パッシブベースと上達の思い出 (4) アクティブJBがバンドで大不評だった話

パッシブベースと上達の思い出 (4)

 

ジャズベの恐怖

 

パッシブのジャズベースを手に入れたことにより、いろいろ目覚めたまでは良かったんですが、ここでちょっと痛い勘違いをしてしまうことに。

 

ジャズベってやっぱいい!と認めたのはいいけれど、まだまだ未熟だったんですね。

 

「ジャズベースであれば何でもいい!」

 

みたいに思いこんじゃったという。

そしてそれが原因でまた悲劇が起こることに・・・

 

求めるジャズベの方向性を誤る

 

アンチジャズベからは解放された一方、『アンチフェンダー』の呪縛が完璧に抜けたわけではなかった為、これが失敗の元になってしまうことに。

 

某社のアクティブ5弦ジャズベース。

何も考えずに手を出してしまい、完全に道を間違えました。

 

PUはバルトリーニ。

プリアンプも同社のTCTの組み合わせ。

スペックで言えば変な点はありません。

むしろ、スタンダードなぐらい、

 

このベース、作り自体はものすごく良かったですよね。

状態も安定しているし、とにかく弾きやすくて素晴らしかった。

あれだけ真面目に作ってるベースはそうそう存在しないんじゃないかと。

 

しかし大問題だったのは、

 

『パンチが全然なかった』

 

これです。

 

大人しく弾いたり綺麗めな曲をやるならいいんだけど、ちょっと音が大きいバンド、盛り上がったアンサンブルになると、露骨なぐらいに存在感がなくなってしまうんですね。

 

当時やってたバンドからは本当に不評の嵐。

自分もそれが分かるだけに辛かった。

 

自覚があるとはいえ、自分の使ってる楽器を悪く言われると気分は悪いものです。

たとえ事実だとしても、繰り返し言われればやはり、互いに意固地になってきてしまいます。

 

「いや!それは違う!」

「これが俺の音なんだよ!

「変えちゃ駄目なんだよ!」

 

という感じに、楽器も価値観も守りに入ろうとしていました。

自分が選んだものが大失敗だったとか、とても認められなかったですよね。

 

【スポンサーリンク】

 

 

再び敗北を知る

 

「絶対これは最高の楽器なんだ!」

「俺が未熟なだけなんだ!」

 

こんな風に思いこもうとしていた当時の自分。

それが完全に揺らいでしまったのが、

 

『フェンダージャパンJB』

 

前回話した例のあいつ。

真面目な話、こいつはトラウマ製造機みたいな存在ですね。

 

その5弦ベースの方をリペアに出した際、バンドで使う機会があったのですが、これが心底まいりました。

 

あまりにもそのフェンダージャパンのジャズベ方が良い感じにハマってしまい、青くなるものがあったかもしれません。

 

とにかくバンドのサウンドに馴染むし、自然と存在感も出てくれる。

弾いてて明らかにみんな良い感じだし、自分も気持ちいい。

 

もうほんと、

 

「またかよ・・」

 

って感じです。

 

定価40万円もするようなベースの方が完敗してしまう現実を叩きつけられた次第。

ハンドメイドとか職人のこだわりって何やねんと。

 

バンドに貢献しなかった反省

 

フェンダーのジャズベが持つバンドでの心地よさというのは本当に衝撃的でした。

 

「それだよ!その音が欲しかった!」

今度からそいつ使ってくれよ!」

「アクティブなんか全然駄目だわ!」

 

メンバーからこんなことを凄い勢いで言われた記憶もあったり、あれも本当にショックだったなと。

 

ただ、前述のようにですね、

 

「いや!認めん!」

「俺のスタイルじゃない!」

「プライドが許さない!」

 

みたいに意固地になってしまっていた為、アクティブ5弦ベースの方を使い続けることは絶対にやめませんでした。

 

音的には完全に負けていたのは事実。

しかし自分が憧れてた存在、高い楽器だったこともあり、どうしても認めたくなかったんでしょうね。

 

後はもう一つ、

 

『4弦を使う』

 

これにも強烈な抵抗がありましたし、アンチフェンダーの呪いから解き放たれていなかったのと合わせ、あのフェンジャパを使うことは頑なに拒否。

 

で、ベースサウンドの手応えも方向もあやふやなまま、そのバンドは解散。 

なんともガキだったなぁと反省する次第です。

 

素直に使い分ければいい話なのに、つまらない意地を張っていてそれができなかった。

 

音楽学校時代もそうですが、パッシブベースの拒絶でどれだけ損をしてきたか、フェンダーの拒絶でどれほどのものを失っていたのか、振りかえると恐ろしい話ですね。

 

損ばかり選択していたようにしか思えません。

 

そして恐ろしいことに、まだまだパッシブベースによる恐怖は終わりを告げたわけではないのでした・・・

 

むしろ、ここからが本番かも?

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】