アンプの入力とかアクティブとかパッシブとか

アンプの入力の疑問 パッシブ/アクティブへの疑問

 

 

HIGHとLOW入力

 

二つの入力があったりする楽器用アンプの世界。

 

問題なのは、

 

・インピーダンスの事を指してるのか?

・ゲインの事を指してるのか?

 

これがよく分からない場合も多いんじゃないかって気がするところ。

 

たとえば、自分が所有するジラウドのJFDT-HA。

このラックプリアンプのインプットには、ハイかローの切り替えスイッチが付いています。

 

これは入力インピ-ダンスを【3.2MΩ】【100kΩ】かに変更するものなので、意味がすごく分かりやすい。

 

もっと言えば、ゲインの切り替えスイッチは別に存在している為、インピーダンスの問題とは分けて考えることが可能。

 

となると必然的にハイ入力かロー入力かというのは、

 

・インピーダンスの選択

 

これを適正に行うためにあることが分かります。

 

パッシブ楽器を繋ぐ場合、ロー入力で受けてしまうとアンマッチングを起こしてしまう為、それだけは絶対に避けた方がいい。

 

後述しますが、パッシブ楽器から送られてくるような信号をローインピーダンスで受けてしまうと、かなり悲惨な劣化を招くことになります。

 

ゲインの事? インピーダンスの事?

 

インピーダンスの処理というのは非常に重要なポイント。

しかし、ゲインの問題で入力がハイとローと分かれていたりもするから困った話。

 

出力の高い楽器を繋ぐと音が大きくなりすぎたり、歪みやすくなったり、それに注意するために入力を分けるという仕様。

 

一見の目的はまともなようでも、考えてみると話がおかしいことにも気付きます。

 

「どちらを選んでもそもそもの入力インピーダンスが低かったらどうするのか?」

 

そんな疑問が湧いてくる次第。

 

アンプの入力インピーダンスが低い場合、パッシブ楽器では辛い面が多くなるのが現実。

 

バッファも何も通さず、完全にアンマッチングを起こしてしまっているような状態では、音は確実に痩せてしまいます。

 

いくら凄いシステムを使っていたとしても、扱いをちょっと間違えただけで悲惨なことにもなるのがエレクトリック楽器の怖いところ。

 

知らず気付かずイメージだけで判断して、

 

「パッシブ最高!」

俺はアンプ直!」

「音痩せしない純粋!」

 

なんてこだわってもまぁ、なんとも虚しく響くだけですね。

 

試しに動画もつくりましたので確認してみてください。

 

使ったのはパッシブ楽器。

しかもポットを通さずジャックに直結状態。

アンプはローインピーダンス入力です。

後から足元でバッファを通しています。

 

www.youtube.com

 

後半はいわゆるドンシャリに聴こえそうですが、これはベース自体の癖とあえて粗めに弾いたタッチが出ているだけ。

 

ピュアで誤魔化しがないはずのパッシブもアンマッチングを起こせばこんなもの。

 

動画じゃ温かみがあるように聴こえるかもしれませんが、実際は音量が激減してるし、まったく元気がなく抜けも悪い音。

 

正直で純粋な音どころか、あるべきものが劣化して消滅してしまっています。

 

【スポンサーリンク】

 

 

パッシブ入力とアクティブ入力

 

主にベースアンプの方かな?

 

『 Passive 』

『 Active 』

 

この表記で入力が分かれているものを見かけたりもします。

 

これは分かりやすく親切な仕様であるかもしれません。

自分のベースの仕様を把握していれば迷うことはないなと。

 

ところが困ったことに、落とし穴が存在するようなアンプがあるんですよね。

これもやはりイメージの問題だけで済まさず、実際の出音に注意しなければいけません。

 

たとえばリハスタにあった某アンプ。

 

「なんじゃこりゃ?」

 

と呆れてしまいました。

 

パッシブ入力の方に通した場合、高域と低域を強調したエンハンサーのような効果がかかったような印象を受けます。

 

何もしてないのに明らかに音が不自然になるという、なんとも余計なお世話な仕様。

 

「パッシブでも凄い音にしてやる!」

「ワイドレンジに感じさせよう!

