ポングの初心者・中学時代 (終) 左手で弦を押さえる事を知らなかった話

中学時代 (終) 左手で弦を押さえる事を知らなかった

 

ド素人以下

 

初めてベースに触った時の思い出。

 

最初にすべきだった話が最後になってしまいましたが、それぐらい酷い内容。

今考えても、あまりに無知すぎて呆れてしまいます。

 

「ベースは弦を押さえて弾く楽器」

 

なんと、これすら知らなかった事実。

逆に意味が分かりませんよね。

 

タブ譜の読み方だけは兄貴から電話で少し教わった為、そこにある線と該当する弦に関しては分かっていたつもりでした。

 

しかし恐ろしいのはここから。

 

たとえば、3弦の7フレットを弾く場合、普通はその7フレットを左手で抑えるでしょう。

 

ところが自分の場合、左手で7フレットを押さえるのではなく、

 

「右手でその付近をピッキングする」

 

こういう意味不明なことをやっていました。

 

ライトハンドとかそんな良いもんじゃありません。

左手はただネックを支えてるだけ。

弦は何も押さえてないので当然、音程は変わりません。

 

にもかかわらず、

 

「おぉ!ベースってこうやって弾くのか!」

 

「けっこう簡単だしこれイケんじゃね!?」

 

みたいな勘違いをしちゃうんだから凄い。

 

【スポンサーリンク】

 

 

フォームもクソもなかった

 

もっと言うと、構え方も酷いなんてレベルじゃありませんでした。

イメージ的にはスチールギターかな?

現実はもっと劣悪ですが、あれをイメージすれば話が早いかもしれません

 

あぐらで座り、ボディ表が天井側を向くように足の上に乗せて弾く。

これがベースの構え方だと勝手に考えていたと言うか、何も疑問を持たなかった次第。

 

立って弾くとかそういうことも微塵も考えていなかったのでしょうね。

初心者の段階にすらたどり着けていないことを平然とやってた思い出。

 

本当にこれっぽっちもベースなんて楽器は知らなかった現実。

どう弾いてるのかって興味も持ってなかったのでしょう。

 

盛っているわけでも大袈裟な話にしてるわけでもありません。

本気で音の出し方から何から完全なる無知としか言い様がなかった。

最初はそれこそオモチャと戯れるように遊んでいた記憶しかないかも?

 

ある意味、絶望的な才能の持ち主であったことに感動します。

 

ほんのちょっとだけ習ってみた

 

そのままでもなぜか楽しかったのが不思議な話。

何もできてないのに「上手くなりたい!」という気持ちが芽生えるのも面白いですよね。

 

とりあえず基礎だけでも教わってみたくなり、父親の知り合いに元プロがいるという話を聞き一度習ってみることに。

 

そこで初めて、

 

『左手も使って弾く』

 

この事実を知りました。

そもそもの構え方と言うか、ベースの向きを間違ってた事実にも気付くことに。

 

指で弾くなんてことも初めて知ったり、ちょっとだけ見せてくれたスラップも意味の分からない異次元なものに見えたり、全てが新鮮で驚きって感じでしたね。

 

ほんの少しだけ教わっただけですが、

 

「あの人すげえ!!」

「プロはちげぇな~!」

 

なんて意味も分からず感動していました。

 

いやほんと、無知もここまでいくと逆に素晴らしいかもしれませんよね。

何もかもが衝撃になっちゃうという、そのピュアな感覚が逆に羨ましい。

 

「才能ない・・」とか、これっぽっちも考えない姿勢もナイス。

 

初めてのアンプについて

 

初めて手に入れたベースアンプはフェルナンデスの10Wのもの。

 

確か1万円ぐらいだったかな?

機能も性能もなにも分からずに買った覚えがあります。

 

でもその音に感動していたのだから、やはり無知のかたまりとしか言い様がない。

ま~、なんとも純粋と言うか、微笑ましい話です。

 

今ではまったく考えられないことですが、そんな小型アンプのボリューム2~3ぐらいでも結構びびってましたからね。

 

「こ、これ以上は大きすぎる!」

 

「家の中じゃ無理だ!怖い!」

 

なんて感じていたのだから面白い。

 

色々な意味で耳も感覚もピュアだったのでしょう。 

 

【スポンサーリンク】
 

 

最終回

 

そんなこんな、中学時代の話は今回で最後になります。

 

高校編とか音楽学校編とか続けることもできるのですが、ずっと同じ流れで行くのも飽きてしまうので、それはまた気が乗った時にでも書くかもしれません。

 

それも結局、ベース絡みの話でしかない為、内容はまったく変わらなそうです。

まぁ本当、それだけベースと共にある人生なんだということでしょうね。

 

と言いますか、

 

「ベースしかなかった」

 

こう評しても過言じゃないかも?

 

よく飽きずに懲りずに弾いてるもんだと自分で関心してしまいます。

 

正解には、

 

『飽きても飽きてもまた次が知りたくなる』

 

これですかね? 

いつになっても新鮮で面白い!

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】