脱力と貧弱を同一視する疑問 体力・健康を無視する疑問

脱力と貧弱の同一視 その疑問

 

脱力

 

こう一口にしても、その解釈や定義づけというのは、かなり曖昧な印象。

人によってバラバラなんじゃないかと強く感じます。

 

抜けよ!」

もっと!」

「力をよぉ!」

 

実に力強く高圧的にこんなアドバイスをもらった経験のある人もいるんじゃないかと。

 

「え?具体的に何すんの?」

「いや、だからどうすんの?」

「何も分かんないんだけど?」

 

こうして困惑することなどもありがちな話ではないでしょうか。

 

・脱力とはなんなのか?

・何をするものなのか?

・意識的と無意識のどちらが理想なのか?

 

正直、自分もイメージ先行で曖昧に認識しているかもしれません。

筋肉やら骨やら肉体の構造とか、そのあたりについても完全に勉強不足。

 

この説明は本当に難しいと痛感します。

 

【スポンサーリンク】

 

 

脱力=弱くなるのが理想?

 

実に様々な脱力論があるだろうこの世の中。

 

瞬発力やスピードを得る為、より効率的に強い力を得る為、脱力状態にすることが重要だというのは確かに分かります。

 

一方、

 

「だらけて無気力に

 

こんな風に捉えるのは違う。

ほにゃほにゃダラダラすればいいって話ではない。

 

普段からあまりにガッチガチに固まっている、常に緊張でどうにもならないということなら、上記のような意識をしてみる意味も生まれるかもしれません。

 

体をほぐして疲れをとる、脳をリラックスさせる。

こういった目的のためなら自分もやりますし、効果も期待できるはず。

 

しかし、何らかの作業や運動をする際、そこで一切の力を働かせないように意識したり念じても、それは役に立ちません。

 

極端に言えば、歩くことも立つこともできない。

何も身動きすることができないなど、そんな風に脱力を目指しても意味がない。

 

「血液も神経も通わなくする」みたいな状態にしてもどうにもならないでしょう。

集中力も緊張感も何もない演奏はつまらなく致命的なものでもあります。

 

より強い力・良い結果を生む為の脱力

 

スポーツの世界にせよ、格闘技にせよ、どんどん進化しているもの。

今時は根性論を押し付けるだけではなく、より具体的な研究も進んでいるだろうと想像します。

 

そして恐らく、脱力に関しても多く語られていることでしょう。

 

そこで変な方向に勘違いをして、

 

・馬鹿正直にそのまま当たり負けする

・何の脅威も与えられずまったく相手にならない

・でくの坊と化し成績も出せず衰えていく

 

こんなことをやってたら意味不明ですよね。

 

「ただのアホやんけ!」

 

って全力でツッコミたくなる。

 

無我の境地に達するのではなく、ぼ~っとしてるだけ。

起きていても寝てるだけみたいな状態になってどうすんねんと。

 

・どうすればもっと余裕が生まれるか?

・より強い力を正確に楽に扱えるようになるか?

 

このために脱力が必要になると言うのは分かります。

単にそのまま弱くなりゃいいって勘違いとは絶対異なる。

 

フィジカルもクソもなく貧弱脆弱なままとか、いきなり達人めいた脱力状態を目指そうなんて姿勢には疑問を抱くところ。

 

体のより大きな力を使うとか、体重や重力なども利用しようという話なら納得できるけど、これは『貧弱』とは明らかに違いますよね。

 

ややこしいようですが、「力を抜く」「脱力」って言葉のイメージともちょっと違うように思えてくるところ。

 

『身体操作』とかって言うべきなんでしょうかね?

自分としてはあんまり好きな言葉じゃないけど、やるべきことはそれなのかなと。

 

そのあたりがごちゃごちゃになってるから話がややこしくなったり、肉体を動かすためのイメージが作りにくくなったり、認識の相違が生まれてしまうんじゃないかとも想像します。

 

そういった意味でもやはり、

 

『脱力=貧弱』

 

これを同一視しないようにしたいところ。

 

【スポンサーリンク】
 

 

フィジカル・健康を無視するのは疑問

 

「力は不要!」と言いつつ、絶対に必要になるもの。

 

やることはやらないと意味がない。

腑抜けのカスッカス状態にはならないようにしたい。

 

漫画でよくある「潜在能力を100%引き出す!」みたいなのと似たような話の気もしますかね?

 

繰り返すようですが、

 

「脱力=貧弱を目指す」

 

これが方向性を誤っているのは確かでしょう。

 

特にベースというのはしんどい面も多い楽器です。

そのサイズと重量もあってか無条件に消耗を余儀なくされるもの。 

 

軽量小型に特化していたり、もっと楽に演奏できるように設計、調整されたものもありはしますが、それでもやはり、色々削られていくのが宿命に思えるところ。

 

「マッチョになれ!」ってのはさすがに違うけれど、日々を健康に過ごせる体力や元気があるに越したことはありません。

 

毎日毎日、腰が痛いだの肩が痛いだの、将来が心配で夜も眠れないだの、そうやって悩んでたり苦しんでるような状態が良いわけないですよね。

 

それを「貧弱!」と断ずるのも個人的にはどうかと思いますが、しかし、そのまま放置しておいてよい問題ではないのも事実。

 

逃げるにしても『上手な逃げ方』ってのがありそうです。

 

根性とか体力勝負で演奏をし続けるのは、自分みたいな弱い人間には無理。 

馬鹿正直にそんな挑戦をしても、心身共にブッ壊して終わりだと確信します

 

弱者だからこそ技を身に付ける。

一方、弱者であることを目指すのは違う。

 

強さも技も備えているに越したことはありません。