「人と違う事を!」に対する疑問 それは本当に好きな事なのか個性なのか

個性と本意

 

人と同じは嫌だ!

 

多弦ベースを弾くのにもありそうなこういう動機。

誰でも一度はそんなことを考えるんじゃないかと想像。

 

「本当はあれ好きなんだけど・・」

あいつと同じはなぁ・・・」

「人と同じってのはちょっと・・」

 

こんな感じにひねくれる人も多いのかもしれません。

 

ということは案外、

 

『みんな同じような思考』

 

そんなものなのかもしれないと疑問も湧いてきたり。

 

皮肉か嫌味にも聞こえそうですが、上記のような考え方が染み込んでしまっている場合、結局、他人に左右されてしまっているのかなと。

 

その結果、自分の価値観や好きなものを歪めたり見失ってしまったら、それこそ個性としてどうなのかなと考えるところ。

 

個性=ひねくれる事なのか?

 

人がやってないことを見つけて必死に追求。

確かに、そういった姿勢があってこその挑戦や開拓。

 

その結果の自己の確立、誰にも真似できない武器を手に入れたならば、それは本当に素晴らしいこと。

 

一方、ただ安易にひねくれるだけなのがオリジナリティに繋がるのか?

真似が嫌だ、被るのが嫌だ、表面的に拒絶することが個性なのか?

 

これがすごく疑問になるのも正直な話。

 

ましてや、他人のことばかりを気にして自分の好きなものを捻じ曲げるという、そんなことになったら本末転倒ではないかと。

 

それで結局、信念もこだわりもあやふや、なんだか分からない方向に進んだり、中途半端になってしまったりしたら、ちょっと惨めな感じにもなってしまうような。

 

ベースの技巧の発展と疑問

 

近年、ベースにおける技巧が異常なぐらい発達している印象があります。

 

ギター顔負けだったり、独奏でもやっていけるぐらいの表現力を持っている人もいると感じます。

 

ただ、これも前述の流れから言うならば、疑問が湧くところでもあるわけですね。

 

「人と違う事をやりたい!」

 

この気持ちを動機にそういったスタイルを追及する人が増えているのだとしたら、案外、多くの人が同じ道を歩んでいるんじゃないかとも思ったり。

 

超絶技巧の追求、ソロベースの限界に挑戦など、一昔前では考えられないような演奏が繰り広げられている今の時代。

 

一方、サウンド的には意外と似たようだったり、同じような傾向の人が多い気もするのが不思議な話。

 

ネット上で似たような動画などもよく見かける印象。

 

超絶スラップやタッピングなど、派手な技巧を駆使した物凄いプレイヤーが増えている中、あまりピンと来ないことが多いのも本音かなと。

 

気にせず好きにやりたい

 

技巧の発展にともない、さらにとんでもないプレイが当たり前になってくるのかもしれません。

 

とんでもないことを余裕でこなす人がどんどん増えてくる可能性も高いでしょう。 

これは本当、自分のレベルではとても付いていけないとも思ってしまいますね。

 

しかしまぁ、

 

「俺にはもうそういうの無理だな」

「同じ道じゃ絶対勝てんわ」

「ま、べつにいっか」

 

こうやって諦められるというのも、実はそんな悪くないことなのかなと感じたりもするのがここ最近。

 

前述の通り、他人のことばかり気にする個性の追求なんて何か意味があるのかなと疑問にもなるわけですね。

 

周囲をキョロキョロ気にせず、好きなことやってるのが一番良いんじゃないかと考えるようになってきました。

 

「ベースの良さって何だろう?」

 

これについてもまたあらためて考えさせられるところ。

 

「今は普通が普通じゃない?」

「だったら普通が異端なのか?」

「そもそも普通って何?」

 

これも実際どうなんでしょうね?

 

いずれにせよ、他人のことばかり気にするのは微妙な話。

他人の価値観と意思ばかりで動くのは個性とは言わないよなと。

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】