E-BOWとベース フレットレスに超美味しいアイテム

まずは動画を

 

真っ暗でほぼ何も見えませんが、6弦フレットレスをE-Bowで弾いた動画です。

エフェクターはボスのディレイだったかを使った記憶。

 

www.youtube.com

 

マイケル・マンリング

 

E-Bowとベースの組み合わせと言えばこの人でしょう。

 

自分もマンリングの演奏を観てE-Bowがベースにも使えるのだということを知りましたし、めちゃくちゃ美味しいサウンドになることも知りました。

 

特に、フレットレスとハイC弦との相性が最高。

これはほんと、実際に使ってみた者だけが分かる快感があるでしょう。

 

空間系のエフェクターも加えるとさらに気持ちいい!

 

E-BOW PLUS

 E-BOW PLUS

 

親指を加えた演奏方法と動画

 

色々とやってみた結果、親指で握らずとも扱えるフォームを発見した為、音を出しながらハーモニックモードへの切り替えもできるように。

 

親指がフリーなのでごく簡単なベースラインなら弾けますし、開放弦を鳴らすことなども可能です。

ルートと三度の音を出すだけでもけっこう良い感じになります。

 

その動画がこちら。

 

www.youtube.com

 

実は今は持ってない

 

しかしまぁ、先日のアコベと同様、今はもうE-Bowもこの6弦も手放した後だったり。

これも7~8年ぐらい前の動画ですが、この頃は本当に色々やってましたね。

 

目一杯、ベースで遊ぼうとしていたとも言えそうですが、迷走っちゃ迷走。

何れにせよ、とにかく落ち着きがなかった時期なのは確か。

 

飽き性・凝り性、全開だったかもしれません。

ただ、その中でもE-Bowに関してはちょっと未練が残ってますね。

 

あまり他に使ってる人がいないというのもありますが、 とにかくフレットレスの音が魅力的になる。

飛び道具ではなく、真っ当に音楽的なサウンドになってくれるのが良い。

 

いやほんと、また欲しくなってくるところです。