ポングの初心者・中学時代 (27) アクティブの恐怖 電池が入ったベースがある事を知る

中学時代 (27) アクティブと電池の恐怖

 

音が出なくなる

 

トラウマと言ったら大袈裟なようですが、ある日、愛用していたベースの音が急に出なくなりパニックになったことを覚えています。

 

一応、アンプに繋げて最初は音が出るんだけど、

 

「ヒュゥゥン・・・」

 

という感じに音がみるみる減衰、最終的にまったく出なくなってしまいました。

 

以前にも話した通り、自分が愛用していたBCリッチのガンスリンガーは兄貴から譲り受けたもの。

 

それだけでなく、兄貴がプロ時代にも使っていた楽器な為、憧れもあり思い入れも強いベースだったわけですね。

 

パパから貰ったクラリネットどころの話ではなく、本当に心底焦りまくりました。

 

「やべぇよ・・」

「壊れちまった・・」

「どうすりゃいい・・」

「何したんだよ・・」

「俺、終わった・・」

 

絶望感みたいなまであったかもしれません。

 

前のベースに戻るも・・・

 

絶望していたとはいえ、練習をやめることは絶対にしたくありませんでした。

仕方なく最初に弾いてた安いアイバニーズの方に戻ることに。

 

正直に言って、音がまったく比較にならなかったのを痛感していたので、それはもう練習がつまらなくなって苦痛でした。

 

それでもとりあえず、代用品で何とか凌ぐしかないって状況だった次第。

 

「これはこれで良いよな!

「スケールが短くて楽!」

「お~!軽くて良い感じだ!」

 

なんて前向きに捉えながら、練習に取り組んでいたと思います。

 

しかし、そんな誤魔化しが長続きするわけもなく、

 

「もう我慢できん!」

「あの音じゃないと!」

「これ以上は御免だ!」

 

まぁ、すぐに耐えられなくなりました。

愛着もクソもなく現実は非情であり現金なもの。

 

故障を報告する

 

音的なことについてはもちろんですが、やはりそれだけではなかったですね。

 

愛機を譲ってくれた兄貴に申し訳ないのも凄く大きかった。

 

「本当にすまねぇ・・」

「ベース壊しちまったみてぇだ・・」

「音が出なくなっちまった・・」

 

正直に打ち明けることを決意しました。

 

礼儀作法にうるさかったり、格闘技もやってたり、恐怖の対象でもあった兄貴。

マジな話、かなりびびりながらの報告でしたね。

 

そんな覚悟を決めた中、返ってきた答えは・・・

 

「あ~分かったわ」

「電池切れてんな」

「裏開けて交換しとけ」

 

まったく意味の分からないものでした。

 

にっくき四角いあいつ

 

「は?何それ?」

「電池??」

「どういうこと!?」

 

これまた新たなパニックの元になった兄貴の発言。

言われた通り裏蓋を開いてみて驚愕。

なんだか見たこともない四角い物体が入っているじゃーあ~りませんか。

 

『9V電池』

 

こんなものが存在していることすら知らなかった当時の自分。

 

『パッシブ』

『アクティブ』

 

ギターやベースにそんなものが存在していることもこの時に初めて知りました。

 

恥ずかしい限りですが、楽器本体にベースとトレブルとあるのも理解していなかったということですね。

 

「何か回すと音が変わるツマミがある」

 

これぐらいにしか認識していなかったんでしょう。

 

故障ではなかったと安堵すると同時に、

 

「俺はたかが電池にあんな追い詰められ苦しんでいたのか・・!」

 

こうして非常に腹立たしくもなった次第。

 

楽器屋は怖かった

 

ま~ほんと、しょーもないアホな顛末ですが、本人は相当必死でした。

 

「楽器屋で聞けよ!」

 

と思われそうだけど、当時は馴染みの店なんかなかったんですよね。

楽器店に行くこと自体、ほとんどなかったのも正直なところ。

 

変な話のようですが、

 

『敷居が高い空間』

 

こういう勘違いもあったりしました。

ってか実際、独特の居心地の悪さがあったなと。

 

修理の依頼や相談などもできなかったし、世間知らずで人見知りも激しかった自分にはハードルの高い場だと認識もしていました。

 

今だからこそ、

 

「自意識過剰すぎ!」

 

とか笑って言えるだろうし、小僧の一人や二人、微笑ましく見守るってぐらいの余裕もあるかもしれません。

 

でも本当、冗談抜きに当時の自分の中では、

 

『楽器屋は怖い所』

 

このイメージがありました。

 

ネットなんかもまだ全然発達しておらず、とにかく情報が少ない。

雑誌もほとんど買ってなかったのもあり、何から何まで兄貴頼みだったなと。

 

以降、電池のトラブルは一度としてない

 

幸か不幸か、この出来事があったからこそですかね?

本番で電池トラブルに見舞われるような事態は一度も体験したことがありません。

 

電池に対しては必要以上に用心する癖が身に付いてしまいましたね。

 

こうやってネタにしたり笑い話で済めばいいですが、たとえばの話、例の文化祭本番で電池がなくなってたら最悪だっただろうと青くもなります。

 

肝心の本番で音が出なくなってあたふたしたり、赤っ恥かいてそれがトラウマになったり、そんなことがあったらベース続けてなかった可能性なんかもあるかもしれません。

 

『アクティブベースは電池が命!』

 

これを早くに学べて良かったと心の底から思います。

トラブルは人を学習させ、賢く強く成長させますね。

 

無知でもアホでも一歩一歩前に進める!

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】