「迫力を出してあげよう!」

 

こんな意図なんですかね?

 

本当に内部でそうしてるものなのかは分かりませんが、とりあえず、インピーダンスのことを真面目に考えているわけではなさそうです。

 

いずれにせよ、これじゃパッシブとアクティブの解釈もめちゃくちゃというもの。

百歩譲って単純にゲインが違うだけだとしても、そんな異常な差があるのはどうなんでしょうね?

 

『パッシブの音』

『アクティブの音』

 

こんな区別の仕方をするのかと、ツッコミを入れたくなってしまいます。

 

「パッシブをアクティブっぽく!」みたいな発想。

その音づくりを勝手にやっちゃってる時点で色々おかしいだろうと。

 

余計なお世話。

意味がないですよね。

 

エフェクターを通してたら何が正解?

 

楽器本体がパッシブだとしても条件は簡単に変わってしまうもの。

たとえば何かペダルを通していた場合、それはどう考えるのか?

 

・ローインピーダンス出力にしているのにパッシブだからハイ入力を選ぶ?

・足元でゲインブーストしていてもパッシブだからハイ入力の方を選ぶ?

・全然高出力じゃないのにアクティブだからロー入力の方を選ぶ?

・ローインピーダンス出力だけど元気が欲しいからハイ入力の方を選ぶ?

 

言ってて意味が分からなくなってきます。

ハイとローの意味もごっちゃですね。

 

弾き手も作り手もこのあたりについてどこまで考えているのか?

実はよく分かってないことも多いのかもしれません。

 

本当は単純な話のはずなんですが、なんでこうなるのか不思議な話。

 

「音楽は理屈じゃない」

 

こう思考停止するのは簡単ですが、現実問題、シンプルな理屈で音が痩せまくってたり、アンプ側に過剰な負荷がかかってしまっていたら、それは考えものでしょう。

 

また、理屈じゃないってプレイヤー側が言うならまだしも、製作側もそのノリだったら困りますよね。

 

「アンプの作り方は魂!」

「エフェクター作りも魂!」

「理論も計算もいらない!」

 

マジでこういう感じで作ってたりしたら勘弁な話。

理屈も何もなく作られても困るのはこっちです。

 

「本当にベースの事を考えて作っているのだろうか?」

「ちゃんとベース弾ける人の話を聞いてるのだろうか?」

 

ベース用と言いながらも、こんな疑問が湧くようなものも多い印象。

ってか、そんなものばかりかなと。

 

もしくは変に考えすぎたり、プレイヤーの声を聞きすぎたり、この手のパターンも多い可能性もありそうなところ。

 

それでおかしな結果になってしまうのだとしたら、それもちょっと悲しい話。

 

無闇に機能を詰めこんだり便利にしようとせず、自信を持ってシンプルに作ればいいんじゃないかって。

 

使いもしないツマミの数勝負とか、無駄に複雑にする多機能合戦とか、音的にも使い勝手的にもメリットがなく感じます。

 

【スポンサーリンク】

 

 

アクティブベースだったら安心?

 

困ったことに、楽器がもうアクティブだから安心かと言うと、これがまたそうでもなかったりするから厄介です。

 

明らかにインピーダンスの処理がおかしなことになっている場合があるんですよね。

 

バッファとして売ってるのに出力がローインピーダンスになってなかったり、やたらと出力インピーダンスが高いエフェクターなどが実際に存在します。

 

これもやはり、油断しない方がいいでしょう。

 

本当に安定して良いサウンドを出したいのなら、アクティブと言っても注意が必要。

これまでにもそういった例に何度も遭遇しました。

 

パッシブこそが本来の音?

 

「パッシブは酷い時はそれが正直に出ていい!」

「パッシブは不安定だから誤魔化せない!」

 

なんてことを喜々として語る人もよくいますが、単なるアンマッチングを喜んでるだけって話だったりしたら、かなり痛い気がするところ。

 

本来の信号とは程遠い状況になっているのに、

 

「ベース本来の音!」

 

なんて言うのはどうなんでしょうね?

