Jiraud Black Cloud 5 Limited (7) コントロールパネルとザグリ

裏蓋をチェックすると面白い

 

ハイエンドと呼ばれていたり、凝った木材を使用しているのにもかかわらず、裏側にばかでかいプラスチックの蓋があったりするとガッカリなところ。

 

百歩譲って、軽量化やアコースティック感などを狙う意味でそうしてるならまだしも、ただ単に無闇に大きく削っているだけなのであれば、これは本当に残念な話ですよね。

 

自分の楽器が意図しないホロウ構造になってるとか、楽な配線と手抜きのために無駄なスペースが空けられているとか、ちょっと笑えないかもしれません。

 

【スポンサーリンク】

 

 

ジラウドの隠れたこだわり

 

そういう意味でジラウドで地味に美味しいポイントだと思うのが、そのザグリの少なさ。

 

ボディ鳴りを活かす意味か、共振やデッドの発生を抑える目的か、その断定まではできませんが、こだわりがあってやっているのは間違いないかと。

 

また、一昔前は接触不良とか断線トラブルなどがあった電池ボックスですが、最近ではさすがに製造元が改良したのか、もう7~8年は使ってるけどなんの問題もなく使用しています。

 

アクティブの楽器はこれがあるだけでも使い勝手が変わりますよね。

 

ノブの取り付けも一味違う

 f:id:bakibakibass:20170718010054j:plain

 

そしてこれまた地味にこだわってるポイントなのが、ノブの取りつけスペース。

フラットにそのまま取り付けるのではなく、落とし込みになっています

 

見ため的な意味もあるとは思いますが、一番は強度を確保するための仕様なんだそうな。

 

ジャズベースのような金属のプレートならともかく、木材というのはいつ何がどうなるか分からない面があるわけです。

 

そこが結構なスペースで薄くなっているのでは、将来的に割れる可能性なども否定できない。

そういった耐久性の意味でも、このこだわりは重要なポイントなのではないかと。

 

裏蓋もホンマホ

f:id:bakibakibass:20170718010034j:plain

 

このブラッククラウドのリミテッド仕様。

ボディ同様、裏蓋もホンジュラスマホガニー製になっているという、これまた贅沢な作り。

 

音手的には意味ないと言えばそれもそうなんですが、まぁやっぱり、こういうのって嬉しいものです。

 

ただ、そこまで分厚くできるものではないので、オイルが深く浸透しないためか色の変化が本体と比べて少ない様子。

 

残念ながら、本体ほどの良い色は出てくれないんですよね。

 

ただ、経年変化による色の違いというのを確認できる意味では、これも面白いポイント。

 

「使い込んだなぁ・・・」

 

なんてしみじみしたり、実に味わい深く楽しめる楽器です。

 

【ブログカテゴリー】