D級アンプは便利だけど・・・ 小型軽量アンプの悩みとデメリット

超小型軽量大出力だけど・・・

 

コンパクトなアンプがどんどん増えている昨今。

正直、音的には難があるものも多い印象。

 

これはやはり、大音量でスラップなんかするとよく分かります。

 

「ズドンッ!」と来てほしいのに「ドムゥン・・」って感じになまってしまうと辛い。

強烈なピークに反応も対応もしきれず、音が頭打ちになってしまうと気持ち悪い。

 

良く言えば「コンプ感があって落ち着く」なんて見方もできるのかもしれません。

落ち着きがある、まとまっている、扱いやすいとも言えます。

 

でもやっぱり、余裕とパンチが欲しいのにこの特性はよろしくない。

思ったほどの音量が出ないとなると、アンプに負担がかかりそうなのも懸念材料。

 

実際、大出力をうたってるアンプを飛ばしたことがあります。

「最大800W以上!」なんて話だったんですけどね。

スラップのサムピング一発で飛んじゃったので参りました。

 

D級云々とは別問題な可能性も高いですが、いずれにせよ、ああなっちゃうと良い印象がなくなりますよね。

 

耐久性に難があるのはその時点で論外。

音に関してもいまいち感が強い。

とにかくレスポンスが遅い。

実際のレンジも狭く感じる。

ダイナミクスも希薄で弾いてて何も面白くなかった。

 

『D級アンプ』とひとくくりにするのも考えものである一方、安いD級アンプは色々とよろしくない印象の方が強いですね。

 

スペックはあてにならない

 

「このサイズと重量で1000Wだって!?」

 

こんな驚くようなアンプも存在するのが現代。

技術の進化というものを感じます。

 

ただ、そうそう美味しく都合良くもいかないのが現実。 

 

実際に使ってみると意外と大した音量にはならない。

メリハリもなく押し出しも弱い。

出力云々以前に音がなまってしまう印象が強い。

 

結果、

 

「こりゃ厳しいなぁ・・」

 

と手放してしまうことも珍しくなかった次第。

 

特にエレクトリックベースというのは瞬時に大量のエネルギーを必要とする楽器です。

その供給が追いつかず変な溜めがあったり、常にいっぱいいっぱいなのでは困ります。

 

スラップなどにこだわる人に限らず、低い帯域まで歯切れの良さを求める人、自然に気持ち良く抜けてくる音が欲しい人にとっては死活問題でしょう。

 

いちいちアタックがなまってるとか、音が遅れるような詰まるような感覚があるなど、そんな鳴り方をしていては気持ち悪くて仕方ない。

 

残念ながら、軽量小型アンプの多くにそんな癖を感じてしまうから辛い。

出力ほどのパワー感も押しの強さなどもないのが寂しいところ。

 

価格の安いものほど、それと比例するようにクオリティの方も落ちる印象であり、それこそ前述のように耐久性にも難がある場合、実用的にもかなり厳しくなってきます。

 

ブリッジ接続で800W以上の出力を売りにしていても、その半分もないような音量しか出ないようなものもあるから厳しい。

 

カタログスペックなんて本当にあてにならないものだと痛感します。

 

【スポンサーリンク】
 

 

これからに期待

 

軽量小型に厳しい印象があるのが現時点での正直な感想。

 

一方、先日も話したD.markが製作するヘッドアンプなどについては、また話が違ってきそうです。 

5kgほどの小型軽量でも非常に高いクオリティで驚かされます。

 

これはまたD級アンプと呼ぶものとは違いそうですが、いずれにせよ、小型軽量でもまだまだ進化する余地を大いに感じるところ。

 

もちろん、それなりに高価になってしまうものだけれど、新しいものが出てきてくれる、増えてきてくれること自体は大歓迎ですよね。

 

良いシステムや環境が充実してきてくれればそれが何より。

 

「小型なんて駄目だ!

「無理無理!諦めよう!」

「どうせ良くないよ!」

 

こう安易に終わらせず抵抗する姿勢は素晴らしい。

それで実際に進化したものが出てきてくれた方が絶対に面白い。

 

新しいアンプのこれからに期待です。

 

【ブログカテゴリー】