K&R Groove Comp ベースに超おすすめなコンプ

正直言ってコンプは苦手

 

その必要性や有用性は分かるんですが、コンプってものがそんなに好きではない自分。

どうもその圧縮感とか音抜けが悪くなる感じが苦手だったり。

 

音色の変化もそうですが、何よりタッチレスポンスが悪くなる感覚がだめ。

通すだけで音が飛ばなくなるような遅くなるような、それが合いません。

 

その独特の音圧感や安定感が醍醐味だったり、バンド内における定位感が良くなったり、上手く馴染む効果などもあるのだと思います。

ハードヒットなスラップなどには必須なのかもしれないとも想像します。

 

しかし、それでもどうにも、反応も音も気持ち悪くなる感じが苦手で仕方ない。

 

スタジオクオリティだのナチュラル系だの、そんな売り文句があってもその実、明らかに音が変わっていたり、レスポンスも悪くなるものが本当に多いわけです。

 

ベースでガツン!と使っても腰砕けにならないものかどうか?

大きな信号が入ってきた際に歪んでしまうか余裕で受け止めるか?

これもコンプの判断材料としてかなり大きなところ。

 

ギターでちょろっと使うだけで判断してるようなレビューはあてになりません。

「えぇ・・」となってしまうものが多いのが現実。

 

唯一、使う気になったのがグルーブコンプ

 

コンプに興味がなかった中、K&Rのクオリティには本当に驚かされました。

音をおかしく加工することもなく、素直な特性と反応で一発で気に入ることに。

 

前述の通り、基本的にコンプは苦手で避けているのが本音ですが、これについてはほとんど違和感がなくてびっくり。

 

素直と言っても味もそっけもないのとは違い、絶妙に艶が出るような美味しさが出るような、完全なる素の状態とは異なるその感覚も面白い。

 

すぐに歪んだり、ヘッドルームが小さくしょボいものもよくありますが、グルコンはそのあたりのストレスもなくて好印象。

 

「超高出力でブーストもしまくり!」なんてセッティングでどうかは知りませんが、少なくとも自分が使っている限り、音がグシャグシャになって使いものにならなかったような記憶はまったくありません。

 

楽器を選ばず余計な心配もなく使えていい感じです。

 

操作が楽 値段も良心的

 

グルコンの何がいいって、操作が楽で助かるところ

 

セッティングが面倒くさそうだったり、見ただけで嫌になるものもある中、ツマミが3つというシンプルさは本当に嬉しいポイントです。 

 

「え!ペダルにこの値段!?」と、それだけで興味がなくなるものも多かったり、試奏しようにも肝心の現物がなかなか無いなんてこともある中、現実的で納得できる価格かつ、販売形式が良心的なのも嬉しい話。

 

通販なのに試奏ができるなんてシステムはそうそうありません。

逆に言えば、それだけ自信に溢れてるものなんだろうと納得もさせられます。

 

地味だけどあると嬉しいやつ

 

どギツイ感じとか超個性的な効果を狙うなら、ちょっと拍子抜けする可能性もありますが、ベースで使って違和感がなかったり心地よいものを探すなら、文句なしにおすすめ。

 

常時かけっぱなしでも問題ないし、ノイズも少なくすごく実用的なペダルです。

 

ハンドメイドならではのエゴが強いものとか、ツマミも多くて凝りすぎてるものとか、そういうやつは苦手なんですが、これはニュートラルで素直で扱いやすい。

 

無くてもいいかな?と思わせるぐらいナチュラルでありながら、「いやいや通した方が絶対美味しいぞ!」と言いたくなる、そんな絶妙な存在ですね。

 

そこが破綻してるものはただのエフェクターと言うか、そういうのは自分が欲しいコンプとはちょっと別のものだなと。

 

そんな個性や主張はむしろなくていい、そういうコンプが欲しいならまずこのグルーブコンプを弾いてみるべき。

 

コンプ嫌いの特効薬、生涯のベストコンプになる可能性もありますよ。

 

ってか、自分的にはすでにそんな一台になってます。