GAMMA RAY スラップソロにブッ飛ぶ 初心者・中学時代 (8)

ライブのベースソロ

 

色々驚きっぱなしな中学時代ですが、これまた超ブッ飛んだのが、ガンマレイのダーク・シュレヒターによるスラップ(当時はチョッパーって呼んでた)のベースソロ。

 

『Heading For The East』と言うライブビデオを兄貴に見せてもらったのですが【Money】って曲でそれを見ることができます。

 

映像で見ても何をやってるのかさっぱり分からなかったけど、そのド派手なサウンドとインパクトは一生忘れることができないかもしれません。

 

さらにベースサウンドに悩む

 

一応、兄貴にMR.BIGのライブビデオなんかも見せてもらってた為、ビリー・シーンの超絶技巧ソロなども知ってはいたのですが、不思議とこれは印象が薄かったり。

 

バック・トゥ・ザ・フューチャーのギターソロのシーンみたいな感じとでも言うか、唖然とするだけで何だかピンと来なかった為、シュレヒターのスラップソロとそのサウンドの方に強く惹かれた次第。

 

ただ、先日からずっと話しているように、自分のベースでは全くそれっぽい音が出せません。

 

ピックがメインだったこともあってか、真似しようにも指が痛くてどうしようもなかったのを思い出します。

 

楽器を弾かない間も鍛える

 

もうとにかく、「鍛えないとどうしようもない!」と痛感し、授業中は机の角を親指で叩いてたり、痛くてもとにかく我慢して続けたり、そんな漫画じみたことをやっていた記憶。

 

『破壊王ノリタカ』って格闘漫画で、授業中にビール瓶でスネを叩いて鍛えるなんてシーンがありましたが、まさにあんなノリ。

 

いつもは根性論が嫌いだの何だと言っていますが、白状すると、学生時代はアホなことも沢山やってた気がするところ。

 

少しでも指が開くように動くように、よくストレッチもやってましたし、それは今でも無意識の内にやってることの一つだったりします。

 

加えて、前述のような机の角を叩くトレーニングとか、指弾きの為の素振りなんかもしてたり、本当に懐かしいけど、そういった積み重ねが現在においても意外と糧になってるのかもしれません。

 

【スポンサーリンク】

 

 

とにかくベースが楽しい

 

しかしまぁ、それもこれも含め、練習から何から楽しかったですね。

 

とにかく上達する実感しかなかったと言うか、新たな情報があればそれをすぐ吸収しようとしたり、研究してみようとなったり、考えてみると濃密な時間を送っていたように思います。

 

兄貴自身がプロミュージシャンだった時期もあったり、それで情報を仕入れやすかったというのも物凄く大きいですが、やっぱり「楽しい!」って感覚があるかが本当に重要だなと

 

大袈裟ではなく、それが全てとも言えるかもしれません。

 

当然の如く、スラップなんてものはまったくできませんでしたが、コピーを続け練習し続け、「一つ一つやっていけば何とかなる!」って実感を持ってたのは本当に大きい。

 

ピック、指弾き、スラップ、ライトハンドなど、取り組むべきことがどんどん増えはするけれど、それも大きな刺激になりますし、見るもの触れるもの、何もかも新鮮で楽しかった。

 

良いもの・新しいものを楽しむ

 

譜面とにらめっこしてコピーするのも良いですが、やはり、まずは好きな音楽をとことん聴いたり、自分で探したりまたは教えてもらったり、映像だけで済ますのではなくライブも観に行ったり、音楽の刺激をたくさん受けることが大切なのでしょう。

 

シュレヒターのベースソロも今考えてみると、音楽的な脈絡がまったくない気はしますが、まぁ、そういうお祭り感とかも含め、ライブってものかもしれない。

 

今回のガンマレイにしてもBOOWYにしてもXにしてもそうですが、ライブ作品に凄い影響を受けたことを感じます。

 

特に映像があるとインパクトが本当に大きくなる。

 

XでTAIJIさんがピック、スラップ、指弾きと使い分けてるのも映像で見ましたが、そういう何気ないシーンに痺れたりもするからライブは良い。

 

もっと言うと、曲によっては渋~くアコギも弾いたりコーラスもしたり、本当に何でもありだった。

 

「凄ぇ!この人なんでも出来るんだな!」って憧れましたね。

 

シュレヒターのスラップなんかはホント、残像が出ているようにすら見えましたし、やっぱり、CDを聴くだけなのとは印象が全然違ったんじゃないかと想像します。