オールディスクリート 究極のベースプリアンプ JIRAUD JFDT-HA

JIRAUD JFDT-HA

 f:id:bakibakibass:20171229224744j:plain

 

 

至れり尽くせり究極のプリアンプ

 

今はもう製造していないジラウドのラックプリ。

オークションなどではプレミアが付いている逸品。

知っている人にとってはよだれが出るほどのレア物。

 

情報が限られている印象も強く生産が終了していることもあってか、本当に幻の存在のようになってしまっているかもしれません。

 

そもそもジラウドについて話している人自体も少ないのが現実。

世間的にもどちらかと言えばマニアックな印象が強いはず。

 

そこで今回、このJFDT-HAについて分析と解説をしていってみようかと思います。

自分が聞きたいこと、読みたい記事を自ら作れるのもブログの面白さ。

 

「一番情報が欲しいのは俺だ!」

 

自分の声に自分で応えてみようかと。

 

オールディスクリート構造

 

学がない身で語るのもあれですが簡単に言うと、

 

「ICを使用していない回路」

 

こう考えておけばいいんじゃないかと。

要するに余計なパーツがなく動作も軽い回路ってわけですね。

 

「ディスクリート=最強!」みたいな単純な図式は成り立ちませんが、その恩恵を最大限に活かすのであればこのJFDT-HAはまさに究極的な存在。

 

その尋常ではない超高速レスポンス、超解像度、超気持ちいい音の飛び出しを体験すれば、他はまったく目に入らなくなっていきます。

 

実際、自分はそうなりましたね。

10年以上所有していますが他のプリアンプにはもうほとんど興味が湧きません。

探す時間と労力がもったいないってぐらいのレベルです。

 

パッシブ楽器に最強

 

3.2MΩと100KΩと入力インピーダンスの切り替えが可能なこのプリアンプ。

3,2MΩの方にはジラウドオリジナルのバッファ【アクセラレータ】が通ることになります。

 

このアクセラレータ、楽器本体に内蔵したりエフェクターの方に搭載されたり、ほとんどは9Vで駆動するのが常。

 

ところがJFDT-HAの場合、なんと40V以上での駆動。

ちっこい電池で鳴らすのとは次元が異なります。

 

ヘッドルームは余裕そのもの。

普通に使ってたらまず歪まない。

変なコンプ感とか音詰まり感など無縁。

 

窮屈な音になったり音像が崩れることも有り得ない。

でかい音はでかい音、小さい音は小さい音、そのまま出してくれます。

 

これほどの余裕を持ちタッチへの反応にも優れたプリアンプは他に知りません。

やれ真空管がどうの、そんなことにこだわるのが馬鹿馬鹿しくなる存在です。

 

パッシブが好きな人も世の中に多いかと思いますが、ただ単にイメージの問題で好きなのか、いまいち根拠に欠ける場合も多々あると感じるこの世の中。

 

「アンプ直!」ってこだわるにしてもその肝心のアンプの性能が微妙、そもそもパッシブ楽器に対して冷たいのではよろしくありません。

 

パッシブ楽器がより活き活きと生まれ変わり超楽しくなるのがJFDT-HA。

つまらないパッシブorアクティブ論を超越した真の凄みを味わえます。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ボリュームを上げればもうそれでいい

 

楽器本体とタッチさえしっかりしていれば何も加工する必要なし。

EQに行く前に音づくりが完結してしまうのがJFDT-HA。

素直なパワーアンプとスピーカーがあればさらに言うことなし。

 

エフェクターやシミュレーターでは解決できないことも多い現実。

変に凝れば凝るほど袋小路に迷い込むのも珍しいことではありません。

 

・余計なことをするから音がおかしくなる

・あれこれするほど無駄な遠回りになる

・どんどん音がボヤけて遅くなってしまう

・おかしなこだわりが理想を遠ざける

 

こういった問題点をこれ以上ないぐらいに理解できる存在。

その肝は基本特性、超シンプルな部分に有り。

 

アンプに繋いだらやるべきことは一つ。

 

『ボリューム上げるだけ』

 

これで完結させることも十分可能。

むしろそれが一番良いまであります。

 

40V超駆動のJFDT-C

 

ジラウドと言えば有名なのは【スラッパー】

そのスラッパーに使用されている回路が【JFDT-C】

 

そのJFDT-Cをアクセラレータ同様、40V以上で駆動させられるのがJFDT-HA。

 

9V駆動の場合、セッティングによってはどうしても多少のコンプ感が出てしまうものですが、 その心配が皆無になります。

 

とにかくクリーンでダイナミックレンジも異常に広い。

そのままズドーン!と一切の容赦も手加減なく再生可能。

 

スラップモード時のその凄まじさは言葉になりません。

世の中にあるハイファイだのドンシャリサウンドだの軽くブッちぎってくれます。

常識や認識が一変すること間違いなし。

 

一方、普通な感覚で使おうと思えばそこにも当たり前のように対応。

基本特性の素晴らしさこそが際立つのがジラウド製品。

実用的に美味しく答えてくれるのがJFDT-Cの魅力。

 