正直、自分にはよく分からないこだわりや価値観に思えてなりません。

 

タッチが自慢なのだとしたらなおさら、それをいつでも正直に出せるシステムにした方が良いんじゃないかなと。

 

・レンジが狭くて粗が目立たない

・外部の影響や抵抗をもろに受けて音がぼやける

・実はよく分からずイメージ先行で使ってるだけ

 

これってピュアとは程遠いような?

 

【スポンサーリンク】
 

 

いつの時代までこんな話を続けるのか?

 

インピーダンスの問題には本当に注意が必要です。

ちょっと気を付けたりその処理を考えるだけでも、出音が変わる可能性は十分に考えられます。

 

音がもっと安定したり抜けてきたり、細かいタッチコントロールやニュアンスもちゃんと再生してくれたり、悪い影響なんかほとんどないんじゃないかと。

 

「パッシブ派?」

「アクティブ派?」

「どっちが優れてる?」

 

こんな議論もさすがに今では減りつつある気もしますが、それでもまだまだ、固定観念や先入観を強く持っている人も多いんじゃないかと想像します。

 

いつまでこんなことを続けるのか、時代遅れなアンプいつまで使い続けるのか、まともに付き合ってると本当に疲れてきますね。

 

正直、会話にならないものを感じることもあります。

ちゃんとしたものがもっと出てきたり、正当に注目されていってほしいところ。

 

何度も繰り返すようですが、明らかに劣化しまくってるのに、

 

「パッシブはピュア!」

「アンプ直最高!」

 

こんなことを言うのはうんざりな話。

 

いい加減な回路を積んでいて、

 

「アクティブは駄目!」

「音が不自然!」

「誤魔化しが嫌い!」

「ドンシャリになる!」

 

みたいなことを言ってるのもつまらない。

 

そんなものをローファイでひどい特性のベーアンを使って議論したり、足元に色々通しまくりながらあれこれ語るという不毛さったらありません。

 

あまりにも滑稽な話というもの。

 

いいかげん、時代遅れの遠回りや思考停止はやめるべきでしょう。

 

誤解や反論を承知で言えばある意味、ベーアンなんかなくてもいいわけです。

前時代的でいい加減なアンプなど、もっと淘汰されてもいいようにすら感じます。

 

通すだけで音が勝手に作り変えられてしまうとか、そもそもの特性がめちゃくちゃとか、「そんなもんただのエフェクターじゃねぇか」と言いたくなるところ。

  

モーモーブーブー言うだけなのがベースとか、めちゃくちゃナメた話ですよね。

いつの時代の話だよって全力でツッコミたくなる。

 

一方、キンキンうるさいだけなのも勘弁。

ハイファイオーディオ気取りな面して、クソみたいな特性とかやめてほしい。

全然気持ちよくないですそういうアンプ。

 

ほとんどのベースアンプがあれです、

 

「勝手に音作んなや」

 

こう言いたくなる。

 

いくらアンプ直やパッシブにこだわっても、DIを通すならその時点で色々破綻してる気がするからおかしな話。

 

パッシブ・アクティブ論などに熱くなる前に、現実的に考えるべきことがあるはず。

 

これだけベースの技巧にも音にも関心が集まってる時代に何なんでしょうね?

古くさ~いベースアンプとかアクティブサーキットが現役バリバリ。

いつまで居座らせておくつもりのか、悲しくすらなってくるような?

 

めっちゃ高級なベースに使われている回路が実はしょっぱいとか、PUも癖のかたまりでレンジも狭いなど、そんな状況が何十年たっても変わってないとか、絶望すら感じてしまいます。

 

インピーダンスに関する理屈が宗教とかオカルト扱いされるとか、ツイーターの存在すら知らないとか、そういうのも是非ともやめてほしいですね。

 

「理屈じゃねぇ!」

 

考えようによっては、こういう人達が話を変に難しく複雑にしてるとも言えそうです。

 

もっとシンプルに楽にそのまま音を出せる環境が整っていくことに期待します。

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

www.pompombass.com

 

 

【ブログカテゴリー】