パッシブベースと上達の思い出 (8) 良いアンプシステムの重要性を実感する

パッシブベースと上達の思い出 (8)

 

使用アンプ

 

自分が縦振動の練習に本格的に取りかかった時のアンプシステム。

 

・プリアンプ 【JIRAUD JFDT-HA】

 

・パワーアンプ 【ART SLA-1】

 

・スピーカー 【Epifani T-110】

 

この組み合わせでした。

 

スピーカーに関しては大まかにはここから、

 

・Aguilar GS112

・Epifani T-310

・Cerwin-Vega PAスピーカー

 

こんな遍歴でしたね。

それ以外にも実験で頻繁に色々手に入れてました。

 

確実に言えるのは、ベース用のヘッドやコンボなど、見向きもしなくなっていたこと。

 

上記のシステムの場合、一般的なベースアンプと比較するとレスポンスもレンジもまったく比較になりません。

 

ちょっとしたタッチの差もニュアンスもしっかりと再生してくれます。

 

パッシブでよくあるイメージ、

 

「温かい音がする」

「レンジが狭くて丁度いい」

「音づまり感が逆に良い」

 

こういう価値観がひっくり変えるシステムが世の中には存在します。

 

「こんなにハッキリ音が出てくるの!?」

 

驚愕します。

 

【スポンサーリンク】

 

 

パッシブベースが生き返る

 

ちゃんとしたシステムであればブーストも何もせずとも、パッシブでもかなりワイドレンジで凄い音が出せます。

 

と言うか、ずっと続いてる自分の失敗談ではありませんが、変なアクティブベースを使うぐらいだったらちゃんとしたパッシブベースの方がおすすめ。

 

アタックから何から、遥か上になる可能性だってあると考えた方がよい。

 

高速なタッチレスポンス、ワイドレンジなシステムの場合、下手な部分がそのまま出てしまうリスクがあるのも確かに事実。

 

でも逆に言えば、

 

『上達の実感』

 

これが分かる存在、正直に再生してくれるシステムでもあるわけです。

それを考えれば本当、こんなに練習が楽しくなるものもありません。

 

以前の自分のタッチがゴミカス同然だった分だけ、日に日に音が太くなっていくのが心の底から楽しかったですね。

 

自然と練習にも熱が入りました。

 

楽器だけでなくアンプも超重要

 

バッカスのフレットレスやフェンダージャパンのジャズベにプレベなど、パッシブベース自体は前から所有していた自分。

 

一応、パッシブの良さを分かっているつもりでもいました。

 

でもそれは、ごく浅い表面の話だったんだとも思います。

アンプシステムをあらためることで、また明らかに感覚が変わります。

 

前回で出てきたフェルナンデスのOPB

ジラウド製ほどではないにしても反応はやはりシビア。

アンプシステムが揃っていると、タッチによって音が別物に変貌します。

 

そうやって違いがはっきり分かるからこそ、練習の成果もそれだけ実感できる。

やればやるほど自分の音が太くなっていき、タッチを鍛えるのがめっちゃくちゃ楽しくなっていきます。

 

一方、どんくさいしょぼいシステムを使っている場合、こういう感覚がまったく理解も認識もできない体になってしまう可能性が考えられるから恐ろしい。

 

縦振動のタッチが宗教くさく思えたり、それを堂々と言っちゃったり、タッチコントロールが信じられないという、そんな人もいるこの世の中。

 

それというのは悲しい話、その差を実感できるものに触れたことがない、試したことすらない、教えてくれる人もいない、それをあらわしているのだとも思います。

 

また、酷いものが世の中に溢れている証でもあるのかなと。

 

ベースアンプが嫌いだと以前に記事にしましたが、そのベーアンにすらたどり着けない、音を出すのが許されないのはあまりに辛い。

 

ヘッドホンとシミュレーター漬けで練習するとか、自分的には勘弁願いたい。

 

環境によっては当たり前なのかもしれませんが正直、

 

『拷問みたいな生活』

 

こう感じてしまうかなと。

 

あれこれ試したって実感のしようがない。

何を言っても無駄になってしまうんだろうと想像。

タッチで音が変わることがオカルトに思えるのも無理ない話なんでしょう。

 

いくら良い楽器を手に入れたとしても、音の入口も出口がしょぼいのではどうにもなりません。

 

少なくとも、タッチによる音の差を実感したいのであれば、一度はしっかりしたシステムを体験しておくべき。

 

しかし、なぜなんでしょうね?

重要にもかかわらず、恐ろしいほどに放置されている問題のようにも感じます。

 

『タッチレスポンス』

 

この感覚が分からないというのは、想像以上に深刻な話なのかもしれません。

楽器本体とアンプだけの問題だけでは済まない何かを懸念します。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】