ポングの初心者・中学時代 (4) 初のヒーローはXのTAIJI

中学時代 (4) 初のヒーローはX TAIJI

 

BOOWYの次を求めだす

 

生意気な中学生。

勉強もしないクソガキ。

どんどんベースにもハマっていくとなると当然、

 

「もっと難しいのやってみてぇ!」

「もう同じのは飽きたわ!」

 

やっぱりこんな風にイキがるわけですね。

 

そこで次に何を手を出したかと言うと、 

 

『 X 』

 

言わずと知れた伝説的存在。

 

ただ、正直申しますと、「何か速くて凄そうな事やってる」みたいなイメージ先行、具体的な曲とかは実はほとんど知りませんでした。

 

それこそ【紅】ですらぼんやり知ってるだけって感じ。

 

どんなアルバムがあるかも知らない分からない。

メンバーの名前も全然知らなかったのが本当の話。

 

破滅に向かって

 

そんな完全無知な身だった自分。

ちょっと詳しそうな友達にライブビデオを借りてブッ飛ぶことに。

 

映像的なインパクトが強力だったのはもちろん、自分の知らない未知の演奏技術、それを駆使した曲に圧倒されっぱなし。

 

「こんな速ぇのどうやって弾きゃいいんだ!?」

 

絶望を感じると同時に燃え上がるものがありましたね。

 

VISUAL SHOCK Vol.4 破滅に向かって 1992.1.7 TOKYO DOME LIVE [DVD]

必死のコピー開始

 

・どんな順番で聴き始めたか?

・どうやって取り組み始めたか?

・何の曲のコピーから始めたか?

 

このへんちょっと曖昧、ハッキリしないところがあります。

 

たぶん【オルガスム】【サイレントジェラシー】あたりから手を付けたと思うのですが、より可能性が高いのは前者かと考えるところ。

 

と言うのも、

 

「これ弾けりゃ後も何とかなるだろう!」

 

みたいな気持ちで挑んだ覚えがあるんですよね。

とにかく速くて忙しいオルガスムから始めて必死にコピーしてたはず。

 

『BLUE BLOOD』ってアルバムも友達から借りた記憶がありますし、同アルバムの譜面も兄貴からもらって見ていました。 

 

オルガスムは本当、最初はなんかの冗談かと思ったレベル。

 

「弾けるかボケ!」

 

その速さに思わずツッコミたくなりました。

 

速すぎてとにかくキツイ

 

Xはどの曲やってもきつかったですね~。

ある意味、人生で一番ピック弾きをしていた時期とも言えそうです。

 

その後に色々あって完全に指弾きに転向することになりましたが、ここで練習しまくってたからこそ指も動くようになったし、今でもピックを扱うことができてるんだろうと感じます。

 

「一度自転車に乗れるようになれば体はそれを覚えている」

 

たぶんこれと同じノリ。

 

スタミナが付けばそれだけ練習量も増やすことができる。

指が動いてくるようになれば前はできなかったことも弾けるようになってくる。

 

Xのコピーで上達のスピードが飛躍的に上がったのは間違いありません。

 

【スポンサーリンク】
 

 

初めて憧れたミュージシャン TAIJI

 

自分にとって初のベースヒーロー。

今考えてみても該当するのはTAIJIさんだろうって思います。

 

凄みのあるたたずまいに痺れたのもありますが、とにかくメチャクチャ上手い人だってのが大きかったですよね、

 

・ピックだけではなく指弾きもスラップもライトハンドもこなす

・ただ単純に刻むだけでなくメロディックなベースラインも弾ける

・おっさん臭全開のベーシストではなく見た目も最高に格好良い

 

衝撃を受けないわけがありません。

 

一時期はピックもTAIJIモデルを愛用していましたし、

 

「少しでも上手くなりたい!」

「なんとか近付きたい!」

「俺もあんな格好良くベース弾きたい!」

 

なんて必死に練習をしていたのを思い出します。

 

批判されることも多いバンドなのも間違いないだろうX。

一方、只事ではない影響力があったことも否定はできないはず。

 

TAIJIさんに関しては後にラウドネスに参加することにもなったわけですし、本当に凄いミュージシャンであるのは当然、やっぱり理屈抜きに格好いい人だって印象が強い。

 

『ヒーローがいれば目標ができる!』

 

『目標が具体的になれば上達も早くなる!』

 

これを強く実感。

Xのコピーとベースへの憧れは確実に自分の原点の一つですね。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com