言わずジラウドに行ってみることを強くおすすめします。

 

すでに持っている人であれば、楽器と一緒に里帰りして新しい何かを発見するのも面白い。

 

自分の場合、後からフルチューンにしてもらったり、ネオパッシブにもしてもらったり、紆余曲折あって今の仕様が最高に合ってると落ち着きました。

 

自分用にしてなんぼ。弾きこんでなんぼ。

好きなように遠慮なく弾けるようにしてこそ最高に輝く楽器なんじゃないかと考える次第。

 

とにかく弾いてて楽しいベース。

使いこむとさらに凄い音になっていくのが最高に気持ち良い。

本当に底知れない奥の深い楽器ですね。

 

10年弾いても20年通っても飽きなかったのはジラウドだけ!

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com