ポングの初心者・中学時代 (18) 文化祭ライブ、その成功の要因を考える

中学時代 (18) 文化祭ライブと成功と

 

生のエネルギーと迫力

 

文化祭ライブは成功。

なかなか評判も良かった記憶。

 

それを見て楽器をやりたくなったり、実際にギター買って始めてみたり、そんな話も聞きました。

 

恐らく、見てる方もけっこう印象的だったんじゃないかと。

 

そんな思い出深い文化祭ライブ。 

なぜ成功させることができたのか?

 

考えてみると意外と分かりやすい理由な気もするところ。

 

まず単純に音がでかかったですよね。

その迫力がやっぱり凄かったはず。

 

ヘラヘラダラダラと気の抜けたMCなども入れず、空回り全開のアクションをするなんてことがないのも良かったんでしょう。

 

『バンド』

 

これをストレートにやりきったことが非常に大きかったんじゃないかと想像。

 

前年度の失敗がまさにそれ。

無理に盛り上げてる感が見てて辛かった。

悪い意味で逆に記憶に残ってしまったかもしれません。

 

小さいアンプを使ってたのもそうだし何よりまずかったのは、

 

『ドラムレス』

 

これでロックをやるという、そのチャレンジャーな姿は色々な意味で忘れることができません。

 

とにかくノリが分からないし音もしょぼい。

反面教師にするには十分すぎた次第。

 

逆にその年で一番良かったのが、ちゃんとドラムもいたガールズバンド。

余計なことはせずしっかりバンドやってるのが格好良かったし、見てても楽しかった。

 

極端な話、上手い下手とかまたちょっと別問題ですよね。

 

・バンドならではの一体感や迫力

・問答無用のエネルギーと盛り上がり

・分かりやすいお祭り感

 

これがあるかないか?

本当に重要だと痛感します。

 

意外と知られてない生のサウンド

 

「テレビや小さなコンポ、またはイヤホンやヘッドホンから出てくる音しか知らない」

 

こういう人って実は結構いるのではないかと想像するところ。

 

そこに無修正のえげつないバンドサウンドを突き付けるとなれば、そりゃ~、結構な衝撃と快感になっても何も不思議じゃありません。

 

へんにゃりと気の抜けた軟弱な音ではロックにはならない。

かと言って、綺麗な演奏で惹きつけたり感動させるには、相当な実力が必要になる。

 

そう考えるとやはり、ストレートな音の説得力や迫力、分かりやすいノリとグルーブというのが、強力な武器になってくるはず。

 

その意味では、

 

『上手いドラム』

 

これがいるかどうかってだけでもう、良いバンドになるかどうか、成功か失敗かが決まってると言えるところすらあると思います。

 

ドカン!とかましてくれるドラムがいると絶対違う。

 

綺麗に整ったサウンドではないライブ

 

ギターサウンドなどに関しても、今考えても興味深いところがあります。

 

「しょせんは中坊の音だろ?」と切ってしまうのはちょっと甘い。

 

昨今のエフェクターやシミュレーター頼みでつくられてるような音。

それと異なっていた意味は絶対大きい。

 

あの日ギターが使ったのは、

 

『フェンダージャガー+マーシャル直』

 

この組み合わせ。

 

荒く前に飛ぶそのギターサウンドに加え、メタル野郎のゴリゴリでかいベースサウンドが鳴り響くという、その面白さ。

 

強烈だったと思いますよね。

誰であろうと決して侮れない音だったはず。

 

綺麗な音が出たり、上手く聴こえる機材ってのもありますが、いざバンドでは弱いとか迫力がないとかありがちな話。

 

それこそ、くたびれたベテランやお行儀の良いプレイヤー、それがイケイケの中学生に負けてしまう可能性というのは十分にありえるでしょう。

 

そういった根本的な存在感やサウンドの説得力。

これこそがバンドに必要、最重要にもなってくるんじゃないかとあらためて考えさせられます。

 

それがロックなら尚更。

 

バンドもライブも一人じゃ成り立たない

 

ここまでは無責任に弾いてた人間の話。

当然、それだけが成功の要因であるわけがありません。

 

文化祭ライブに参加したメンバーだけではなく、その家族も協力してくれたり、凄くお世話になりました。

 

皆が一致団結してイベント成功のために全力を尽くしてくれたのが何より大きい。

多くの人達とその力が成功に向けて一つになるという、それってやっぱり凄いこと。

 

「ガキの遊びじゃん?」

 

とか格好付けるのは逆にめっちゃめちゃ格好悪い。

 

真剣で熱い姿に人は自然と惹きつけられるものであり、そのエネルギーがあの場には絶対あった。

 

ライバルはいても敵はいなかったという、それも何気に重要だったかもしれません。

他のバンドも干渉せず邪魔はしなかったし、とにかく真剣でした。

 

中学生の文化祭の話とはいえ、

 

「いかにして物事を成功させるか?」

 

この意味においてはどの分野においても本質的にそんな差はないんじゃないかと感じます。

 

まぁ、ツッコミを入れるとするならば、

 

「だったらもっと計画的にやれよ!」

 

と言われるのも至極当然なんですが、

 

『結果オーライ』

 

ってことで一つお許しを。

 

そもそも始めないことにはどうにもなりませんしね。

 

やったもん勝ち

 

元をたどれば出場すら怪しかったバンド。

もう一つは消滅していたかもしれないバンド。

 

それが本当、一人抜けたことで逆に繋がったり、イベントが成功する要因にもなるのだから、世の中ってのは分かりません。

 

一年半は弾いていた自分、それよりさらに数年は弾いてた上手いギター。

その一方で、始めて数か月のドラム、さらに日が浅いギターボーカルがいる不思議。

 

それが集まって一週間ぐらいでなんとかなってしまうのだから面白い。

うだうだ言ってないで成功に向けて突っ走るのが一番ってことなんでしょう。

 

いきがったり悪ぶったり、半端に利口で大人ぶってる人間の方が存在感を示せなかったという、なんだか皮肉なようだけど世の中ってそういうもの。

 

今考えても勉強になるところが沢山あるように感じますね。

とにかく濃い時間を過ごした思い出。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】