JOHN MYUNGと6弦ベースの魅力を語る (1) Six Degrees of Inner Turbulence

Dream Theater 6DOIT 目次

 

 

あくまでも控え目に

 

6弦を用いて超絶技巧を駆使するジョン・マイアング。

それでいてバンドや曲中における印象は一歩下がったポジションにいるのが凄い。

 

動くフレーズを必要としていない時は驚くほどシンプルに徹しますし、ルートで4分音符を淡々と刻むだけなんてのも当然のごとくやります。

 

あれだけの技術を持ちながら一歩下がるどころか、さらに二歩も三歩も下がることができる。

これはなかなか真似のできる姿勢ではありません。

  

本当に「そこまで主張しないか!?」ってぐらい後ろにも下がれる印象。

 

しかし、そうやってマイアングがしっかりボトムを支えてくれたり、たっぷりスペースを用意してくれるからこそ、バンドメンバーが遠慮なく弾ける面が絶対あるはず。

 

これもドリームシアターとならではと言うか、シンプルに徹する場面が逆に印象的にもなるのだから面白いですね。

 

派手なところばかりが注目されがちですが、そういったアレンジや展開の妙も聴きどころでしょう。

 

「能ある鷹は爪を隠す」ってやつじゃありませんが、空気や水のように重要な存在である一方、時には牙を向いて前面で主張したり、印象的な旋律を奏でたり、そりゃファンも多いわって頷けます。

 

こういう姿勢ってのは日本人的には痺れるポイントかもしれませんよね。

自分にとっても中学時代からの憧れですねこの人は。

 

プレイスタイルだけでなく、音楽に対するそのストイックさなど、見習うべき点が多すぎます。

 

ドリームシアター・二枚組の大作

 

大作志向の彼らが二枚組で出した強烈な作品

 

『Six Degrees of Inner Turbulence』

 

2枚目の方のタイトル同名曲に関しては、40分を超える組曲というのがまた強力。

 

一応、トラックが分かれてはいますが、ライブDVDの方だとそのまま一曲扱いという凄まじさ。

全編を通して聴こうと思ったら、それなりの消耗も強いられることになるかもしれません。

 

しかしそれだけに聴き終わった際のカタルシスたるや半端ではない。

まさに「浄化される」って感じです。

 

自分の場合、きつい仕事がやっと終わりそうな時など、最後の【 Losing Time / Grand Finale】のイントロが頭の中で流れる癖が付いてしまいました。

 

「あぁ・・終わる・・安息が訪れる・・・」

 

そんな思いと共にあの壮大なテーマが流れ、一日の終わりを告げてくれます。

 

【スポンサーリンク】

 

 

The Glass Prison

 

大作でもあり実験的でもあるこのアルバム。

この意味深で重々しいタイトルの曲からその幕を開けます。

 

もう、その名からしていかにもな感じですが、曲調も展開もまさにその通り。

終始シリアスでヘヴィな窒息感がたまりません。

「ほっ」とする場所がほとんど存在しない攻撃的で混沌とした世界に息をのみます。

 

そんなインパクト絶大なこの曲もマイアングの6弦ベースならではのプレイからスタートするのだから面白い。

 

その音だけ聴くとギターにも聴こえそうですが、紛れもなくマイアングが生み出しているサウンド。

 

一応、5弦でもやれないことはないのですが、ハーモニクスとの関係やハイC弦の響きなどを考えるとやはり、6弦で弾いた方がより印象的な曲になるでしょう。

 

大作のオープニングをベースが務めるという、その意味でも6弦による存在感が抜群に生きる美味しいフレーズ。

 

このアルバムを手に入れた際、速攻でコピーしたのを思い出します。

 

Blind Faith

 

グラスプリズン同様、2曲目でも印象的なイントロを弾いているのが面白いです。

 

特に難しいフレーズではないのですが、開放弦を使用したプレイだけに、他の楽器で真似をすることは困難。

 

これまた4~5弦ではそれらしさが出なかったり、ギターの領域に足を踏み入れた6弦ならではのサウンドが魅力的です。

 

さすがにグラスプリズンが濃密すぎたのか、この曲はゆったりとした印象が強いかもしれません。

とは言え、インストパートはきっちりあったり、ハードなサウンドも楽しめます。

 

まぁ、この曲で安心するというのも、感覚が狂っていると言えばそんな気はしますが、いずれにせよ、ドリームシアターにとっては箸休め的存在みたいに感じちゃうかも?

 

The Great Debate

 

全曲解説するとキリがないので、一曲飛ばして4曲目。

またまたマイアングのプレイがイントロの主要を務めることに。

 

ただ、今回はギター的なプレイとは異なり、淡々とヘヴィに刻みながら曲が進行していきます。

もうこの時点でシリアスな曲であることが分かるわけですね。

 

とは言え、超テクニカルなゴリ押しではなく展開で聴かせるタイプと言うか、これもまたドリームシアターらしいところではないかと。

 

サビは意外とキャッチーだったり、疾走感があって分かりやすかったり、このあたりも彼らならではの魅力と醍醐味。

 

詳細は省きますが、この次の【Disappear】が超絶に陰鬱な曲なので、その対比と流れがまた絶妙。

 

この曲の無力感・絶望感たるや、もはや言葉になりません。

ずっと聴いてると生きる気力を失いそうです。

 

The Test That Stumped Them All

 

ちょっと飛ばして、今度は2枚目の4曲目。

 

まぁ、組曲である為、4曲目と言うのも本当はちょっと違いそうですが、なんともらしさ全開のイントロを聴くことができます。

 

いきなりきっついユニゾンからスタートするこの曲。

これまたなんとも複雑怪奇、ヘヴィで高難易度です。

普通にバッキングするだけでも大変なこと間違いなし。

 

しかも、最後の最後でそのきついイントロをはるかに超える速度のユニゾンを叩き付けられるという恐ろしさ。

 

6弦の全音域を正確無比に使いこなせないと攻略は不可能かもしれません。

 

Six Degrees of Inner Turbulence

マイアング流の世界観作り・イントロ作り

 

他のアルバムでも確認できますが、マイアングはこういったイントロ作りやインパクト作りなど、世界観の構築に本当に優れている印象です。

 

技巧的な側面が注目されがちですが、彼のプレイによって曲の方向性が決定づけられるであろう場面が意外なぐらいに多い。

 

ハイC弦を高速に弾いたり、ただ単に綺麗にコードを鳴らすというだけではなく、ハーモニクスも積極的に取り入れ開放弦も巧みに鳴らし、より厚みのある印象的なフレーズを作り上げている。

 

ハーモニクスに関しては完全にジャコの影響を感じますし、それを裏付けるように昨年のツアーのソロタイムではなんと【Portrait of Tracy】を披露したり、その研究に余念がないことが伺えます。

 

ドリームシアターの成功ぶりを考えてみても、「速く弾けて難しいことができて」という範疇に留まるプレイヤーではないことがよく分かるところ。

 

様々なジャンルとプレイヤーから影響を受け、それを自分流に消化し音楽的に昇華している希有なミュージシャンと言えるのではないかと。

 

また今後も彼の魅力について語っていきたい次第。