ポングの初心者・中学時代 (1) ベースを始めて最初に覚えた曲 

中学時代 (1) ベースを始めて最初に覚えた曲

 

BOOWY NO.NEW YORK

 

NO. NEW YORK

NO. NEW YORK

  • BOØWY
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

これはもう本当にはっきり覚えています。

 

兄の影響でベースを始めた自分。

とりあえず好きだったのがBOOWY。

 

【LAST GIGS】

 

このアルバムをよく聴いていた為、そこからコピーを始めました。

 

しかし、二曲目に覚えたのが何だったかもう分からないのが不思議。

 

原体験と言うべきなんでしょうね。

そのインパクトの強さってものを感じます。

 

好きだし弾きやすいし入門しやすかった

 

誤解を承知で言うならば、

 

「意外とできるぞ!」

「俺ベース弾けるわ!」

「これイケるじゃん!」

 

こういう感覚を与えてくれたのがBOOWYとこの曲。

ここから始めたのが本当に正解だったと思います。

 

単純にこの曲が好きだったのもありますし、ベースラインもシンプル。

ガチの初心者でも意外と短時間で弾けるようになりました。

 

ちょっとテンポが速かったり厳しい面もあるのも確か。

でも、そういう課題や目標ができるのもまた楽しかったりしますよね。

 

一歩一歩上手くなるのを実感できるのが凄く良い。

 

徹底的にこだわるのであれば、ダウンピッキングオンリー。

これで行くのが本当はベストなんですが、ま~、そうなると一気に話は変わってしまいます。

 

初心者であれば、ピックの両面を使って弾いても問題ありません。

 

いわゆる『オルタネイトピッキング』ってやつですね。

 

色々な弾き方を覚えていくのも醍醐味。

RPGのレベルアップみたいな感覚です。

 

基礎も大事だけどまずは好きなものから始める

 

基礎だ簡単だからと退屈な課題曲みたいなのをやるのは意外とつらいもの。

ただ単音を伸ばすだけみたいなベースを弾かされるんじゃ刺激がありません。

 

反骨心あふれる中学生。

そんな退屈なことやってたら続かなかっただろうと想像。

 

「好きな曲を自分で弾けるようになった!」

 

「こりゃ理屈じゃねぇ!楽しい!」

 

初心者にとってはこういう感覚が何よりの糧になるはず。

 

こういう生きた感覚を早い段階で覚えるかどうか?

大げさなようですが、それで後の音楽人生が大きく変わってしまう可能性もあるんじゃないかと思います。

 

やはり、ネガティブになってしまうことが一番まずい。

 

「楽器は難しい・・」

「才能がない・・」

「諦めよう・・・」

 

こうやってやめる理由を探すと本当にいくらでも見つかるのが人間。

 

実際、数えきれないぐらい多くの人が楽器を始め、そしてすぐ投げ出してしまうという現実が存在します。

 

いきなりの難題、完璧主義の押し付けは身を滅ぼしてしまう可能性も高い。

 

とにかくまずは一曲!

 

「スケール練習だ!」

「運指練習を毎日やれ!」

「タッチの研究をしろ!」

「メトロノームに合わせろ!」

 

こういったことを最初に一気に押しつけられても絶対嫌になっちゃいます。

自分だったらその自信があります。

 

そりゃもちろん、上達はするだろうし絶対に効果もあるでしょう。

長い目で見ればその方がより高度な演奏の実現に繋がるとも思います。

 

しかし、それよりも何よりもまず大事なのはシンプルな話。

 

「楽しい!」

 

この感覚を覚えることが一番。

それで音楽と楽器をもっと好きになること。

 

いきなり頂上を目指すような、完璧を目指すような、それはちょっと疑問。

そのやり方だと高確率で潰れてしまうんじゃないかと。

 

これは初心者云々に限った話ではありません。

身の丈に合わない完璧主義は人生を窮屈に追いこんでしまうもの。

 

・まずは好きなバンドの曲を弾いてみる

・弾けそうな曲を選んでみる

・弾けなかったとしてもやってて楽しい曲に挑んでみる

 

こういうことが本当に大事だとあらためて感じる次第。

 

最初の一歩は気軽だって良い。

むしろそうするべきだってぐらいですね。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】