ベースと左手 (11) 異弦同音の妙 多弦ベースの泣きどころ?

たとえば4弦の12フレットと2弦の2フレット

 

これは同じ音程になるわけですが、当然、音の太さや聴こえ方は全く違うものになります。

 

このあたりの選択と使い分けが上手いと一味違ってくると言うか、シンプルなフレーズでも格好よく効果的に聴かせることができるようになってくる。

 

左手を動かす必要がある意味では、下から上へと激しく移動するのは面倒な弾き方になりますが、サウンドが別物になることを考えれば、必須のテクニックだと感じるところ。

 

逆に、出音やグルーブ、バンドサウンドに興味がなく、音程だけを意識しているような場合、何だか淡泊で味気なかったり、音が変に浮いちゃって細く感じたり、上手く混ざらなかったり、そんなことになりがちかもしれません。

 

「さあここから盛り上げるぜ!」って場面でしっかり勢いがつくか、それとも淡々と終わるか、ベースのちょっとした弾き方の差で意外なほどに差が出てきたりもするから面白い。

 

低音弦のハイポジションを当たり前のように使えるかどうか、それだけでも表現力にけっこうな違いが生まれるものです。

 

多弦の難点 

 

多弦になるほどハイポジションでの低音弦の扱いは難しくなる為、ついついローポジションで済ましてしまうなんてことになりがちです

 

以前、超多弦ベースにはあまり興味が湧かない旨の話をしましたが、まさにこのあたりの理由が大きいところ。

 

どんなに音域を拡張したとしても、ベースとして実用可能な音については、実は激減してしまっている印象。

 

その点、4弦ってのは多弦と比べればどのポジションでもスムーズに弾くことができます。

ちゃんと使える音も出しやすい、実に美味しい楽器だと言えるでしょう。

 

1弦だけでもやたら太い音が出てくれるものなんかもあったり、上手い具合に溶け込みつつ、他の楽器に干渉しないサウンドってのは心強いです。

 

それだけ実用的で自然と存在感も発揮するはず。

 

良いビンテージのJBとかPBを良いタッチで弾く、それを知ってしまうと本当にもう、それだけでよくなるんだろうなぁとか想像したり。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ベースの美味しさについて再考・熟慮する

 

最近でこそ迷いは無くなりましたが、今のメインベースに落ち着くまでは、「やっぱり4弦の方が良いのかなぁ・・」なんて揺れていたりしたのも本当の話。

 

弦を増やすことで失うものがあると感じる場合、無理に多弦を弾く必要なんてないんじゃないかと思いますし、自由に自然に弾けるに越したことはないはず。

 

これは嫌味でもなく冗談でもなく、真実ではないかと自分は考えるところ。

多弦を弾いているから優れてるとか偉いとか、そんな話は有り得ないだろうと。

 

むしろ、4弦を隅々まで使えて存在感も出しまくりって方が、ベースとしてはるかに格好いいんじゃないかと思います。

 

ま~ほんと、ベースの美味しさを理解するってめちゃくちゃ基本的なことだけど、それだけに凄く大切なポイントだと年々痛感する次第。

 

また、左手による表現力ってのが本当に重要だと改めて気付かされますね。

 

「このフレーズをどの弦で弾くか?」

 

そんなちょっとした選択でもビックリするぐらい雰囲気が変わっちゃうこともあるという、実に面白い一方、何とも恐ろしい現実。

 

「弦を増やすことで本当に可能性は広がるのだろうか?」

 

やはり、そんなことも考えさせられます。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】