ROMAN SO WORDS 2nd LIVE サポートライブの映像

キバオブアキバのそなーからの繋がりでサポートをする事になったロマンソワーズのライブ映像です。

 

[Official Movie] Roman so Words 2nd Live Digest - YouTube

 

このサポートのきっかけになったのがニコニコに上げた動画だったりもするから、まぁホント、世の中ってのは何が起こるか分からないもの。

まさか、ネットの動画が人選の決め手になるとか、そんな事が有り得るのかと驚きました。

 

一方、人によってはもう当たり前の感覚か、そういう世界になってきているのかと想像しますし、自分の頭が古いだけなのだろうなとも感じた次第。

子供の夢の上位にユーチューバーってのが入る今の時代、それを馬鹿にしている様なのはそれだけチャンスを見逃していたり、損をしているって事でもあるのかもしれません。

ネタで言うならともかく、ネットをただの仮想空間扱いしている様な思考と認識は、もはや通用しないんじゃないかって気もしてきます。

 

本当に凄い進化を遂げた大変な時代になりつつあるのだなと。

 

それにしても、このライブはハードでした。

前任のベースさんが元ガルネリウスの方だったというのにもビビリましたし、練習もかなり必死こいてやってました。

メタル好きではあったけれど、いざバンドでこういう曲をやる事はほとんどありませんでしたし、初めての体験と言っても良かったと思います。

 

テンポが速い為、3フィンガーを駆使する必要があったという時点でもう辛いですが、それだけでなく、生アコーディオンやアコギを使用したワルツもやったり、幅広い対応が求められるのも難しい。

とにかくエッジの効いたメタルやサウンドとはまた異なり、歌を綺麗にちゃんと際立たせなければならないのも前提にある為、その辺の感覚や音作りも難しいポイントだったかもしれません。

コンプをかけまくったり歪ませる事なんかも考えましたが、結局、タッチコントロールがストレートに出るアンプ直で行くのが一番良いと判断し、ベース一本で何とかする事に決めた次第。

トレブルもベースもあえてカットする方向で行ったのですが、結果的にそれが良かったかなと思うところ。

 

お客さんも凄く盛り上がってくれていましたし、良いライブだったのではないかと。

 

pompombass.hatenablog.com

 

 

 

【ブログカテゴリー】