パッシブベースと上達の思い出 (6) トラウマを植えつけられたOPB

パッシブベースと上達の思い出 (6)

 

縦振動のタッチ

 

この研究こそがこのブログの主題と言っても過言でなし。

ジラウドの福田さんに教えてもらったその衝撃と言ったらありません。

 

実際に習って研究を始めてもう軽く10年以上になりますが、いまだ完成になど至らず先はどこまでも長いと感じる次第。

 

ベースという楽器は本当に奥が深い。

そしてもちろん、それだけ面白いものだと実感する日々です。

 

ただまぁここだけの話、縦振動のタッチとの出会いとそのショックを考えると、「明るい希望に溢れてる!」とか「夢中で楽しく取り組んできた!」って感じではありませんでしたね。

 

最初はどちらかと言うと、

 

「トラウマ」

 

この部類に入る体験だったのも実は否定できないところだったり。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ジラウドのパッシブ開発への疑問の思い出

 

『JFDT-HA』がジラウドから発売されてから程なくのこと。

完全パッシブのOPBとジャズベが発売されることにもなったと記憶しています。

 

しかし当時、この発表は自分の中でどうも腑に落ちないものでした。

 

「あんな凄い音出せるのに?」

「今さら何でパッシブ?」

「わざわざ性能落とすの?」

 

こんな反感すら持っていたような気がします。

 

例の5弦ジャズベをまだ持ってたか手放したか、時期についてはちょっと曖昧になっていますが、とりあえずジラウドを絶対視するようなことがなかったのは確かですね。

 

同社のMobius 5などに惹かれることはあっても、OPBなどパッシブの方には興味がなく、試奏なんかもまったくしませんでした。

 

パッシブやフェンダーへの抵抗は薄れつつあった一方、

 

「今は絶対6弦ベースの方が欲しい!」

 

この欲が出ていたこともあり4弦については興味がまったくなかったかなと。

 

OPBは全然良くなかった

 

ジラウドに遊びに行ったある日。

5弦か何かの試奏をしていた際ですね。

 

「あれ?縦振動のタッチって教えてなかったっけ?」

 

と福田さんにたずねられ、

 

「・・え? なんですかそれ?」とちょっと困惑した記憶。

 

そこで初めて今回のタイトルにもあるOPBを弾くことになった次第。

いわゆる『オリジナルプレシジョンベース』ってやつですね。

 

プレベよりもさらに以前のスタイルであるこの楽器。

実にシンプルの極み、パッシブでシングルコイルPUが一発。

 

小僧の身では魅力なんか全然感じませんでした。

試奏なんてする気にもまったくならなかった一本です。

 

実際、音を出してみても、

 

「うわ、なにこれ最悪・・」

「ぜんぜん良い音しないわ・・」

「古くさ・・・」

 

ガッカリした思い出。

 

「なんであんな凄いベース作れるのにこんなの出したんだろ?」

「懐古なのかな?意味分かんないな・・・」

 

首を傾げました。

 

圧倒的なサウンドと敗北感

 

結局、何もピンとこないまま、「あ~・・古い事やりたいならいいんですかね~?こういうのも?」なんて感じに福田さんにお返ししたOPB。

 

あっけなく試奏をやめてしまいました。

こんなベース自分にゃ絶対必要ないって印象しかありません。

 

そして・・人生を揺るがす瞬間がやってきます。

おもむろに福田さんがそのOPBで音を出したところ、

 

「ブンッ!」

「ドンッ!」

「バンッ!」

 

これがですね、

 

『同時』

 

に聴こえるようなサウンドが飛び出てきて目が点。

今まで聴いたことのない低音、アタックの固まり、エネルギーの集合体。

目の前のまったく別次元の出来事にひっくり返りそうになりました。

 

「バドゥンッ!」

 

なんて音のイメージで書こうかと思いましたが、これだと立ち上がりやアタックにタイムラグが発生しちゃってる気がするのでいまいち。

 

あの音を言葉で表現するのは自分には無理かもしれません。 

とにかく低音も一切の遅れなく全部が同時に出てくるんですよね。 

 

その当時の自分がOPBを弾くと、

 

「ボゥ~ン、ボゥ~ン」

「ゴイ~ン、ゴイ~ン」

「ぽへ~ん、ぽへ~ん」

 

こういう感じの情けない音しか出ないんです。

ところが福田さんが弾くと上記のようなサウンドになるわけです。

 

もう何が起きてるのかさっぱり分かりませんでした。

 

「なんか隠しスイッチでもあるんじゃないの?」

 

疑ってしまいましたね本当。

 

【スポンサーリンク】
 

 

下手さに気付きタッチの研究に目覚める

 

現実は残酷でした。

OPBにも福田さんの手に種も仕掛けも何もありません。

 

ただただ、

 

『タッチの差』

 

この事実を突きつけられ思い知ることに。

 

そこでようやく分かりました。

 

「なぜジラウドがパッシブを作ったのか?」

 

その理由を知るに至った次第。

 

それと同時に、

 

「俺、ゴミじゃねぇか・・」

 

落ちこみ泣きそうになりながら店を後にしました。

 

今思い出してみてもあんなに悔しく絶望的な気持ちになった体験とか、なかなか存在しないかもしれませんね。

 

「俺はベース上手い!」なんて調子に乗ってた分だけその反動が凄まじかった。

 

なんと言いますかまるで楽器を始めた頃のような、

 

『純粋で綺麗な心』

 

これを取り戻した気もします。

 

この体験があまりに衝撃的すぎたゆえ、基礎の見直しをすることになったのは当然、縦振動のタッチの習得に挑むことも決意した次第。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com