能率の高いスピーカーの方が好きな話

高能率スピーカーのすすめ

f:id:bakibakibass:20170321123659j:plain

能率が3db違うと音量が倍になる

 

これがどこまで真実なのかは分かりません。

科学的に具体的な数値で検証する気もありません。

 

でも実際、高能率スピーカーは色々半端じゃありません。

小出力のパワーアンプでもすごい音量が出るのは事実。

 

我が家のサーウィンベガなどはジラウドのヘッドホンアンプで鳴らしてもなかなか強力。

ほんの数Wあるかないかぐらいの出力のアンプでも驚くような音量になります

回路的に余計なものがない分、変な機材を使うより遥かに素直に鳴ってくれるから面白い。

 

そのベガの能率を調べてみましたが結構びっくりな数字。

 

『能率104db』

 

この数値が本当かどうかはさすがにちょっと怪しいかなって気がするところでもありますが、いずれにせよ、能率80db台なんてものとは比較にならないのは確か。

 

オーディオとして使うのであれば小出力のパワーアンプでも十分。

住宅事情によっては苦情間違いなしの音量が出てくれます。

 

低能率スピーカーと大出力アンプの疑問

 

先の計算が正しいとするならばどういうことになるか?

たとえば能率が15db違うと恐ろしい事態が発生。

 

『32倍の音量差』

 

同じ1Wでも絶望的な差が出てくるなんじゃそりゃって話。

 

同じアンプを使ったとしても、スピーカーによって数倍どころか10倍をも遥かに超える差が出てくるであろうことを考えると、色々疑問が生まれてきますよね。

 

「オーディオに大出力のアンプが必要になるのだろうか?」

 

そもそもの話、スピーカーの能率が低すぎるのはどうなのかと。

 

問題は音量だけに限った話ではありません。

低能率のスピーカーに対する個人的な印象はいまいちどころではなし。

 

ものすごく簡単に言うと、

 

「つまらない」

 

致命的です。

 

どんなにスペック上のレンジが広いとしても、のぺ~っと退屈なのはいただけません。

肝心の音の出方が面白くない、楽しくない、ストレスを感じるのはきつい。

 

能率が低くて許容入力を高くしてあるようなものは本当に苦手。

可能ならばできるだけラージで高能率なモニターを使いたいところ。

 

抑揚も表情も何もない。

ただ奥まって小奇麗に鳴るだけ。

こういう特性には興味が湧きません。

 

ベースを弾く人間としても、低音がだらしなくベタ~って鳴るのは勘弁。

やっぱり、ドカン!スコーン!とそのままストレートに来てほしい。

 

【スポンサーリンク】

 

 

小奇麗で大人しい音ばかり求めるのはつまらない

 

BGM的に流してオシャレな空間を作りたい、音の存在感は逆に不要ということなら、大人しく綺麗な特性である方が望ましいのかもしれません。

 

音がバンバン前に出てくる、はっきりくっきり聴こえる、それだと辛くなる可能性はあります。

 

でもそんな大人しさばかりを求めるのは寂しい。

こっちとしては演奏そのものを生々しく鳴らしてくれる方が気持ちいい。

楽器プレイヤーとしてはそれを求めたい。

そうじゃなければ困ります。

 

肝心のアタック、プレイヤーのニュアンスが消えてしまう、変にまとめてしまう、音が団子になって引っこんじゃうようなのは勘弁してほしい。

 

しかし残念ながら、そういったものが低能率なスピーカーに非常に多い印象。

 

無理矢理にレンジを広げた小さなスピーカー、それを大出力のアンプでどうにかこうにか鳴らすみたいなスタイルは好きになれません。

 

定価20万以上はするスタジオモニターなんかも以前には所有していましたが、あまりにも音が前に出てこない、解像度も低くてイライラしてしまった為、すぐに手放してしまいました。

 

これも確か能率は80db台。

ここにさらに超大出力で高級なアンプが必要になるとか勘弁だなと。

しかもそれで自分好みの音が出る可能性は限りなく低いのだから恐ろしい。

 

一方、低能率スピーカーとは対極、前述の通り、高能率なスピーカーは小出力のアンプでも良い感じに鳴ってくれたりするから面白い。

 

10Wぐらいのパワーアンプなんてのも持っていますが、その程度の出力でもかなり強力な音量を叩き出し、音の歯切れや分離感も比較にならないのだから凄い。

 

アンプ側に過剰な出力を求めなくてもいい意味では経済的でもあります。

それだけシンプルで余計な要素がないアンプを選択できるのも良い。

あれこれ複雑に凝ろうとする必要も感じません。

 

【スポンサーリンク】
 

 

下品でけっこう 荒くてけっこう

 

高能率スピーカーの話になると、

 

 「こんな低俗な音なんか聴けたものじゃない!」

 

なんて感じる人も恐らくはいるかと想像。

 

それについては確かに好みの問題、合わないものは仕方ない。

存在感皆無のBGM目的、大人しく綺麗な方が良いと言うのも分かります。

 

一方、だらしなく生っちょろい音のオーディオに疑問を持つ人であれば、高能率スピーカーとシンプルなアンプの組み合わせは体験した方が良いでしょう。

 

クラシックやジャズなどを聴くにしても、演奏者のタッチがリアルに出てくる方が迫力も臨場感も絶対あるし、それだけ感動も大きくなるはず。

 

そもそも「あれ用!これ用!」とかスピーカーやアンプをいちいち分けて考えるのも面倒。

そのままドーン!と出てくれればそれが一番話が早いんじゃないかって自分は思います。

 

何かいじるにしてもまずは根本的な元気があってこそ。

それが無いにもかかわらず色々いじろうとするのは辛い。

 

加工しようとすればするほど音はどんどんおかしくなり、かえって限定的になって扱いづらくなってしまう印象。

 

その意味では本当、自分がベースで使用する『BAGEND』のスピーカーなどは非常に良い感じですね。

 

15インチで同軸フルレンジ仕様。

細かいスピーカーを沢山組み合わせたものとは一線を画したサウンドです。

 

下品でけっこう!なんて言っておいてあれですが、このスピーカーは楽器用の気持ち良さと上質なモニター的な要素の両方を持っているから素晴らしい。

 

15インチでも高速レスポンス、レンジも十分に広い。

これだけ締まった気持ちいい音がしてくれるものはありませんでした。

 

 BAGEND S15X-N

BAGEND S15X-N

 

自分が求めるものは楽器もオーディオも恐らく同じ。

嘘をつかずシンプルでガツンと来てくれるものが一番良い。

 

いくら高級ケーブルとか小物に凝っても大本が駄目ならまったくの無駄。

変にこだわって複雑なシステムにするほど、理想とは遠ざかっていくのだから皮肉な話。

 

ガツン!と鳴らしたらガツン!と出てくれる。

しゅん・・となる時にはしゅん・・となってくれる。

 

そのまま出してくれるのが理想ですね。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com