オーディオの軽視と誤解 オカルト視に対する疑問

オーディオのオカルト視に対する疑問

 

嘲笑目的に何の意味がある?

 

やたらとオカルト扱いされたり、実際、ネタとしか思えないような話も多いオーディオの世界。

 

しかし、それを馬鹿にしておきながらまったくの無知だったり、興味も関心もないなんてのはどうかと思うところ。

 

圧縮音源に抵抗を持たない、大した数のCDも持ってない。

そもそもスピーカーシステムすら持ってないなんてのは論外かなと。

 

なんでもかんでも宗教あつかいしたり色眼鏡で見たり、それで本来の目的を見失ったり、価値が分からなくなってしまっては本末転倒。

 

たとえばの話、美味しいものを自分でつくるにはどうしたらよいか?

 

まず美味しいものを食べる、それを記憶する、分析することが重要だと思うのですが、そこで安いインスタント食品とか即席調味料だけしか知らないようではまずい。

 

研究を重ねた末、そういったものを作り出したりたどり着くのではなく、そもそも他のものに触れたことがない、関心を持ったことすらないのはどうなのかと。

 

「飯なんか何でもいい!

「腹に入れば一緒!」

「味なんか分からん!」

 

こういう認識、主張とか、べつに人に自慢にすることじゃないですよね。

 

「料理の味?」

「そんなもの嘘だ!」

「オカルトだ!!」

 

まぁちょっと、恥ずかしくて言えません。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ベースをちゃんと聴くのは難しい

 

弾いてる方としても実に困るのがベースサウンド。

しょぼいシステムではなかなか再生が難しいから実に厄介。

 

オカルトでもなんでもなく現実です。

低音を再生してくれないシステムだと、

 

「いないも同然」

 

こうなってしまうから辛い。

自分自身、中学でベース始めるまでその音を認識したことがありませんでした。

 

要するに、

 

「オーディオなんかにこだわらない!」

 

なんてこだわりをこじらせたって何も良いことはないってことですね。

 

・ベースを弾いてるのにベースを聴いたことがない

・なんとなく程度でしか聴こえたことがない

・存在感がなさすぎて実はよく分かってない

 

こんなのはあまりに寂しい話。

 

加えて、

 

「ベースなんか聴こえなくてもいい!」

「何ならいなくてもいい!」

「どうせつまらん楽器だし!」

 

これをベース弾いている人間が堂々と言うとか、ちょっときついですよね。

かなり恥ずかしい主張になってしまうんじゃないかと。

 

それこそ漫画アニメのキャラみたく、

 

「自分はこの世に存在しなくてもいいんだ・・」

 

なんて格好つけて語るのはちょっと痛いどころじゃ済みません。

 

ちょっと悪意はあるようですが、でも本当、「オーディオにこだわらない」とか「ベースは聴こえなくもいい」とかそれを自慢する節があったら、正直、その痛い人と同類なんじゃないかと。

 

悪意のある情報に踊らされてたら本末転倒

 

この世の中、環境的にヘッドホンを使うしかない状況に置かれている人が沢山いるのも確か。

 

アパートでいつも爆音鳴らしてるとか、やばい事案になってしまうでしょう。

 

だからと言って、

 

「オーディオなんかどうでもいい!」

「凝ったシステムで聴く必要なんかない!」

「音にこだわるなんて馬鹿馬鹿しい!」

 

こうやって偏屈に構えたり、環境づくりを放置していい理由にはなりません。

 

ましてや、

 

「何で聴いても音なんか一緒!」

「オーディオにこだわるなんてアホ!」

「あんなの宗教!オカルト!」

 

こんな考えに陥るのは非常に危険ではないかと。

 

オーディオに対して悪意と偏見に満ちた記事をよく見かける印象がありますが、ああいった類のものを鵜呑みにして判断するというのも、かなり痛い話ですよね。

 

それはそれで一つのカルト的思考と言うか、同じく悪意と偏見にまみれた幼稚で排他的な見方ではないかと。

 

とにかくライブをやりまくったり観に行ったり、生の凄い音に触れるというのは大切なこと。

それが何より耳を鍛えることにも糧にもなるものだとは思います。

 

しかし、

 

「過去のものなんてどうでもいい」

 

と、録音物の全てを切り捨てるのは無理がある話。

 

極論、暴論にした場合、

 

「名演だろうと録音なんてしょせんは偽物!」

「リアルタイムじゃないなら必要ない!」

「オーディオは過去にすがる邪悪な遺物!」

 

これを主張するのかと疑問になります。

まぁ、さすがにそんな主張をしている人に会ったことはありませんけどね。

 

でもいずれにせよ、おかしな方向に狂ったようにハマってしまう人にしても、それを嘲笑して表面で誤解する人にしても、音楽以外の部分ばかりを気にするのは何なのかと不思議になります。

 

オーディオイコール、

 

『人を遠ざける装置』

『人を笑うための装置』

『音楽をゆがめる装置』

 

これになっちゃうのはどうなんでしょうね?

 

【スポンサーリンク】
 

 

音楽が好きならオーディオは良い方がいい

 

ライブあっての音楽というものですが、一方、生の音に四六時中どっぷり浸かれる人なんてのがどれだけいるのかは疑問なところ。

 

だったら素直にオーディオシステムを見直してみた方が良い。

 

実際に使うかも分からないような一過性、置物になる可能性があるエフェクターやサブの楽器に大金を投じるぐらいなら、良いリスニング環境を整え方が後の財産にもなるはず。

 

そもそもオーディオはバッサリ切る一方、エフェクターについては疑問を感じないとか、それもどうなのって話。

 

「良い音と良い演奏の追求だから別物だ!」

 

こう美化されしまうのだとしたら、それもまた疑問になる次第。

 

エフェクターの世界も非常に微妙なもの。

 

実際、変なモディファイが横行してることなんかもあるみたいしですし、そんなものに凝って大枚はたくより、ちょっと良い感じのスピーカーでも買った方が絶対価値的。

 

無理に高いのものを買う必要もありません。

良い音に素直に関心があるってだけで変わってきます。

 

【ブログカテゴリー】