パッシブ楽器には高いケーブルよりバッファ 音の差も効果も歴然

パッシブ楽器とバッファ その劇的な効果

 

論より証拠でまず動画

 

効果が分かりやすいようにパッシブベースにバッファを通してみました。

アンプ側はあえてローインピーダンス入力にしてあります。

 

前半と後半で明らかに音が違っていますが、セッティングについては言うまでもありません。

前半がバッファOFF、後半がバッファONです。

 

www.youtube.com

 

パッシブ楽器に対するバッファの効果

 

上記の動画、「前者の方がいい!」という人もいるかと想像。

 

・バッファがない方が温かみがある

・何も通さない方が素直で良い

・後者はドンシャリで嫌

 

恐らくはこんな感想になるんじゃないかと

 

でも実際の音を聴いたら高確率でひっくり返ってしまうことでしょう。

バッファを通さない方の使い物にならなさ加減にビックリするはず。

 

とにかくこもっちゃってるし、音がぜんぜん前に出てこない。

音量も小っちゃくなるし、良いことなんか一つもありません。

 

どう弾いても音が変わってくれないぐらいタッチへの反応が悪い。

当然、細かいニュアンスなんかもまったく出てくれません。

 

一方、後者の方はどうか?

 

・ジャリジャリうるさい

・ギラギラしててやたら癖が出てる

・粗くて温かみがない

 

こんな風に感じるかもしれません。

それが間違いどころか正しい認識だとも思います。

 

一方、

 

・ブランド不明の安物PUの音

・ポットも解さずジャックに直結

・ネックは逆反り状態

・低弦高にしてバズも気にせず弾く

 

この特性が正直に出ている、それがハッキリ分かるのはどちらかと問われたらどうでしょう?

 

答えは言うまでもありませんよね。

 

動画の後者は要するに、 

 

『PUと楽器の特性・タッチの粗さがそのまま出てる』

 

この状態だと考えていただければ幸い。

酷いのはバッファの癖ではなく、楽器本体と粗めに弾いたタッチということですね。

 

「バッファ=ドンシャリ」とか「癖がどうしようもない」と認識するのではなく、 電気的な悪条件が起こるとこれだけ音が激変してしまうのだということを知っておいてほしいところ。

 

そのドンシャリ感や癖だって本体のトーンを絞ってしまえばマイルドになります。

セッティング次第で甘い音も簡単につくれます。

 

しかし、最初からこもって抜けてこない状態、それを大幅に加工していくのは困難極まりない話。

 

有るものを引くのは容易ですが、無いものを足すのは大変。

そこに気付かないと音づくりで延々苦労するはめにもなります。

 

インピーダンスのアンマッチングを起こしている場合、パッシブ楽器は素直で良い音がするどころか、ほとんどメリットのない状況にすら追いこまれる可能性があるから怖いわけですね。

 

ケーブルやトゥルーバイパスにこだわっても・・・?

 

前述の動画で使ってるケーブルはジラウドオリジナルのもの。

その価格以上にハイクオリティに贅沢に作られている素晴らしい製品です。

 

楽器用に作られた数万円の製品などと比較しても、ジラウドのケーブルの方が個人的には圧倒的に好きですね。

 

そんなケーブルを使っていても、駄目なものは駄目。

アンプの入力インピーダンスが低いと、パッシブではあんなことになっちゃうのだから恐ろしい。

 

今回の場合、アンプ側の入力は【100kΩ】になります。

パッシブだったらとりあえず【1MΩ】は欲しいところ。

 

今回使ったバッファの入力は【3.2MΩ】

数値の問題だけではなく、シンプルかつ高性能なものです。

パッシブ楽器に絶大な効果を期待できます。

 

バッシブ楽器でしかもバッファ皆無の状態にもかかわらず、長いケーブルを通している場合、悲惨なことになってしまう可能性があるのが現実。

 