フレットレスなどで甘いサウンドを狙うもよし。

渋いヴィンテージベースな方向を目指すもよし。

中域に寄せた特性を狙うのも実に簡単。

 

JFDT-HAの場合、スラッパーや楽器本体に内蔵するのとは異なり、ミドルのツマミが表に出ている為、より細かいセッティングができるのもポイント。

 

ボリュームを上げるだけもよし。

とことんこだわって複雑に音づくりをするもよし。 

来るもの拒まずどこまでも何でも応えてくれます。

 

【スポンサーリンク】

 

 

A/B INPUT

 

二つある入力、それをスイッチ一つで簡単に切り替えることができます。

いちいちケーブルの抜き差しせずとも二本の楽器の切り替えが可能。

 

自分はほとんど使わない機能ではありますが、フレッテッドとフレットレスとを頻繁に切り替えるなんて人の場合、これは地味に嬉しい機能になるはず。

 

前述の通り、超強力なバッファによりパッシブ楽器も問題もなく使用できますし、入力一つだけを見ても実に美味しいプリなのが分かります。

 

信号のON/OFFもスイッチ一つで簡単に切り替えられる為、完全にミュートしたい時も簡単。

 

入力ゲインの切り替えも装備。

信号がものすごく小さな楽器にも対応可能。

シンプルながらスイッチ類も充実しています。

 

HPM 最強のヘッドホンアンプ

 

ジラウドオリジナルのヘッドホンアンプであるHPM。

JFDT-HAにはそれが12V駆動仕様で搭載されています。

 

ベースを鳴らしながら外部音源のミックスも可能。

とにかくクリアーで歪まない。

音量に困ることもまずありません。

ヘッドホンでの練習にも最高の性能を発揮します。

 

このHPM、ヘッドホンアンプとしては異例な出力を持っている為、実はスピーカーを鳴らすこともできるのがポイント。

 

能率の良いスピーカーがあれば結構凄いことになります。

環境によっては苦情間違いなしの音量まで出せてしまうから凄い。

余計な回路がない分、非常にクリーンなサウンド。

オーディオアンプとして使用しても普通にイケるという美味しさ。

 

もちろん、音源と同時にベースを鳴らすこともできる為、音量を欲張らないのであればJFDT-HAとスピーカーだけでも十分に練習できてしまいます。

 

論より証拠でこの動画。

エピファニのT310をHPMで鳴らしています。

古いデジカメ時代のものですがその機能は伝わるはず。

 

www.youtube.com

 

DI エフェクトループ チューナーアウト

 

お約束と言うか必需品。

ハイクリティなDIも搭載されています。

ファンタム駆動はできませんがライン出力にも対応。

 

たぶん、これだけも需要があると想像。

実際、ジラウドからDIも発売されています。

 

ミニスイッチやフットスイッチで切り替えな可能なループにより、エフェクターをスルーするのも簡単、音痩せを気にする人にとっては嬉しい機能になるでしょう。

 

完全独立したチューナーアウトも地味に嬉しい機能。

まさに至れり尽くせりと言えます。

 

【スポンサーリンク】
 

 

ライバルはジラウドの新作だけ

 

手に入れて10年以上、無敵の存在だと思っていたこのJFDT-HA。

ここにきて手強いライバルが誕生してしまい、ちょっと焦りをおぼえています。

 

【Speed Booster】

【Dr.Sim】

 

どちらもジラウドの新製品。

しかもよりコンパクトでシンプル。

 

いやまさかまさかの展開です。

このJFDT-HAをも超えるような存在が現れるとは想像もしていませんでした。

 

ゲインをブーストするだけの機能とDI機能だけという、ベース用プリアンプとくくるよりはシンプルなマイクプリアンプと考えた方が話は早いかもしれません。

 

それだけにシンプルな直球勝負では勝てない印象。

その恐ろしいほどの解像度とレスポンスに痺れます。

 

JFDT-HAだけでも十分なのは確か。

と言うより超贅沢の極み。

同じように所有している人も絶対いるはずです。

 

それを超えてきたのだから本当、

 

「まだ上があるのか・・」

 

青くなってしまいましたね。

特にDr.Simの威力は想像を絶するものでした。

 

多機能な点から考えればJFDT-HAの方が優れている一方、純粋な増幅アンプとしては余計な箇所もあるのかもしれません。

 

超絶シンプルなDr.Simの基本特性には勝てないのかなと思わされました。

 

そう考えていくと世の中の楽器用アンプの恐ろしいまでの鈍重さ、低解像度っぷりに呆れる原因というのは、余計な要素の詰めこみすぎなのかと悲しくもなるところ。

 

高速プリアンプと超シンプルで良く鳴るパッシブベース。

この組み合わせを一度体験することをおすすめ。

知らない人は絶対に知っておいた方が良い。

ベースを弾くのがもっともっと楽しくなること間違いなし。

 

JFDT-HAとDr.SIM。

音にも弾き方にもこだわりたいなら一度は体験しておくべき。

やっぱりジラウドはちょっと違うぞと声を大にしたい次第。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com