ジラウドのPUの魅力を語る・まとめる

ジラウドのイメージ?

 

「ワイドレンジ」とか「ハイファイでクリアー」なんて言った場合、恐らくはビンテージとは真逆なイメージをするのではないでしょうか。

 

そして、ジラウドにそんな印象を抱いている人も少なくないはず。

 

しかし、実際のところは、意外な面も多かったりする印象。

 

PUについても同様、そのイメージとは裏腹に、驚くほどに昔ながらなものなのかもしれません。

アルニコとエナメル線によるPU、それだけ聞くと何ともスタンダードです。

 

出力を欲張ったり、過剰に個性を主張しようとする癖をつけるわけでもない。

むしろ、昔のフェンダーに近いと言ってもよいぐらいに思えます。

 

巷のPUの微妙さ

 

オールドのコピーが自慢なんて感じのPUもよくありますが、大抵は妙な癖が出てしまっていて自分は苦手。

 

「ビンテージの再現!」なんて言いつつ、なぜだか安っぽい味つけがしてあったり、そんなものが多いから残念なところ。

 

一方、新時代系と言うか、独自性を売りにしてるものに関しても、あまり良い印象がなかったり。

 

なんだか薄っぺらかったり、小奇麗にまとまっててつまらなかったり、新時代どころかレンジが狭かったり、パンチもガッツもなかったり散々なことも珍しくない。

 

ビンテージの再現や進化どころか、コストダウンして退化なんて勘弁な話ではないかと。

 

「ギターのついでに作ってない?」とツッコミたくなるものばかりです。

 

ジラウドPUの魅力

 

そんな中、ジラウドのPUは非常に貴重な存在。

楽器の素性と弾き手のタッチに気持ち良く答えてくれます。

 

一方で、現代的な実用性もしっかり考えられている為、各弦の音量バランスなども良く、妙なノイズの心配などもないかなと。

 

ジラウド独自のプリによる超絶サウンドのインパクトは確かに凄いかもしれませんが、それというのも複雑な要素が上手く噛み合ってこそ、実現できるように感じるところ。

 

楽器本体は言うに及ばず、PUまでどうしようもないのでは本末転倒。

プリにどれだけ凝ろうとマイクがオンボロなのでは、その効果もたかが知れているでしょう。

 

シンプルなPUは扱いが難しくなる面も確かにありますが、見せかけの声量を得ようと無暗にパワーを上げるのは好みではありません。

 

弾いたそのままが出るって方が個人的には好きです。

 

よくある、「ローノイズでワイドレンジだけど誰が弾いても同じような感じ・・」なんてものとは異なり、心地よい荒っぽさと味わいがあるのも美味しいポイント。

 

過激なスラップサウンドだろうが、ローファイで甘くイナたい音だろうが、それを弾き手が自由に簡単に選択できるのが素晴らしい。

 

やりたいことによっていちいちPU交換なんて考えずとも、タッチとセッティング次第で驚くほどに音が変わります。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ジラウドのPU位置

 

これまた拍子抜けなほど、ごく普通な感じだったり。

 

60年代のフェンダーJBPB、ミュージックマンのスティングレイなど、このあたりの本当にスタンダードなPU位置に設定されているようです。

 

一部に例外もありますが、基本的にはフェンダー系のそれではないかと。

そこだけ見ると新鮮味はないかもしれませんが、それだけに安心するポイントとも言えます。

 

多弦や凝ったベースにありがちですが、変化球を狙うとどうしても音は崩れがちになるから難しい。

 

それを個性と捉えるか可能性と見るか好みの問題ではありますが、個人的にはフェンダーから完全に離れてしまっているものはやはり苦手。

 

正直、70年代のJBぐらいの変化でもあまり好きになれなかったりします。

そして恐らく、そういった人も結構いるんじゃないかと想像。

 

変化球は難しい

 

あれこれ試行錯誤したり色々手に入れ、自分が辿り着いた結論。

結局は昔ながらのフェンダーのPU位置が実用的でバランスも良い。

 

特にJBについてはその塩梅が完璧と言うか、フロントでもリアでもミックスでもちゃんと使える音が出てくれます。

 

一方、トータルもなにも考えず、「とりあえずハムを2個のせておけば太い音が出るだろう」なんて感じに作られたものは、出音もよろしくないことがほとんど。

 

そう考えてしまう気持ちも何となく分かりますが、現実はそんな甘くないから楽器って難しいです。

実際には干渉しまくったり、それで音が痩せたり抜けなくなるから実に面倒くさい。

 

