ポングの初心者・中学時代 (9) 人生初ライブは文化祭 それに向け機材も変わる 

中学時代 (9) 初ライブを目指す

 

IbanezからB.C.Richへ

 

ベースを始めて1年半ぐらいかな?

お約束な流れで、自分も中三の時に文化祭でライブなんかをやりました。

 

それが今でも記憶に残っていたりします。

 

そしてそれがきっかけだったか、ずっと音に悩んでいたのを兄貴が察してか、愛用だったベースを譲ってもらえることに。

 

『BC.Rich』

【Gunslinger】

 

このベースを手に入れさらに火がつき、当然、練習もより必死にするようになりました。

 

ただし、単純なパワーアップとはいかなかったのも事実だったりします。

 

最初のアイバニーズからの卒業ということは、ミディアムスケールからロングスケールへの移行も意味していたわけです。

 

加えて、超軽量コンパクトからいきなり重量級へ切り替わるのも大きかった。

正直、弾くのが結構きつくなった記憶も強い。

 

コピーばっかりやってた弊害と表現するのもおかしいですが、運指練習とか基礎練習とかはまったくやってなかった為、その意味で辛い面も多かったですね。

 

あまりにも感覚が違っていて対応するのに時間がかかりました。

 

準備不足

 

ライブをやろうと言ってるのにもかかわらず、ストラップすら持ってなかったってのが本当の話。

 

一年以上もずっと座ってしか弾いてこなかったので、その弾き難さに困惑しっぱなしだった覚えがあります。

 

それに加え、よりバキバキゴリゴリした音を出したいと思っていた為、ピックもやたらごっついのに変えたり、忙しくスタイルチェンジを試みていました。

 

新しいベースに変わったはいいけど、ちょっと急ぎすぎてましたね。

馴染まないことばかりで自分の首を絞める結果にもなってたかも?

 

Newベースの音に感動

 

環境の変化に戸惑っていた一方、苦労に見合う甲斐があったと言うべきか、ガンスリンガーの音には心底感動しました。

 

熱望していた金属感やアタックが出てくれるのが本気で涙ものでしたね。

 

フルスケールの鳴りっぷりに痺れるのはもちろん、ハイパワーなサウンドにも驚きましたし、とても同じベースという楽器とは思えないものまで感じた次第。

 

「楽器によってこんなに別物になるのか!」

 

「これが本当のベースってやつなのか!」

 

あの衝撃は今でも忘れることができません。

 

アンプもでかくなる

 

ありがたい話で、父親がどこからか大きなスタックアンプをもらってきてくれまして、その容赦なくでかい音にも感動しました。

 

「自分の音が完全に別物になった!」

「CDで聴いて憧れてた音が出てくる!」

「新しい装備!パワーアップやべぇ!」

 

この喜びと感動に燃えないわけがない。

 

システムの変更で困惑したのも正直な話。

だからこそと言いますか、気合入りますよね。

 

文化祭が控えていることもあり、今までとは確実に異なるスイッチが入ったように思います。

 

ガンスリンガーに持ち替える前は、

 

「こいつにも思い入れがあるから使い分けるぞ!」

 

なんてアイバニーズと両方弾いていくつもりでしたが、まぁ、人間なんて白状なもの。

実に現金な話、ああまで違ってしまうと以前には戻れません。

 

アンプにしてもそうですね。

良い音を知り手に入れると絶対に何かが変わる。

楽器を弾く楽しさにも天と地ほどの差が生まれます。

 

「どんなに楽に簡単に弾けてもオモチャはオモチャ」

 

イキりも入ってますが、先に進むには限界があると感じた瞬間だったのも確かです。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】