長いケーブルで痩せてさらに、アンプ側とのアンマッチングまで起こして壊滅的になるという、これを歓迎する人はいないでしょう。

 

意固地で偏執的なこだわりでもない限り、絶対に注意した方がいいポイントです。

 

このあたり、

 

『トゥルーバイパスの落とし穴』

 

なんてことも言えそうですよね。

 

皮肉を言うのであればオールトゥルーバイパス状態より、

 

「音痩せなんか気にしねぇ!」

「エフェクターも通しまくり!」

「バッファ?知らねぇよ!」

 

こうやってたりする方が案外、遥かに安定した信号が届いていたりするかもしれません。

 

【スポンサーリンク】

 

 

パッシブ至上主義への疑問

 

冒頭の動画もアンプ自体の入力インピーダンスが高いのであれば、ここまで状況が酷くなることはありません。

 

長いケーブルによるロスはあっても、あそこまでの劣化はしないはず。

 

とにかく問題なのは、

 

『インピーダンスのマッチング』

 

これですね。

知らなかったや無頓着では済まされないデメリットが沢山あります。

 

そう考えていくとやはり、言葉とイメージに酔ってるだけでは、痛い目に遭う可能性があるわけです。

 

「パッシブ最高!」

 

これを意味も分からず先入観だけで言うのはどうなのかなと。

 

「アクティブとパッシブの切り替えが可能!」なんて楽器にも注意が必要です。

 

パッシブ時にローインピーダンスのボリュームポットなどを通ってしまうのであれば、同じく音は痩せてしまうのが現実。

 

と言うか、楽器内部ですでにインピーダンスのアンマッチングを起こしてしまうことになる為、状況はより悲惨なことになるのではないかと。

 

また、たとえアクティブ楽器でも油断はできません。

無神経なものの場合、ローインピーダンス出力になっていないものもあります。

 

バッファと言いつつハイインピーダンス出力だったとか、そんなエフェクターも実際にあったのでご用心。

 

音抜けやレンジの狭さなどに悩んでいる場合、それを高級ケーブルやエフェクターのセッティングなどで解決しようとしても不毛なだけになるパターンもよくあります。

 

根本的な部分、もっと元になってるところから何とかした方がいいでしょう。

 

音に元気がないからってパワーのあるPUなんかを使おうとするのも考えもの。

余計に高域が出なくなったり、音が詰まって抜けてこなくなることも考えられるから難しい。

 

そうやってどんどん悪循環が起きていってしまうと、音的にも懐事情的にもろくなことになりません。

 

原因も目的も解決方法も分からないんじゃ迷走するだけ。

 

パッシブ楽器の本当の音と凄さを知ろう

 

パッシブ楽器は自分も確かに好きなものです。

そのいさぎよさ、シンプルな気持ちよさに惹かれてしまいます。

 

一方、ここまで話してきた通り、

 

「パッシブは音があたたかい!」

「レンジは狭いけどそれがいい!」

「ベース本来の素直な音!」

 

こんなことを言ってしまうのも違和感、抵抗があります。

 

本当はレンジが広くアタックも強力かもしれません。

変な回路を通す必要もなく音が前に出てくることも十分に考えられます。

そのあたりの違いについては冒頭の動画を見ても分かること。

 

それを何も考えず劣化させちゃったり、変な幻想を抱いて勘違いしちゃったり、そもそもまったく知らないというのはもったいない話ですよね。

 

適正な入力インピーダンスの良いバッファや良いアンプ。

それを通して初めてパッシブの本当の良さやポテンシャルが分かることもあるわけです。

 

「ベースってこんなすごい音するんだ・・・」

 

ここまでのレベルで驚くことにもなっても不思議じゃありません。

 

ちゃんとしたパッシブ楽器を高性能なシステムで鳴らせば、世界観も価値観も一気に変わる可能性があります。 

 

それだけ上達のスピードもバンドの中での存在感も変わるはず。

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】