続・黒人のグルーブ云々についての話とベース

黒人のグルーブを考える

 

Chicのグルーブ談義

 

個人的にめっちゃくちゃ面白かったナイル・ロジャースとジェリー・バーンズのグルーブ談義。

やはりグルーブを生み出すための研究を相当にやっているのだと確信させられるインタビュー記事でした。

 

曖昧な話に終始するのではなく具体的な解説もあり。

どうグルーブするかだけでなくグルーブしないベースについても語る内容。

かなり濃い話で相当勉強になった次第。

 

その中でもベースを弾く身からかなり印象的だったのは、

 

「タッチミュートもリズムとしてカウントしている」

「このタッチミュートこそがグルーブを奏でる鍵でもある」

 

恐らくはゴーストノート(和製英語)のことを指すのだと思うこれ。

天然がどうの才能どうのなんて言葉で済ますには無理がある内容。

 

ま~、あれです。

 

「理屈じゃねぇ!」

 

って理屈のなんと役に立たないことかと納得。

 

裏を具体的に感じるには

 

先日も話した通り、

 

「裏を感じろ!」

 

なんてことがよく言われている世の中。

 

それをただ頭の中で意識して済ますのではなくポイントをしっかり認識して弾く、それを生み出すための秘訣がタッチミュートになってくると。

 

音程を出さないちょっとしたサウンドだとしても侮れず。

それが有ると無いとで聴感的にも体感的にも全然違ってきたりするから奥が深い。

 

これについて分かりやすいのはジェームス・ジェマーソンの真似。

1フィンガー奏法をやってみると結構具体的になってきます。

 

たとえば16分の裏伯に人差し指爪側のアップストロークを入れ、表を通常のダウンストロークで弾いてみるだけでもよし。

 

これだけでも本当、意外なぐらいニュアンスが変わってくるように感じます。

 

指一本で弾くなんて非効率なようだけど、グルーブのことを考えるならばむしろこっちの方が効率的な方法になったりもするから面白い。

 

裏と表の役割をはっきりさせる意味でも1フィンガーへの取り組みはおすすめ。

かなり具体的にポイントを突ける奏法と言えそうです。

 

【スポンサーリンク】
 

 

タッチミュートを意識する

 

タッチミュートを入れるのは同一弦に限らず、低音弦の方から裏を加えて弾いたり、高音弦の方からレイキングで弾いてみたり、それを意識するだけでも変化が生まれてくることを確認できます。

 

バンドの中ではそんな聴こえないような音であっても、そのちょっとしたタッチがあることでリズムに対する認識が変化、シンプルなフレーズでもノリが変わってくるのが楽しい。

 

「溜め」だの「揺らぎ」だのそういったよく分からない微妙なニュアンスについても、タッチミュートを加えることでより具体性が出てくるはず。

 

ゴーストノートと呼ぶのも有りですが、

 

『タッチミュート』

 

こっちの方が自分的にはハマる印象強し。

 

このタッチミュートによるニュアンス作りとグルーブ作りを研究し始めると本当、驚くほどベースプレイが変わってくると実感します。

 

今更も今更、どこでも聞ける話だと感じるかもしれませんが、それだけに大事な基礎にもなる部分、良いタッチで確実に実践できるようになる意味は想像以上に大きい。

 

何気なく聴いていた音源でも、「あ!こういう事やってたんだ!こうやってグルーブ作ってたんだ!」と具体的に認識できるようにもなってくるとま~、楽しいのなんの。

 

弾くのも聴くのも別物な面白さになっていきます。

 

ファンク、ソウル、グルーブのお手本アルバム

 

自分は元々、ソウル・ファンクなどには興味がなかった人間。

それが変わったのはタッチを鍛えようと意識し出してから。

あまりに発見が多すぎたゆえ、少しずつハマっていきました。

 

たとえば以前はまったく聴かなかったダニー・ハサウェイのライブ盤。 

これが今では名盤そのものと言える存在にまでなってしまいました。

 

とにかく圧巻なのはウィリー・ウィークスのベース。

まさにグルーブのお手本みたいなプレイ。

 

タッチミュートの話にしてもそうですが、以前は聴こえてなかったサウンドやニュアンスが発見できるようになると、このアルバムは加速度的に面白くなっていきます。

 

全然価値が分からなかったのから一転、超名盤として輝き出す奥深さ。

そのぶっといサウンドもグルーブも気持ちよくて堪らない一枚!

 

Live

黒人だから!で終わらすのは勿体ないしつまらない

 

「黒人にしか出来ない!日本人には無理!」なんて思考停止したり、美味しい要素から何から放棄するのはあまりにもったいない話。

 

そりゃ、根本的には真似の出来ない深い領域があるのも確かだとは思いますし、言語から文化から何から、そういった全ての要素があってこそって話にもなるのは否定しません。

 

でも、それ言い出して退屈に諦めちゃうって馬鹿馬鹿しいですよね。

 

その流れだと極論、

 

「日本人はベースなんか弾いちゃいけません!」

 

みたいな話にもなっちゃうじゃないかと。

 

さらに極端にこじらせた場合、「黒人が電気楽器弾くなよ!」なんてクソすぎる話にもなってしまう可能性だってあるし、むちゃくちゃにも程があろうだろってツッコミたくなります。

 

「日本人にブルースを弾く資格はない!」だの「グルーブするなんて不可能!」だの、そんなどうでもいい洗脳みたいな施してどうするのか?

 

人生つまらなくなるだけではないかと。

 

「黒人のグルーブは!」って思わず語りたくなるぐらいに高い壁を感じたり、苦悩する気持ちは痛いほど分かります。

どうやっても真似できない、その次元にはたどり着けない、いさぎよく諦めるべきなんじゃないかってなるのも無理はない。

 

しかしあまりにも曖昧な認識に終始するのは疑問。

まったく理に適ってないばかりやって投げてしまうのはおかしい。

それがどうやって成り立っているのか?どうやって作られているのか?

もっと具体的に真剣に考えていっても良いはず。

 

・荒く豪快イメージとは裏腹に一音一音しっかり弾いている

・びっくりするぐらい細かい音符まで認識している

・グルーブのためにバンド全員が最善を尽くしている

 

案外、こういうものかって気がするところ。

天から降って湧いてくるのではなく、徹底的に追いこんだ結果かもしれません。

 

優れているものには優れているだけの理由があって当然。

それを探っていくことが無駄とは思いません。

 

な~んにも考えないし、すぐ諦める。

口を開けば日本人叩き、駄目だ駄目だの連続。

したり顔で腐すのが趣味、お説教して悦に入る。

 

そんなおっさんとか評論家の意見はどうでもいいんじゃないかと。

何をどう考えたってクソの役にも立たないでしょう。

 

好きなら好きでいいじゃないか。

やりたいことやって楽しけりゃそれでいいじゃないか。

 

「望むままを行え」

 

 人の足を引っ張るより楽しんじゃった方がグルーブのためにも良いはず。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com