2つのPUのミックスというのは想像以上に複雑であり、実用化が難しい問題なのかもしれません。

いくら木工技術を駆使したところで、電気的な部分をおろそかにすれば酷いことになるわけです。

 

『エレクトリックベース』なのだから、そこを無視してもらっては困る話ではないかと。

 

やっぱりフェンダースタイルは良い

 

アンチフェンダーだった身としては、定番にあらがいたくなるのも分かりますが、新たなPU位置を研究したり追及するというのは、一筋縄ではいかないことだと感じます。

 

それで苦労するよりセッティングを詰めたり、普通に練習したり、そうした方が健全で前向きだと、自分は疲れ果てたかもしれません。

 

もうほんと、「レオフェンダーは偉大だった!」って結論でいい気がしますし、ジラウドが自分に合う大きな要因の一つもここにあるのだろうと考えます。

 

「定番になるにはそれだけの理由があるんだなぁ・・」と悔しくも納得する次第。

 

【スポンサーリンク】

 

 

その昔、多弦用のPU探しで困った話

 

多弦歴の方が長く、楽器の買い替えも多かった自分。

ジラウドを手に入れる以前ですが、困ったのは好みの多弦用PUが見つからなかったこと。

 

「やっぱり4弦の方が気持ちいい音がする・・」

 

と感じる人も多いことかと思いますが、楽器そのものの鳴り方の他、電気的な特性も強く絡んでいる気がしてなりません。

 

・何でこんなにパンチがないのか?

・何でこんなに音が抜けてこないのか?

・何でこんなにバランスが悪いのか?

 

そんな印象で多弦に対しガッカリする人も多いはず。

 

バキーン!と気持ちよくスラップ出来る多弦ベースはなかなかありません。

新品弦の倍音が美しく力強く響く多弦って悲しいほどに存在しない印象。

 

前述の通り、スタンダードな方向性からは離れていくPUの多くが、自分の好みとは合わなかったりするから参ってしまいます。

 

・とにかく高域特性が悪く癖も強いものばかり

・表情に乏しくタッチへの反応が悪い

・お約束とばかりに使われる定番のプリと組み合わせるのも食傷気味

 

「シングルコイル=レンジが広くクリアー」なんて単純な話があるわけもなく、望んだレンジやレスポンス、音抜けからは程遠いものがほとんどなのが現実。

 

そもそもパッシブでも使う気になれる多弦がどれだけあるものか?

 

楽器本体もPUについても含め、そこに明確な答えがあるような。

 

ジラウドの5弦用PU JB-05

 

ジラウドの5弦はその点において非常によく研究されている印象。

 

PUについても、単純に弦一本分増やしたなんて手抜きな作りではなく、相当な研究とテストを繰りかえして作られたことが分かります。

 

5弦でも気持ちよく音が抜けてくるし、レンジも広く実用的。

安易に個性を主張したり妙な癖を押し付けてくるPUとは全く違う。

 

今や5弦ぐらいでは多弦とは言わない時代になってきた気もしますが、それだけに、スタンダードな方向をもっと見直し研究した方がいいように感じるところ。

 

普通であることはつまらないかもしれませんが、奇をてらった変化球が前提だったり、そっちを主とするのもどうなのかなと。

 

アルニコとエナメル線でごく当たり前に作られた5弦用PU。

ちゃんと使える欲しいものがあるというのは素晴らしいことですね。

 

古きをたずねて新しきを知る

 

実用性の追求はもちろん、曖昧で感覚的な部分にもしっかり答えてくれるのがジラウドの魅力。

タッチに対する反応が豊かで弾いててとにかく面白い。

 

しかしまぁ、考えてみれば、安易な変化球に逃げないPUの方が異端になってしまうというのだから不思議な話。

ある意味、フェンダーの凄さを感じるところでもありますし、世の中のPUの残念さを物語っているようにも思えます。

 

「温故知新」

 

ジラウドに触れていると、この言葉が思い浮かぶかもしれません。

ピックアップひとつ取ってみても、それを強く感じる次第。

 

あれこれ弾きましたが、結局、直球勝負の魅力に勝るものはないってことなんでしょう。

 

※元記事

ジラウドのPU - ポングとベース

ジラウドのPU位置 - ポングとベース

JIRAUD JB-05 5弦用PU - ポングとベース


 

【ブログカテゴリー】