【ベース談義】 太い音の出し方を考える (7) エレクトリックであることを再認識する

エレクトリックベースには電気が必要

 

生音が大きいほど良い?

 

楽器を生音レベルで豊かに鳴らせるのが重要だと思う一方、その音を大きくすることを求めるだけでは良い結果にならないのが現実。

 

「声量が必要」

 

と最初に言ったものの、それをそのまま馬鹿正直に受け取るのも本当はまずい。

 

生声に対して「ドラムと爆音で張り合え!」とか「マーシャルフルテンに対抗しろ!」とか、そんなことを要求しても不毛なだけ。

 

どんなに凄い声の持ち主だとしても、マイクの使い方が壊滅的に下手とか、再生システムがあまりに酷かったりなど、それでは上手くいく道理がないでしょう。

 

肝心なのはその質を上げることですね。

そしてそれを効率的に増幅するのが大切。

 

電気楽器はやっぱり電気楽器

 

エレクトリックベースも結局のところ、弦振動を拾うのはマグネットPUが主。

要はこれがマイクになるわけです。

 

いくら生で大きい音がしていても、マイクがちゃんと反応してくれないのは問題です。

信号をしっかり増幅できないのでは、あまり意味がないかなと。

 

そしてもちろん、アンプ・スピーカー側にどれだけ余裕があるかというのも、すごく大事なポイント。

 

PUやプリアンプ、エフェクターに強力なパワーを求めても、受け取る方がいっぱいいっぱいなのでは音は簡単に崩れたり潰れてしまいます。

 

特に低音の過剰なブーストなど、逆効果になる場合がほとんどである印象。

 

そこに加え、怒鳴り声のようなタッチをブチこむとどうなるか?

まぁ、誰がどう考えても無茶というものでしょう。

 

どんなに思い入れを持とうが感情をこめようが、しょせんは楽器もただの道具。

電気的な部分、その現実を見ることも大切です。

 

アンプの鳴らし方が重要

 

エレクトリックベースで太い音を出そうとするのであれば、いかに上手く効率的にアンプを鳴らすか、それを考えることが凄く重要でしょう。

 

アンプと言ってもこれはベースアンプに限定した話ではなく、ベースを鳴らすシステム全般のこと。

 

「ベースは絶対ベーアンで鳴らす!」なんてのも古い考えですし、環境によってはほとんど役に立たない価値観だと思います。

 

繰り返すようですが、ブーストオンリーとか足し算だけの方法や機材ばかりを求めても、受け止める側と音の出口がしょぼいのでは不毛な結果になるだけ。

 

ぐしゃぐしゃに音が飽和するだけだったり、失敗する可能性が高い。

 

楽器本体はもちろん、アンプの性能を活かすのであれば、

 

あえてローやハイをカットしてみる

・異常なピークが出ないように音をまとめてみる

・電気的に増幅しやすいように弦を綺麗に振動させてあげる

・力まずに弾いても鳴るように楽器をセットアップしてみる

 

こんなことを意識してみるとまた音が変わってくるはず。

残念ながら、大音量で超低音を求めるなんてのは、実用的でも現実的でもない印象。

 

余程に完璧な環境でもない限り、大体において邪魔になるだけ。

 

全部合わせてひとつの楽器

 

生音だけで判断するのではなく、自分のタッチに合わせて楽器を選んだり調整したり、効率的に増幅するための方法はさまざま存在するもの。

 

いずれにせよ、『太い音=腕力』みたいなイメージは捨てた方がいいでしょう。

生鳴りだけを意識して全てを決めるのも無理がある話。

 

エレクトリックベースである以上、

 

『エレクトリック』

 

電気が必要なことを無視するのは不可能。

そこで屁理屈こねても無意味。

 

弦高がものすごく低かったり、全然力を入れてないようでもパンチのある音を出せる人というのが世の中には存在します。

 

そういった人達というのは卓越した技術を持つだけではなく、エレクトリックな部分の扱いを熟知しているのではないかと考える次第。

 

これは本当、ギターなんかは特にそういうものだと思います。

誤解を承知で言うならば、あのペチペチした生音の寂しさったらありません。

 

アンプの存在を無視したり、アコースティックな豊かさを追求するというのは、一つには幻想である気もしますよね。

 

弾くべき楽器を間違えているんじゃないかと。

 

求めているのは腕力?音量?音質?

 

そもそも、ソリッドボディの楽器にアンプを超えるような生音を求めても、なんの意味もありません。

 

常識的に考えてそんな人もいないでしょう。

 

となるとやはり、エレクトリックならではの効率的な増幅方法を考えることが必然であり、重要なポイントになってきます。

 

電気的な性能をフルに発揮させるためにも時にはアンプに楽をさせてあげたり、自分も楽に弾いてみたり、そうやって色々実験してみると面白い。

 

また、自分の問題だけではなくバンド自体の音量も下げてみたりしても、意外なぐらいに音は変わってくるもの。

 

10Wのアンプが成長して400Wになるとかそんな話はありえないわけです。

そこに400Wのパワーを求めて不満を感じるのも馬鹿げているし、不毛なだけ。

 

だったら、その10Wの中でいかにベストな状態を探っていくか、その限界をいかに早く確実に把握できるか、それも音づくりの上手さの一つと言えるでしょう。

 

その音づくりにしても、本当の意味で太い音を出そうと考えるのであれば、

 

・ただの音量を求めているのか?

・音質の変化や向上を求めているのか?

 

そのあたりを見極めることが大切。

そこを勘違いしたブースト合戦や他の楽器との音量勝負もまた不毛。

 

「EQをブーストしても音量が上がってるだけで音質は大して変わってない」

 

こんなこともよくある話ですし、低音が欲しいのか音量を上げたいだけなのか、そのあたりの違いを把握しておくことも重要。

 

その点に注意するだけでも、音づくりやその意識も変わってくるはずです。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】