パッシブベースと上達の思い出 (1) 音楽学校時代の敗北感

パッシブベースと上達の思い出 (1)

 

メインで使っていたのはアクティブ

 

音楽学校に通っていた当時、ワーウィックの4弦、ムーンの6弦ベース、G&Lの5弦ベースなど、アクティブのベースをメインに使っていました。

 

アクティブ至上主義といかないまでも、

 

「パッシブとか時代遅れ!」

 

ぐらいには思っていたかもしれません。

 

多機能な方が色々なことができるし、インピーダンスの面でも有利。

 

「わざわざ非効率な楽器選んでどうすんだよ!」

 

なんて息巻いていたような気もします。

 

しかし結局、遊びで買ったバッカスのジャコモデルみたいなやつが一番評判が良かったり、自分もそれを認めてしまったという、なんとも悲しい話があったり。

 

定価で言うと20~30万はするものばかりの中、新品5万円ぐらいで買ったパッシブジャズベの方が圧勝しちゃってた現実。

 

ま~、とにかくショックでしたね。

 

今でこそ、その結果も当然だと思いはしますが、

 

「アンチフェンダー」

 

これを公言してた人間としては素直に認められるものではないわけです。

そのバッカスにしても、ジャコが好きでなかったら絶対に使ってなかったでしょう。

 

安かったしフレットレスだから手を出したものの、パッシブを弾く気なんて本当に心底皆無だったなと。

 

仲間の音に嫉妬する

 

アクティブをメインにしていたその一方、ずっと悩んでいたことがあります。

 

「くそ・・こいつ良い音出しやがるなぁ・・・」

 

と思ってた仲間はみんなジャズベを使っていたり、またはパッシブにこだわっていたり、そこに凄くモヤモヤしていました。

 

先生は先生で、ごく普通のアメスタのジャズベとかで強力な音を叩き出し、 それでしかも仕事もしているという事実に困惑。

 

ベースマニア気取ってたり、上手いつもりでもいた自分。

 

「人と同じなんか嫌だ!」

 

とか、そんなこともずっと考えてました。

 

しかし現実は厳しい悲しい。

 

個性派を気取ろうとした自分の方がバンドでは埋もれてしまう。

存在感もまったく発揮できないし、それがとにかく悔しかった。

 

アクティブベースのメリットを本当のところでは理解していなかったり、EQの上手い使い方を知らないのもありましたね。

 

タッチなんかもまだまだ全然意識しておらず、音づくりもめちゃくちゃ下手だった自覚があります。

 

手は速く動く方でしたし、理論も真面目に勉強してました。

授業で器用に色々なジャンルも弾けて、「お上手」と思われることは沢山あったでしょう。

 

でも恐らく、事実は冷たいものだったと想像。

 

「こいつのベースなんかいいな!」

「ほんと良い音出すよなぁ~!

「あいつじゃなきゃ駄目だ!」

 

みたいに思われたことなんて恐らく、

 

一度もないはず。

 

自虐や謙遜ではなく、これが事実なんだろうなと。

それが分かっていただけに、常に落ちこんで苦悩していましたね。

 

「なんで俺の音ってこんなんなんだ・・」

「高い楽器使ってるのに・・」

「練習だって沢山してるのに・・」

 

とにかく悩みましたし、出口が見つかりませんでした。

 

「先生・・やっぱベースってパッシブがいいんすかね・・?」

 

こんな相談をしたことなんかもあったり、次第にアクティブへの疑問を抱くようにもなっていきます。

 

【スポンサーリンク】
 

 

出会いは急に

 

四六時中と言ってもいいぐらい常に落ちこんでいた自分。

 

そんな中、帰宅中にふらりとよった楽器店。

そこで例のバッカスのジャコモデルを発見。

 

・フレットレス

・コーティング指板

・ラッカー仕上げ

・新品特化5万円

 

この有り得なさに負けてしまい、アンチジャズベもクソもなく即決。

考えてみると、あのベースを手に入れたことが自分の一つの転機だったような気がしますね。

 

実際、あらゆることが急激に変化していきました。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】