黒人のグルーブは先天的とか言う話に対する疑問

黒人だから!という思考停止

 

「天然!物が違う!」みたいなイメージが先行しがちな気がしますが、黒人だってグルーブについて真面目に深く考えてるだろうにと感じるところ。

 

雑誌記事や教則ビデオなどはもちろん、クリニックなどで実際に話を聞いてみてもそうですが、案外、具体的に研究している人も多い印象だったり。

 

そもそも、第三者に丁寧に教えられる時点で、その人が相当な研究を積んでいる事を証明してますよね。 

それを「黒人だから凄い!」とイメージの問題で安易に済ませてしまうのは、かなり失礼な話でしょう。

 

誤解を承知で言うならば、意外と日本人の方がグルーブを曖昧に捉えたり考えたり、感覚的なものとして終わらせてしまおうとする傾向が実はあるのかもしれません。

 

農耕民族がどうとか、筋肉の質やらバネが違うとか、円運動のイメージがどうとか、言いたい事は何となく分かるけど、これを真剣に考え追求したとしても正直、グルーブに対して分かりやすく繋がるとは思えないところ。

 

また、「裏を感じろ!」だの「溜めが大事!」だの「絶妙な揺らぎが必要!」とか無責任に言うだけで、具体的には何の指示も説明もできなかったり、そんな話をよく耳にしたり、目にもします。

 

講師などであったとしても、テキトーな説明に終始していることは決して珍しくないから困った話。

 

そんなことを考えると本当、実は黒人(とくくるのもどうかって話ですが)の方がグルーブについて真っ当に研究したり、ちゃんと試行錯誤もしてる可能性の方が高かったりして?

 

Chuck Rainey

 

例えばチャック・レイニー。

グルーブマスターとして名が挙がることも多いこの方の話。

 

「もし理論を知っていれば後は運指を憶えればいいだけ。ディミニッシュもオーギュメントも全て左手の中にある。単純な事だ。」

 

「開放弦+5フレットまでの間にヘ音記号で表記されたベース音の全てが存在している。正しいフィンガリングを身に付ければ指板を見る必要が無くなる。グルーブベースを考えるならば運指が重要。」

 

「7種のモードスケールを知っておく必要がある。そしてその中から自分にフィットするモードを見つけていくといい。」

 

「人差し指と中指を隣り合わせる運指が馴染むからフリジアンスケールとロクリアンスケールをよく使う。ドリアンスケールの時でも第二音に人差し指を移動してフリジアンの運指として弾く。エオリアンの時ならロクリアンの運指にする。」

 

なんてことを言っていたり、少なくとも、これで天然野生児みたいなイメージを抱く人はいないはず。 

で、もちろん、チャックに対してそんなイメージを持っている人もいないと思います。

 

歴史に残るような超一流のスタジオミュージシャンであると考えれば当然、まったくの無知だったり純天然である方が有り得ないだろって話かもしれません。

 

一方、単純にスケールを憶えるだけでグルーブが生まれるとか完結するとか、本人も含め、そんなことは誰も考えてないでしょう。

理論の習得だけで解決するような単純な話ではないから、みんな悩むわけですよね。

 

結局はセンス云々の問題になってしまうのか、曖昧に位置付けして話すしかないのか、自然に身に付けるしかないのか、そうやって試行錯誤・葛藤することになってしまう。

 

【スポンサーリンク】

 

 

理論・理屈を敵視するのはどうかと思う

 

しかし、「グルーブしたい!理屈じゃない!」と考えたくなるのも分かる一方、それを変にこじらせて、

 

「音楽理論=悪!」

「自由を失うだけ!」

 

なんて考え方に陥るのも、かなり短絡的に感じるところ。

 

それと同様、イメージばかり膨らませて、「黒人には勝てない・・物が違いすぎる・・・」と変なコンプレックスまで抱く必要があるのだろうかと疑問になる次第。

 

天性の素質だけで極めているような化け物がどれほど存在しているのか? 

この世の中、確かにそういう人も存在してはいるのでしょうが、そこを基準に考えたり比較もしたり、過剰な幻想を抱くのはどうなのかって気がしてくるわけです。

 

何も考えない・考えようともせず諦めてそれでいいのかと。

 

グルーブマスターみたいな存在である大御所チャック・レイニー。

その人が運指やスケールについて当たり前のように語るという事実。

興味深いのはもちろん、すごく意義深いことでもあるんじゃないかと。

 

憧れや無い物ねだりで済ますのではなく、何においてもやはり、基本的な練習と勉強がまずは必要ということかもしれません。

 

やはり、「黒人だから!」で終わらせてしまうような認識を持つことには反対ですね。

 

【ブログカテゴリー】