パッシブベースと上達の思い出 (7) 縦振動のタッチに挑むために環境を変える

パッシブベースと上達の思い出 (7)

 

結局またフェンダー

 

縦振動の実感をするには、ジラウドのOPBを弾くのが一番分かりやすい。

あれを弾いて何も分からないってことは有り得ません。

 

とは言え正直、それだけのために20万円クラスの楽器を買うのは厳しいのも事実。

自分の場合、まずは普通のプレベで練習を開始しました。

 

でまぁ、これまた皮肉と言うか、このプレベもフェンダージャパン製と来ました。

しかも、人様から頂いた楽器なのがなんとも悲しい話。

 

要するにタダ。

 

自分で選んだ楽器がことごとく駄目だったのに対し、定番のものを弾くことが一番の練習、成長も実感できるという現実。

 

それがバンドでも強かったりするからまた辛い。

100万円以上かけて学んだことは失敗ばかり。

 

やっぱり、言ってて悲しくなりますねこれ。

 

【スポンサーリンク】

 

 

まずは環境づくり

 

パッシブであれば何でもいいと構えるのも実は考えもの。

それはこのブログでよく話していることでもあります。

 

「パッシブが一番!最高!無策でもかまわない!」という話ではないので、ちゃんとしたシステムを持ってるに越したことはありません。

 

フェンジャパのプレベでタッチを鍛えはじめた後、古いフェルナンデスのOPBなんかを手に入れることになったのですが、それを活かすシステムがあるかどうかが本当に重要。

 

『Jiraud JFDT-HA』

 

その時にはもう、このプリアンプ入手していました。

パッシブ楽器の音がこんなに凄いものかと分かるのはこのプリがあるおかげ。

 

そうやって、トータルのアンプシステムや練習環境の見直しを本格的に始めていたからこそ、パッシブの性能をフルに発揮、実感できていたというのが大きかったわけです。

 

これでほんと、ちっこいアンプでインピーダンスもアンマッチングも起こしてるとかだったら、タッチの差なんかろくに出ませんね。

 

単純な話、弾いてて何も面白くなかっただろうなと想像します。

 

練習して上手くなるから楽しいのであって、その成果を全然感じられなかったら、すぐに嫌になってやめていたことでしょう。

 

縦振動の練習を開始

 

縦振動の練習をする場合、低音の出方やその量感が分かりやすいように、とりあえずは楽器本体のトーンを0にするのがおすすめ。

 

ただし前述の通り、ここでアンプが酷いと悲惨なことになってしまう為、その点に本当に注意が必要です。

 

単にこもるだけとか、ブーブーモーモー言うだけでは大した練習にはなりません。

自分のタッチで音が太くなる実感を得られてこそ、取り組み意味も価値も出てくる。

 

やはり、高速な特性のアンプとスピーカーがあった方が練習効率は格段に上がります。

 

と言うかそうじゃないと本当、

 

「意味がない!」

 

こう断言できるまでの可能性まで考えられるから怖いわけです。

変にこじらせたパッシブ信仰みたいなのを持っちゃうのには反対します。

 

「パッシブが良い

「パッシブが絶対!」

「パッシブこそ真実!」

 

こんな感じに盲目的になるのはおすすめしません。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

まずは環境づくりを!

 

縦振動はもちろん、タッチコントロールの楽しさを実感したいのであれば、それに適した環境を整えることがものすごく大切。

 

逆に言えば、そういった存在を知らないから楽器選びに苦労したり、タッチに対して無関心になってしまうことが考えられます。

 

まぁ要は、これを書いてる自分がそれだったと。

 

どんなベースを弾いているかはもちろん、普段、どんなシステムに触れているか?

それが自身のスタイルや行く末を左右する可能性だってあります。

 

誇張でもなんでもない本当の話、今まで持っていたアクティブのベースはこの頃にもう全て手放していましたね。

 

価値もまったく感じなくなっていたなと。

 

「もうこれじゃ無理」

 

この判断を下しました。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】